FC2ブログ

超久しぶりの松葉川温泉

昨日、ワタクシが加入しているある団体の総会が四万十町の松葉川温泉であり、ウン十年ぶりに松葉川温泉へ行って来ました。
高知ICから高知自動車道に入り、四万十町中央ICを降りて国道56号へ入り、さらに窪川から県道19号線へ入って、約1時間半で松葉川温泉に着きました。



松葉川温泉

松葉川温泉には立派なホテルと、それに付随する近代的な施設が建っていました。
以前ワタクシが来た松葉川温泉は、橋を渡った所のひなびた温泉であったように記憶していますが、窪川の町から車で30分もかかる山奥に、こんな立派な温泉施設が出来ていたとは驚きました。

総会が始まるまで30分ほど時間があったので、旧い温泉施設がどうなっているか見に行ってみました。



橋_edited-6

駐車場の奥に古びた橋が架かっていて、旧温泉施設はこの橋を渡って右に行ったところにあったように思います。



下流_edited-1

橋の上から下流を見たところです。
この川は、四万十川上流部の支流の一つである日野地川です。
いつもは澄み切っていますが、昨日の大雨で少し濁っています。



旧施設

橋を渡ると右側が広場になっていて、旧温泉施設は取り壊されていて倉庫らしき建物が2棟建っていました。

この後、ホテル松葉川温泉で総会が行われ、夜は懇親会がありました。



ホテル_edited-1

ホテルから見た日野地川の景観です。
若葉が美しく、薫風が爽やかです。



料理1

懇親会の料理は四万十町の海と山の幸を使った会席料理でした。
左からカツオのタタキ、野菜の創作料理、四万十ポークです。



料理2 料理3

四万十川の子持ちアユの塩焼きと、タケノコとエビの煮物。
アユには卵がビッシリと詰まっていて、絶品の美味しさでございました(*^^*)



料理4 アイス

エビ、四万十青のり、野菜の天ぷらと、締めのアイスクリーム。
この間に吸い物やご飯も出てきましたが、酔っぱらっていて写真に撮るのを忘れていました。
いや~、満腹満腹、余は満足じゃ~(#^^#)



朝食

朝食もなかなかボリュームがありました。
二日酔いで頭が痛かったけど、がっつり完食いたしました


ところで、懇親会の前に温泉に入りましたが写真がございません。
写真を持って風呂に入ると、ヘン〇イに間違えられますからね('Д')
温泉は少しヌルヌルとした硫黄泉で、身体が芯から温まりました。



無題_edited-5

松葉川温泉までのマップです。クリックすれば大きくなります。

なお、ホテル松葉川温泉のHPにリンクを張っておくのでご参考に → こちら


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 36 : 31 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

軽トラ市で買った「芋屋本舗」のいも天

今日は雨の予報でしたが、一日中降りそうで降らないぐずついたお天気でした。
南国市の後免町では、この時季恒例の「地産地消ごめんの軽トラ市」が開催されました。




軽トラ市_edited-2

販売開始1時間後の午前10時ころに後免町のやなせたかしロードへ行ってみると、すでに大勢のお客さんで賑わっていました。




工事

少し西に行くと工事中の所がありました。
親子連れが多いのは、アンパンマンキャラ像巡りのスタンプラリーと、ごめん戦隊ゴメンジャーショーのせいでしょうね。



解体

すぐ北側には都市計画道路建設のために解体中の家屋がありました。
都市計画道路はJR御免駅まで繋がる予定ですが、今のペースでは何年先のことになるでしょう。



芋屋本舗_edited-1

工事現場の近くで「芋屋本舗」の軽トラがつぼ焼き芋と芋天を売っていました。
まだつぼ焼き芋を食べたことがないので買ってみることにしました。



焼きいも

芋はまだ壺の中で焼いているところでした。
こうやって遠火で時間をかけてじっくり焼くので、柔らかくて甘い焼き芋になるそうです。
焼き上がるまでまだ時間がかかるというので、とりあえず芋天をゲットしました。



買い物1

結局、今回の軽トラ市で買ったのは、はま寿司のサバ昆布寿司、シャモ研のしゃもっけ、それに芋屋本舗のいも天でした。



芋天

芋屋本舗のいも天です。
美味い!
ねっとりとしたクリーミーな舌触りで、しっかりした甘さとともに喉の奥にとろけていきました。
今度はつぼ焼き芋も食べることにしよう!


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
22 : 39 : 57 | ごめんの軽トラ市 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「あぐり食堂 ほっと」の日替わり定食

先月の19日、南国市野田地区のJA直販所「かざぐるま市」の隣に、南国市産の野菜をふんだんに使った家庭料理を提供する「あぐり食堂 ほっと」がオープンしました。
この食堂は、旧JA南国市時代にJA女性部が提案したプロジェクトを、8年越しで実現した県内JA女性部初の農家食堂です。
オープン当初からすごい人気だったので、混雑するので行くのを控えていましたが、1か月近く経ったのでもう落ち着いているだろうと昼食を食べに行ってみました




あぐり食堂

あぐり食堂はJA直販所かざぐるま市の東側を増設した全35席の比較的小さな食堂です。
隣の直販市から新鮮な野菜などを調達し、「南国市の安心安全な食」をJA高知県女性部南国市地区の15名ほどのメンバーが発信しています。



道路から

東の道路側から見たあぐり食堂です。
こうして見てみると、南北に細長い形をしていることが分かります。

それでは入ってみよう。



店内_edited-2

まだ11時30分と、昼食には少し早い時間帯ですが、既に満席近くになっていました。



窓席

運よく窓際のカウンター席が空いていたので、急いで確保しました。
メニューは、日替わり定食(税込み700円)と、おむすび、トースト、ホットサンドのモーニング3種類(同500~550円)のみとなっています。
この後、発券機で定食の券を買うと、46番目の数字が印刷されていました。



ランチ_edited-1

食券を渡し待つこと約30分で、やっと定食をゲットすることが出来ました。
今日の内容は、焼き魚、野菜サラダ、根菜煮物、春雨サラダ、なすのタタキ、味噌汁となっていました。

美味しい! 
コスパ満点、味最高!
こりゃリピーターが増えるろうねぇ(*^^*)



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 46 : 14 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

若廣の焼き鯖すし

高知大丸で5月8日から16日まで全国うまいもの博が開かれています。
昨日、娘が福井県小浜市の焼き鯖すしを買って帰りました。



パッケージ1_edited-3

小浜市 若廣の焼き鯖すしです。
羽田空港の「空弁」で、5年連続売り上げ第1位だそうです。



全体_edited-1

パッケージを開封したところです。
見ただけで美味しいことが予想できます(*^^*)



試食_edited-6

ワタクシの分け前です。
鯖の身とシャリの間にショウガと青紫蘇を挟んでいて、脂の乗った旬の鯖と福井県産コシヒカリを使っているそうです。

美味い!
熟成された焼き鯖とコシヒカリが絶妙の一体感を醸し出し、絶品の美味しさでございました。



201401071400509af[1] 20140107142612ebb[1]

一方こちらは、土佐料理 司 高知空港店で以前食べた焼さば寿司です。
こちらは新鮮な鯖をそのまま焼いていて、鯖の旨味が直接舌に伝わってくる美味しさでした。
新鮮な鯖か熟成した鯖か、どちらも優劣つけがたい美味しさです。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
22 : 45 : 06 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第45番札所・岩屋寺

長かった10連休もとうとう今日で終了しました。
皆さんはこの連休中にどこかへ遠出しましたか。
ワタクシの遠出といえば、3日前に帰省していた孫っち達を見送りついでに、愛媛県久万高原町の第45番札所・岩屋寺へ行った事ぐらいでした。
岩屋寺に行くのは実に二十数年ぶりのことで、急な坂道を延々と歩いた記憶しか残っておりません。



坂1

駐車場に車を停め、坂道をしばらく歩くと土産物店の前にこんな看板が掛かっていました。
まだまだこれからじゃ 岩屋の坂と人生は」だって。



山門

さらに参道を登っていくと、小さいながらも立派な山門がありました。
上から下りてきた参拝者に聞くと、まだ5分の一も上がって来ていないとのこと。
ひぇ~('Д')



DSC04356_2019050620384938e.jpg

山門の前に寺の縁起を刻んだ石碑が立っていました。
これ以上ないと思われる短文なので、ぜひ読んでみて下さい。



不動明王

さらに上がっていくと、山の斜面に本尊である不動明王像が立っていました。
剣がライトセーバーみたいに光っています。



橋_edited-3

参道には平坦な所もあり、赤い橋が架かっていました。
極楽橋という名がついているので、渡れば極楽に行けるのでしょうね。←甘いっ!



最後の坂

駐車場から30分近くかかって、やっと最後の階段にたどり着きました。
長かった~。



岩_edited-1

境内に入り鐘楼の前から見た岩壁です。
この岩壁と岩窟が岩屋寺のシンボルなんですね。



納経所

納経所です。
岩壁にくっついて建っていました。



穴禅定 穴禅定 (3)_edited-2

穴禅定の立札と入口です。
洞窟を20mほど入ると、弘法大師が掘ったといわれる冷水が湧き出ています。
暗かったので写真は撮りませんでした。



大師堂

岩屋寺で一番立派な建造物である大師堂です。
大正9年に建立され、国の重要文化財に指定されています。



本堂

断崖に密着して建っている岩屋寺の本堂です。
本堂は大師堂より小さいのですが、その理由は山全体が本尊とされているからだそうです。



梯子

本堂の上の岩窟には梯子が掛っていて上がることができます。
高所が苦手なので上がるのをやめましたが、子供はスイスイ上がっていました。



旧山門

大師堂の左側には仁王門が建っていましたが、仁王像はありませんでした。
奥の院にはここを通って行くそうです。
しかし古い!今にも崩れそう('Д')

霊気溢れるパワースポットとも言うべき第45番札所 海岸山 岩屋寺、キツイ参道を息を切らして上がってきた甲斐がありました。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 19 : 59 | 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (430)
見どころ (131)
観光 (163)
独り言 (6)
食べ物 (124)
匠 (2)
ショップの特選品 (255)
アート (16)
イベント (290)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (85)
後免町活性化 (170)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (39)
戦争の記録 (18)
神社仏閣 (37)
土佐の霊場 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数