FC2ブログ

桜満開なれど

世相があまりにも暗いので桜の花でも見て気分転換しようと、実家へ帰る途中に平山親水公園へ行ってみました。



遠景

平山親水公園を一望できるとっておきの場所から写しました。
高知市から車で30分の中山間地にある平山親水公園は、知る人ぞ知る桜の名所でもあります。



親水公園

学校橋から「ほっと平山」方向を見たところです。
正面の建物は旧平山小学校の体育館で、現在は地域交流施設「ほっと平山」の一部になっています。




スイセン

親水公園の桜は満開になっていました。
しかし花見客は誰一人いません。
例年なら何人もの花見客が、ブルーシートを敷いて花見を楽しんでいるのに。
新型コロナの影響は、こんな中山間地にも及んでいます。

それでは、現地に来ていると思ってPCの画面で花見をお楽しみください(^^;)



白

ソメイヨシノの白い花



桃色

数は少ないけれど桃色の桜も満開になっていました。

この後、実家でお昼のNHKニュースを見ていると、管官房長官が大真面目に「マスク2枚」の説明をしていました。
国民も全くナメられたもんです。
美しい桜を見て少し気分が良くなっていましたが、再び憂鬱な気分になりました。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
22 : 12 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

山中伸弥教授の5つの提言

一週間ほど前にマスクが無くなり、方々の薬局やスーパーを回ったが何処も品切れで売っていませんでした。
そんな時、昨日、安倍首相が全国のすべての世帯を対象に1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布する方針を明らかにしました。
さすが安倍さん、国民のことを心底心配してくれている。←安部信者はこう言うでしょうね。

ところでたったの2枚だけ?うちは3人家族だけど。
もともと安倍政権には期待していませんが、このマスク2枚で日本政府の本質がよ~くわかりました。他にやることいっぱいあるだろっ(`ε´ )

ところでノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授が新型コロナ対策で5つの提言をしました。
全て腑に落ちる内容です。


山中伸弥による5つの提言
提言1 今すぐ強力な対策を開始する
ウイルスの特性や世界の状況を調べれば調べるほど、新型ウイルスが日本にだけ優しくしてくれる理由を見つけることが出来ません。検査数が世界の中でも特異的に少ないことを考えると、感染者の急増はすでに始まっていると考えるべきです。対策は先手必勝です。中国は都市封鎖をはじめとする強硬な対策をとりましたが、第1波の収束に2か月を要しました。アメリカの予想では、厳密な自宅待機、一斉休校、非必須の経済活動停止、厳格な旅行出張制限を続けたとして、第1波の収束に3か月かかると予測しています。
わが国でも、特に東京や大阪など大都市では、強力な対策を今すぐに始めるべきです。

提言2 感染者の症状に応じた受入れ体制の整備無症状や軽症の感染者専用施設の設置を
・省令等により、無症状や軽症の感染者は、病院でなく専用施設で経過観察できるようにする
・予約が激減しているホテルや企業の宿泊付き研修施設を活用
・ジムなども利用可能としストレス軽減
・管理業務は、感染しても重症化リスクの低い方に十分な感染防御の上でお願いする
・無症状者の自治的活動や、感染後に回復した方の活用も検討
・医師が常駐し、急激な重症化に備える
・風評被害の対策を国と自治体がしっかり行う重症者、重篤者に対する医療体制の充実
・感染病床の増床
・人工呼吸器の増産、自治体をこえた柔軟な利用
・ローテンションなど、医療従事者の過重労働の軽減
・医療機関による役割分担体制の整備
・医療従事者の感染症対策に関する教育
・緊急性の低い、他疾患に対する処置や手術の延期

提言3 徹底的な検査(提言2の実行が前提)
これまでわが国は、無症状や軽症の感染者の急増による医療崩壊を恐れ、PCR検査を限定的にしか行ってきませんでした。しかし、提言2が実行されれば、その心配は回避できます。また、このままでは医療感染者への2次感染が急増し、医療崩壊がかえって加速されます。自分が感染していることに気づかないと、家族や他の人への2次感染のリスクが高まります。また感染者数を過小評価すると、厳格な対策への協力を得ることが難しくなります。ドライブスルー検査などでPCR検査体制を拡充し、今の10倍、20倍の検査体制を大至急作るべきです。
中国、韓国、イタリヤ、アメリカで出来て、日本で出来ない理由はありません。

提言4 国民への協力要請と適切な補償
短期間の自粛要請を繰り返すと、国民は疲弊します。厳格な対応をとっても、中国では第1波の収束に2か月を要しました。アメリアでは3か月と予測しています。第1波が収束しても、対策を緩めると第2波が懸念されます。対策は、ワクチンや治療薬が開発され、十分量が供給されるまで続けなければなりません。数か月から1年にわたる長期休業の間、事業主に対しての補償、従業員に対しての給与の支払いや再開時の雇用の保証を、国と自治体が行う必要があります。
国民に対して長期戦への対応協力を要請するべきです。休業等への補償、給与や雇用の保証が必須です。

提言5 ワクチンと治療薬の開発に集中投資を
ワクチンの開発には1年は要する見込みです。アビガン等の既存薬が期待されていますが、副作用も心配されます。新型コロナウイルスの特性に応じた治療薬の開発が緊急の課題です。アメリカ等でワクチンや治療薬が開発されても、日本への供給は遅れたり、高額になる可能性もあります。産官学が協力し、国産のワクチンと治療薬の開発に全力で取り組むべきです。

安倍政権は今からすぐにこれらの提言を実施しすべきと考えます。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
00 : 17 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

須崎沖で撃沈

このタイトルは太平洋戦争中のことではありません。
昨日、いつもの釣りバカ3人組が須崎沖へ釣行し、ヨレヨレになりながら無事に生還してまいりました。


出航

中ノ島に架かる橋の下を通り抜けて、野見湾から外洋(土佐湾)に出ているところです。
天気は曇天で時々雨の降る「釣り日和」でした。
釣りは「天気良ければ釣果なし」と言われ、曇っていて少し波のある方がよく釣れます。



灯台東

今回は、前回タイラバでグレを釣ったポイントにイカリを下ろし、イケイケ釣りでグレを狙います。
水深は約50mありグレ釣りには深すぎる水深ですが、イケイケ釣りなのでどこかの層で食ってくるでしょう。
潮は灯台向けて流れていて良い感じです。



鯛1

釣り始めて30分くらいして、最初にH師匠が55cmくらいの美しいマダイを釣りました。
そのすぐ後、私にも当たりがありました。


サンノジ

強い引きだったのでてっきりマダイだと思いましたが、水面に上がってきたときにサンノジに化けていました。 ガックリ(´д`)
この後、釣友K氏も同型のサンノジを釣り、H師匠が50cmほどのマダイを追加しましたが、グレの当たりは一切ございませんでした(T_T)

そして、午前11時頃から安和沖に移動しタイラバに切り替えました。



インチク

ここで登場したのが先日買った80グラムのインチクです。
このインチクで釣れたお魚はサバフグのみで、一発でタコベイトをズタズタにされてしまいました。
その後、タイラバに変えましたが、何の魚信もないまま3時間が過ぎてしまいました。
釣友K氏には大型マダイ特有の当たりがあり、20mくらい寄せたところでラインブレイクでバラしてしまいました。
こうして、この日は久しぶりの丸ボーズとなり、須崎沖で見事撃沈して参りました。ぶくぶく(T_T)

意気消沈して野見湾の貸船屋に帰ってくると、船頭が上ノ加江沖に行った組は65センチを筆頭に11匹のマダイを釣っていたと言っていました。
自分達はどうやらマダイのいないところを選んで釣っていたみたいです。
まぁ、釣りってこんなもんですわ(^_^;)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
23 : 33 : 24 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

手作りインチク

皆さんはインチクって知ってますか。
それって何? ウンチク? インチキ?
いえいえ、これはれきっとした釣り具なんです。



インチク1

これがインチクです。
元々は漁師の漁具で、鉛のヘッドにタコベイトを取り付けたものです。
これを海底まで下ろし、ただ巻きしたり煽ったりしながら引き上げてくると、根魚、マダイ、青物などが良く釣れるそうです。
「インチキなほど釣れる」 ということで、インチキがなまってインチクと名付けられたそうです。

上のインチクは先日釣具店で買ったものですが、1000円以上するので自分で作ってみることにしました。



パーツ

今日、高知市のH釣具店でインチクのパーツを買ってきました。
大きめのマダイ針、ビーズ玉、スプリットリング、赤金のヘッド、そしてタイラバ用ハリス(シーハンター)などです。
あれっ! タコベイトが写ってない(^^;)



行程2

シーハンターで針を結びビーズ玉を通した後、上のタコベイトの中に通します。



行程4

次に100gのヘッドに完成したタコベイトを取り付ければ完成です。




完成

10分間くらいでインチクが出来上がりました。超簡単です(^^)
少し手間取ったのはビーズにハリスを通す時でした。
何しろ老眼なもんで(^^;)



予備

予備に小さいタコベイトも作ってみました。
インチクはタイラバに魚の反応が悪い時に使ってみるつもりですが、とりあえずは次回の釣行時に試し釣りをしてみます。
こうご期待(^^)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 44 : 29 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイラバでグレが釣れた

先日、釣友K氏が須崎沖のタイラバでグレを2匹釣ったという情報が入りました。
タイラバでグレが釣れるとは知らんかった。
本当かどうか確かめるために、昨日、H師匠、K氏と3人で須崎沖へ行ってきました。



灯台

最初にグレと真鯛を一緒に狙い、須崎市沖の海上にポッカリ浮かぶ一子灯台の南に船を着けました。
ここで3時間ほどアンドン釣りをしましたが、釣れた魚はH師匠の45cmのマダイだけでした。

それでタイラバに切り替え、灯台周辺をドテラ流しでトレースすることにしました。



イトヨリ

灯台東200mくらいの水深50m地点で、色鮮やかな良型のイトヨリが釣れました。
K氏も同型のイトヨリを2匹釣りました。
どうやらイトヨリの集まっている所をトレースしたみたいです。
この後、塩焼きサイズの小型のマダイが2匹釣れました。

そして、灯台東100mくらいの所をトレースしていると、K氏が40cmくらいのグレを釣りました。
K氏:ほら、やっぱりタイラバで釣れたろう
私:目の前で実証してくれたねぇ(^^)

その後、すぐに。。。



グレ

タイラバをゆっくり回収していると中層で当たりがあり、35cmくらいの丸々太ったグレが上がってきました。
私にとって初めてタイラバで釣った記念すべきグレです(^^)



DSC08353.jpg

この日の釣果です。
31cmと36cmのマダイ、47cmのイトヨリ、37cmのグレだけでしたが、タイラバでグレが釣れることを証明できたことが成果でした。

※今日、都内で1日最多41人の新たな感染が確認されました。
そして小池知事が会見で、今週末の不要不急の外出自粛を要請しました。
今週末? この段階になって何と悠長なことか。
こんな生ぬるい対応では、オーバーシュート(感染爆発)が起きはしないか本当に心配です。
日本は中国や韓国に比べてPCR検査数が極めて少なく、それを指摘する専門家に安倍応援団が「検査を増やせば医療崩壊が起きる」などと攻撃していますが、その付けが回ってきた感がします。
医療崩壊は検査をやることによって起きるのではない! 十分な検査を行わないで感染の全体像を把握せず、感染が急増することによって起きるのだ!


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 17 : 23 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (449)
見どころ (133)
観光 (104)
独り言 (6)
食べ物 (130)
匠 (2)
ショップの特選品 (255)
アート (16)
イベント (294)
新商品情報 (73)
カルチャー (10)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (110)
後免町活性化 (171)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (39)
戦争の記録 (18)
神社仏閣 (37)
土佐の霊場 (16)
海外旅行 (28)
国内旅行 (47)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数