ひばり食堂の「大盛カツ丼」に挑戦

高知県の嶺北地方に碁石茶と大杉で有名な大豊町があります。
その大豊町のひばり食堂大盛の聖地として全国に名を馳せています。
大豊町に行く用事があったので、帰りに「ひばり食堂」に寄ってみました。



ひばり会館

ひばり食堂は国道32号を挟んで、大豊町役場の真ん前に建っている「ひばり会館」の1階にあります。
上の写真は大豊町役場の駐車場から写したひばり会館です。
食堂の位置がちょっと分かりづらいので近寄ってみましょう。



ひばり食堂

斜めから見ると、二階部分に「ひばり食堂」の看板が掛かっているのですぐ分かります。
ひばり食堂は隣りにある小笠原精肉店が経営しているそうです。
駐車場は国道32号を高松市方面に数十m行ったところにあります。
正午すぎに前を通ったときには約30台停めれる駐車場は満杯でしたが、用事を終えて午後2時近くに行ってみると数台だけになっていました。



メニュー

入口を入ると真正面の壁にメニューが貼られていました。
クリックすればよく分かりますが、高知県の平均どころの価格です。
これに200円加算すれば、全国的に有名になった大盛が食べられます。

ここは迷わず、一番人気のカツ丼の大盛をオーダーしました。
とにかく量が多いという噂なので、運ばれてくるのが楽しみです(^o^)



カツ丼1

客が少なかったので、オーダーして10分くらいで大盛カツ丼が運ばれてきました。
でか~いっ!
左の味噌汁のお椀が普通の大きさなので、比較すればカツ丼の大きさが分かります。
カツ丼には「ミニ」「並」「大盛」の3種類あり、大盛のお米の量は2合入っているそうです。


カツ丼2 カツ丼3

美味しい!旨い!!
丼の半分までは、絶品のカツ丼を味わいながら食べることが出来ました。
この時点で一般のお店の大盛の量です。

ところがあと三分の一というところで、お腹がパンパンになって味を楽しむどころでなくなりました。
苦しい~
同時に身体が熱くなり、顔から大汗が滴り始めました。
しかし食べ残すとお店の人の機嫌を損ねると聞いていたので、ここは全力で完食をめざすことにしました(^o^)


完食

完食の証拠写真です(^^)/
残りの三分の一を約15分かけて、やっと完食することが出来ました。
お店のお兄さんがニコニコ顔で、「よく頑張りましたね」とねぎらってくれました(^^)
高校生時代は陸上競技をやっていて、丼飯2杯は平気だったのに弱ったもんです。


吉野川

腹ごなしのため、大豊町役場の周辺をしばし散策です。
駐車場から見た吉野川支流の穴内川です。
連日の雨で水かさが増えて、少し濁っていました。

追記
この後なかなかお腹が減らず、夕食はほとんど食べる事が出来ませんでした。
ひばり食堂の大盛恐るべし!
ひばり食堂のメニューはどれも抜群の美味しさなので、量を考えてオーダーすればよろしいかと思います(^^)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 19 : 53 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

しょうが柚

台風16号が通り過ぎて1週間以上経ちますが、台風一過の秋晴れとはいかず梅雨を思わす長雨が続いています。
それで夏バテが一向に回復せず、気だるくて身体の重い毎日です。
こんな時にはやっぱり生姜ドリンクが欲しくなってきます。



陳列

なんこくまほらの冷蔵陳列棚を探していると、JA土佐れいほくしょうが柚というドリンクがありました。
ネーミングからして、生姜と柚子を使ったドリンクであることが分かります。
高知県は生姜と柚子の生産高が日本一で、2位以下をダブルスコアで引き離しています。
ということは、これこそ高知を代表するドリンクと言うことになりますよね。
値段も手頃だし、今回はこれにしてみよう!



ラベル ラベル2

ボトルに巻いてあるラベルには可愛いイラスト入りの商品名と、高知県産の生姜柚子を使用していることが印刷されています。
ボトルの下部に、ブレンドした生姜と柚子の成分が沈殿しているところがいいですね(^^)



ドリンク

冷やしても暖めてもいけるそうですが、今の時季ですので氷で冷やしました。
おっ!いけますね!!
ゴクンと飲むと、最初は舌の上に柚子の味が広がり、すぐに生姜の風味が喉の奥に伝わってきました。
生姜の辛さを抑え気味にしているので、誰にも好まれる味だと思います。




ところで・・・


20160928211221c64[1]

高知龍馬空港二階フロアのピンポイントに、3カ所のポケストップを開ける場所がありました。
ボケモンを捕まえる道具を補充するには絶好の場所なので、飛行機の待ち時間などにアクセスしてみては。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 55 : 42 | ショップの特選品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10年ぶりの平山郁夫美術館

先週の金曜日から3日間、プライベートな用事で広島市に行っておりました。
通常、広島へ行くには瀬戸大橋を渡って行きますが、今回は久しぶりに「しまなみ海道」を通ることにしました。
理由は、約10年間行っていない平山郁夫美術館へ寄るためです。



昼食

正午に家を出て、午後2時ごろ松山道の石鎚SAのレストランで少し遅い昼食をとりました。
これは秋季限定の「秋月歌」というメニューです。
量も多く美味しかったのですが、ソーメン以外は酢の味付けだったので、舌に染みついた酸っぱさが中々消えませんでした。



門

天気も良く、美しい瀬戸内海や幾つかの橋を渡り生口島南ICを下りて、生口島を南回りで瀬戸田の平山郁夫美術館に着きました。
美術館は日本調の建物ですが、入口も日本調で趣があります。



曼珠沙華 ヤブラン

本館へのアプローチには秋を彩る色々な花が咲いていましたが、珍しい白い曼珠沙華ヤブランを撮してみました。
曼珠沙華の花言葉は多数ありますが、白い曼珠沙華の花言葉は「思うはあなた一人」と、「また会う日を楽しみに」の2つだけだそうです。



仏教伝来

ロビーには代表作「仏教伝来」の「原寸大陶板画」を展示していました。
展示室の撮影は禁止されていますが、ロビーは撮影可だったので撮しました。

館内では3つの展示室で「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」展を開催中でした(10月7日まで)
第1展示室「平山郁夫の歩み」
第2展示室「平山郁夫の原点 瀬戸内・しまなみ海道」
第3展示室「平山郁夫の原点 シルクロード」

平山郁夫は「私の原点は瀬戸内の風土である」と言っていたそうですが、瀬戸内の風景や島に架かるしまなみ海道の美しい橋、シルクロードの風景や人物を幻想的な画風で描いていました。



団体

平日の午後4時過ぎでもあるのにかかわらず、館内では大勢の入館者が作品を鑑賞していました。
上の写真は、団体客が平山郁夫についての説明を受けているところです。



因島と佐木島

生口島の北海岸から因島佐木島方向を見たところです。
少年時代の平山郁夫の感性は、この美しい瀬戸内の風景によって育まれたんですね(^^)



公園1

ところでこの風景は??
広島市のとある公園に、スマホを持った大人と子どもが100人以上集まっていました。
ここは多くの種類のポケモンが次々に捕獲出来る場所だそうで、深夜にも多くのポケモンファンが集まっているそうです。
バーチャルと現実が混合した世界で、果たして青少年の豊かな感性が育まれるでしょうかねぇ(T_T)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 40 : 18 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

津波避難タワーと市内観光IN南国市

台風16号は九州南部に上陸した後、予想通り土佐沖をかすめて紀伊半島に再上陸しました。
高知県の被害は四万十市を中心に県西部で床上浸水や灌水があったものの、全県的には被害が比較的少なくホッとしているところです。

ところで、南国市は来たるべき南海トラフ大地震で大きな津波被害が予想されています。
そのため、2年前までに海岸線近くに14基の津波避難タワーが建設されています。その記事 → 

南国市観光協会が、昨年この津波避難タワーと市内の観光地巡りのイベントを実施したところ好評で、今年もまた開催されます。


タワーポスター表

タワーポスター裏

ポスターの表と裏です。
クリックで大きくなりますが、主要部分を転記します。



津波避難タワーと市内観光IN南国市
開催日時、集合場所
 平成28年9月29日(木)9時~16時30分
 南国市民体育館跡地(南国市立中央公民館)集合


スケジュール
 9:00    南国市民体育館跡地出発
         津波避難タワー説明・見学
         掩体壕説明・見学
 12:00頃 昼食
        県立歴史民俗資料館入館、長宗我部元親飛翔之像ガイド案内・見学
        古今集の庭(紀貫之邸跡)ガイド案内・見学
        西島園芸団地にてトイレ休憩・自由時間
 16:30  南国市民体育館跡地到着、解散

 ※移動はマイクロバスですが、場所によっては少々歩く場合がございます。
 ※時間、内容が変更になる場合がございます。

定員・参加費
 定員:20名
    (※申込先着順)
 参加費:一人1,500円(昼食、入館料、保険代)

申し込み・問い合わせ先
 一般社団法人 南国市観光協会
 〒783-8501 高知県南国市大そね甲2301
 TEL/FAX:088-855-3985(※平日8:30~17:15)
 E-mail: webinfo@nankoku-kankou.jp

申し込み締切り:9月23日(金)


締め切り日が近づいています。
参加を希望される方は9月23日(金)中に観光協会までお電話を!



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 56 : 44 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

物部川フェスタ

今度の日曜日、物部川フェスタが開催されます。
このイベントは香南市・香美市・南国市の物部川流域の3市が昨年初めて開催し、今回で2回目となります。



ポスター

ポスターです。
クリックすれば小さな字も読めるので、ステージイベントと出店するご当地グルメだけ転記しておきます。


物部川フェスタ
 ・2016年9月25日(日)9時30分~15時 
 ・場所:香南市天然色劇場
 ・少雨決行

<ステージイベント>
 9:30  開会挨拶
 9:45  ロゴマーク表彰式
 10:00 堀内圭さんライブ
 11:00 ごめん戦隊ゴメンジャーNEXT
 11:30 畜産クラブお野菜戦士べじふぁむ
 11:45 こーにゃんリズム体操
 12:00 香南市長挨拶
 12:15 雲てい競技表彰式(小学生の部)
 12:30 山北棒踊り
 13:00 山田太鼓伝承会
 13:45 T-Bands
 14:45 雲てい競技表彰式(中学生・一般の部)
 15:00 閉会挨拶

<ご当地グルメ、出店等>
 廣末屋(ニラ入りとん平焼)
 とさを商店(中日そば、軍鶏たき込ごはん)
 うなぎ屋きた本(うなぎ弁当、ちりめん丼)
 焼肉もり川(牛串、ニラチヂミ)
 菓子工房コンセルト(ロールケーキ、わらびもち)
 和風cafe豊楽(香南ニラ塩焼きそば)
 ALLJAPANVOLUNTEERGROUP(土州焼き)
 B☆B食堂(にらあんかけ鶏からあげ)
 カネタ養鮎(鮎塩焼・鮎干物)
 PizzeriaLiberta(Pizzu)
 ドルチェかがみ(ジェラート、フロート)
 ごめんシャモ研究会(軍鶏ッケ)
 高見のたこ焼南国店(塩マヨたこ焼、黒糖大判焼)
 グレース浜すし(寿司)、お好み焼き和(お好み焼き、焼きそば)
 パン工房フォンティーヌ(米粉カレーパン、米粉ラスク)
 南国FOODPLUS(小夏teaジュース、ドライフルーツ)
 土佐キムチ(ビビンバ丼、韓国冷麺)
 やました食品(えびす焼、アイスクリン)
 香美市観光協会(鹿唐揚げ、鹿バーガー)
 あめご屋(あめご塩焼、いも天)
 物部川21世紀の森と水の会(パネル展示)

台風16号も今度の日曜日までには通り過ぎて、秋晴れのもとでの楽しいイベントになると思います。


ところでその台風16号ですが・・・



310261-WID[1]

今年は台風銀座と呼ばれる高知県に1個も来ませんでしたが、最後の最後になって上陸するか土佐沖をかすめそうです。
暴風雨、高波に万全の注意をしましょう!



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 53 : 00 | イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほらちゃん

Author:なんこくまほらちゃん
 青い海・土佐湾と緑の四国山脈につつまれ、南国市は高知文化の中心であった。
 なんこくまほらは、豊な自然と伝承された食文化、伝承技術の情報発信を行い、「おいしい物のある。楽しい南国」を応援します。

←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (378)
見どころ (71)
観光 (113)
独り言 (6)
食べ物 (94)
匠 (2)
ショップの特選品 (233)
アート (8)
イベント (231)
新商品情報 (69)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (46)
後免町活性化 (165)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (28)
戦争の記録 (15)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-