定福寺の紅葉&夢来里&オンベリーコ

今秋の紅葉は台風21号の影響で、場所によって当たり外れがあるようです。
1週間ほど前に、大豊町の定福寺の紅葉が奇麗だとの情報が入ってきたので、今日行ってきました。



定福寺

山門を通り抜けた所です。
池の蓮は全て枯れていて、小さな鯉が泳いでいました。
鐘撞き堂周辺のもみじが紅葉しています。



本堂前

本堂前です。
紅葉は半分以上残っていますが、色合いがあまり良くありません。
少し風が吹けば、道路の上にヒラヒラと落ちて来ていました。



紅葉_edited-1

一番奇麗だと思った紅葉とです。
黄色い葉は銀杏ですが、まだ落葉していませんでした。



奇岩_edited-1

ここに来る度に不思議に思うに生えたもみじも紅葉していました。



道標

本堂前の道路を少し登った所に、こんな道標が立っていました。
ギャラリー夢来里(むらざと)? まだ行ったことがないので行ってみよう!



遠景_edited-1

200m位歩くと開けた場所に出ました。
ギャラリーはどこだ?



ギャラリー

ギャラリー夢来里は人家の下の方にありました。
あれっ!鍵がかかちゅう。
すると下の方からオーナーさんが現れて、鍵を開けて内部を案内してくれました。



ようこそ 入口

入口の様子です。クリックすれば大きくなります。
何でも大阪で40年間生活していたオーナーさん夫婦が9年前にUターンしてきて、古民家を改造してギャラリーを建築し、周辺を公園化したとのことでした。
内部には大豊町を描いた大型の絵画や、昔の生活を描いた絵などが展示されていました。全て奥さんの作品だそうです。



庭園_edited-1

ギャラリーから見た庭園の一部です。公園化された庭園は農地も入れると1.8ヘクタールもあるそうです。
正面には梶ヶ森が見えていて素晴らしい景観です。
春から夏にかけては様々な花が咲き、とても綺麗だとのことでした。



イタリア料理店

帰りに土佐町田井にあるイタリア料理店「オンベリーコ」へ行きました。
昨年3月に開店したこのお洒落なお店は大変人気があり、今日も予約のお客さんで満席になっていました。



前菜 ランチ

30分以上待ってやっと席が空き、カルネランチ(土佐ポークのイタリアチーズ焼き)をオーダーしました。
左の写真は前菜で、右がメインディッシュです。
おいしい! それに量も多い(^^)
これに食後のコーヒーが付いて1,500円とは人気が出るはずです。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 40 : 17 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

自然の要害・横倉山山頂で平家伝説を今に伝える「横倉宮」と「安徳天皇陵墓参考地」


前回の続きです。
安徳水を過ぎた辺りから、道幅が急に狭くなり坂も険しくなってきました。



在所跡_edited-1 平安社_edited-1

途中、安徳天皇行在所跡平安社へ行く道標が立っていましたが、ここはパスして山頂の横倉宮をめざします。



横倉宮鳥居

しばらく登ると横倉宮の鳥居が見えてきました。




拝殿

鳥居を通り抜けて3,40m登ると横倉宮が建っていました。
拝殿の遠方には空が見えているので、どうやらここが山頂みたいです。



横倉宮説明板

拝殿前に立っている横倉宮の説明板です。
横倉宮は安徳天皇を祀っているので、丁寧に参拝しました。
安徳天皇は平家に人生を翻弄され若くして崩御したので、ひょっとしたら祟りがあるかも知れないですからね(^_^;)



本殿

横倉宮の本殿です。



馬鹿試し表示

神社の裏側は「馬鹿試し」と呼ばれている絶壁断崖になっていて、そこへ行く道標も立っていました。
行ってみたい誘惑に駆られましたが、そこに行って断崖から落ちて死んだら馬鹿馬鹿しいので止めました。



道標

横倉宮の鳥居の手前を右側に少し行ったところに、陵墓参考地と眺望所への道標が立っていました。
足が疲れてパンパンに硬直してきましたが、この2カ所には絶対行ってみたい!



階段2

横倉宮から2~300m行ったところに安徳天皇陵墓参考地へ上がる階段がありました。
階段はくの字形に曲がっていて、100段以上ありました。←正確には111段だそうです。



鳥居1-1

安徳天皇陵墓参考地は1mくらい高く造成され、花崗岩の二重の玉垣で囲まれていて、入口に階段と鳥居が造られていました。




陵墓説明板

入口近くに立っていた説明板です。何と英文でも書かれています。
文字が多く、字が小さいので転記しますね(^^)

安徳天皇陵墓参考地
 文治元年(1185)の屋島壇ノ浦の戦いで天皇の身代わりを立てた本隊を下関壇ノ浦に向かわせ、幼帝安徳天皇を擁した平家一門は、ひそかに四国に上陸した。1年数か月の潜幸の後、ここ横倉山に辿り着き終焉の地としたが、正治2年(1200)に御歳23歳で崩御し、この地に奉葬される。天皇が従臣らと蹴鞠(けまり)をされた所と伝えられ、地元では「鞠ヶ奈呂(まりがなろ)陵墓参考地」ともいう。ここ西隣は、天皇が乗馬の練習をされた「御馬場跡」といわれている。
 明治16年「御陵伝説地」に、昭和元年「陵墓参考地」に指定。正式には「越知陵墓参考地」。県内では唯一の宮内庁所管地として陵墓守を配置している。


宮内庁所管地の安徳天皇陵墓参考地は全国に5ケ所あるそうですが、ここは全国の陵墓参考地の中でも一際規模が大きく荘厳なたたずまいを見せています。



巨木1 側面

正面から右側に行ったところです。クリックすれば大きくなります。
古木が石垣を突き破っていて歴史を感じます。
玉垣の中に建築物は建っていませんでしたが、大きな木が1本立っていました。

そして最後に、畝傍山(うねびやま)眺望所まで行きました。




断崖

眺望所から見た馬鹿試しの断崖です。
断崖は4億年前の日本一古い石灰岩で出来ているそうです。
崖の頂上に横倉宮が建っていますが、木々に囲まれて見えませんでした。

そして眺望所のベンチで一休みして下山したのですが、横倉宮のすぐ下辺りで右膝裏の筋が痛み出し、足を引きずりながら約2kmの山道を第3駐車場まで帰ってきました。
横倉山の登山は初心者向きですが、やはりそれなりの装備は必要だと思いました。
おしまい。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 31 : 15 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

横倉山のパワースポット「杉原神社」「平家之宮」「安徳水」


仁淀川町から国道33号を越知町まで帰り、コスモスまつり会場近くの「横倉山自然の森博物館」の側を通って横倉山山頂(標高800m)近くにある安徳天皇陵墓参考地をめざしました。
1車線の山道をクネクネと登り、第1駐車場、織田公園、第2駐車場を通り抜け、自然の森博物館から約20分で第3駐車場に着きました。



第3駐車場

標高620mの第3駐車場は思っていたより広く、乗用車なら70~80台置けそうです。
しかしこの広い駐車場には1台も車が停まっていませんした。



登山口

駐車場の隅に登り口があり、安徳帝800年祭記念の碑が建っていました。
そして、「安徳天皇陵墓参考地」と書かれた緑色の看板近くの小さな柱に、「これより1,350m」の文字も。

さぁこれから、ワタクシの未知の世界へ足を踏み入れます。
しかし1人なのが心細いです(^_^;)




山道1 足下

鳥居をくぐり抜けたところは遊歩道の幅も広く、安物の運動靴にジーパンという軽装でも心配なさそうです。



神社看板

歩き始めて約15分で杉原神社に着きました。
境内に大きな杉の木が何本も立ち、庭には落ち葉一つ落ちていませんでした。
杉原神社は平家の守護神・熊野権現を祀った神社で、杉の巨木が多いことが社名になっているそうです。



大杉

境内に立っている大杉です。
推定樹齢500年、目通幹囲5.92m、樹高51mだそうです。



拝殿

杉原神社の拝殿です。
重厚な造りで歴史を感じます。



本殿

本殿です。
精巧な彫刻が素晴らしいです。



平家之宮_edited-1

境内より少し高いところに平家之宮が建っていました。



平家一門

平家之宮への登り口に、合祀されている平家一門の名前を記した説明板が立っていました。
文治3年8月、安徳天皇に随勤し横倉山へ来られた平家一門88名中の氏名判明せる者(此の社に合祀する)
・・・氏名・・・
以上78名の古墳又は社は横倉山中に現在ある

と書かれています。

ほとんどは知らない名前ばかりですが、壇ノ浦で安徳天皇の後を追って入水したと言われる平知盛や、平家を裏切ったと言われている田口成良の名前もあります。
文治3年(1187年)と言えば壇ノ浦の戦いの2年後になり、壇ノ浦で祖母に抱かれて入水したとされる安徳天皇が、実は壇ノ浦ではなく屋島の戦いの後四国を2年間転々と潜行してここに来たことになります。
平家物語の話とは随分違っていますよね(^^)



安徳水

杉原神社のすぐ近くに安徳水の立て札が立っていました。
その奥には廃墟となった山小屋も建っています。



安徳水説明板

安徳水の説明文です。
こんな山中に25軒も住居があったとは驚きです。



水飲み場 蛇口

立て札の近くに泉らしきものは見つかりませんでしたが、安徳水の水源から引いたと思われる水道がありました。
蛇口をひねると冷たい水が勢いよく流れ出しました。
名水でも生水は飲まない方が良いみたいです。動物の糞尿などが混じっていて、大腸菌が見つかることもあるそうですからね。



歌碑

横倉山は牧野富太郎博士の研究フィールドでもあり、安徳水説明板の奥に博士の読んだ歌碑が建っていました。
森々と 杉の木立の 限りなく
  神代ながらの 横倉の山



道標

安徳水の近くに横倉宮まで2kmと書かれた道標が立っていました。
第3駐車場の道標には陵墓候補地まで1,350mと書いてあったのに距離が延びちゅう(^_^;)
陵墓候補地は横倉宮より遠いというのに・・・

しかしここまで来て引き返す訳にはいきません。行ってみるか!



山道2

安徳水を過ぎたところから道幅が狭まり坂もきつくなってきました。
顔と背中に汗が吹き出してきましたが、神秘の山なので悪寒が有り全然暑く感じません。
ぜぇぜぇはぁはぁ・・・

次回へ続く。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
22 : 07 : 55 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

秋葉神社&秋葉まつりの里・仁淀の歴史展

越知町のコスモスまつりの会場を後にし、仁淀川町別枝本村の秋葉神社へ向かいました。
何で秋葉神社かと言いますと、2日前の高知新聞に秋葉神社の境内に建っている「秋葉まつりの里会館」で「秋葉まつりの里・仁淀の歴史展」が開催されている記事が載っていたからです。



駐車場

コスモスまつりの会場から約1時間で仁淀川町別紙本村の広場(駐車場)に着きました。
この周辺は「しだれ桜」で有名です。
広場のすぐ上にしだれ桜が見えていたので、ちょっと行ってみました。




しだれ桜

大石家のしだれ桜です。
樹齢は約50年で、このすぐ上にある樹齢200年の中越家のしだれ桜の子孫だそうです。
まだ花を見たことがないので、桜の季節に来てみたいと思いました。




鳥居

広場から数分で秋葉神社下の駐車場に着きました。
数十メートル歩くと、秋葉神社の鳥居がありました。




山門

階段の途中に随神門がありました。
左右の小室に左大臣と右大臣が鎮座していましたが、格子の間が狭く撮影出来ませんでした。




拝殿

階段を登ったところが拝殿になっていました。
彫刻が細微で素晴らしいです。クリックすれば大きくなりますよ(^^)



由緒

拝殿を右方向に行ったところに秋葉神社の由来を書いた説明板がありました。
何と、この日は秋季大祭の日でした。
そう言えば、社務所の中に人がどっさり集まっちゅう(^^)
2月の春季大祭は土佐三大祭りの一つで、「練り」を見にきた観光客でごった返すのに、秋季大祭は簡素なんですね。




鳥毛 先客

拝殿の側に秋葉まつりの練りで使う鳥毛の重さ体験コーナーがありました。
先客の女性が持ち上げようとしましたが全然動きません。
この後ワタクシもトライしてみましたが、鳥毛を20cm位上げるのがやっとでした。

秋葉まつりのハイライトは鳥毛ひねりで、 若者が長さ7メートル、重さ8キロの檜でできた鳥毛棒を直立させたまま、10数メートル向こうの相方に投げ渡すことを、岩屋神社、市川家、大石家前、法泉寺、中越家、秋葉神社で行います。
今年の秋葉まつりの練りは大雪で中止になったので、来年にはぜひ来てみよう。



DSC06161_edited-1.jpg

拝殿の左側は駐車場になっていて、秋季大祭へ参加している地元の人の車で満車になっていました。
拝殿の後ろの本殿に雨避けと思しき屋根が造られています。



本殿2

秋葉神社の本殿です。
やはり彫刻が素晴らしいです。




会館 看板
(クリックすれば大きくなります)

神社境内の一角に建っている「秋葉まつりの里会館」と、「秋葉まつりのさと・仁淀の歴史展」のポスターです。
さぁ、入ってみよう。




展示室 (2)

展示室です。
10人くらい先客がいました。



古文書 祭の写真

庄屋だった中越家に残る古文書や昔の秋葉祭りの写真がたくさん展示されていました。
興味のある方はクリックしてね(^^)
この展示会は県立高知城歴史博物館と、地元の「秋葉まつりの里を元気にする会 えんご巌」「秋葉神社祭礼練り保存会」との共催で、10月15日まで開催されます。
あと3日しかない(^_^;)



神楽

展示室の隣の部屋には、秋葉まつりで使う神楽やお面、長刀などが展示されていました。



写真展

そして1階では、震災の後で仙台市から仁淀川町に移住された写真家・野澤文夫氏の写真展「祈りの四国」が開催されていました。
ちょうど野澤氏が在廊されていて、写真はコウゾに麻を混ぜた阿波和紙に印刷したとおっしゃっていました。
お遍路さんのそれぞれの表情が素晴らしかったです。


秋葉神社の見学が午後1時過ぎに終わったので、帰りに越知町横倉山の安徳天皇陵墓参考地へ寄ることにしました。
これが実は大変なことになるのですが、この続きはまた次回に・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 46 : 21 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

越知町のコスモスまつり

今日も30度の真夏日でしたが、明日から天気が下り坂になるというので越知町のコスモスまつりへ行きました。
ついでに、まだ行ったことのない横倉山の安徳天皇陵墓参考地へも行ってみようという算段でございます。
相方さんを誘ったけどつれなくフラれたので、ワタクシ一人の単独行でした。

午前8時半に出発し、コスモスまつりの始まる午前10時には会場の越知町宮の前公園に到着していました。



コスモス1_edited-1

まずコスモス園の一番南へ行ってみました。
今が丁度見頃で、150万本のコスモスが一面に咲いていました。



コスモス2_edited-1

次にテント村に近い一番北側に行ってみました。
上の写真と同じコスモス園ですが、光の加減でくすんで見えます。



巨大迷路

テント村横のコスモス園は巨大迷路になっていました。
迷路の中には可愛い妖怪が8体隠れているそうです。
デハラさん、そんなところに立ちってどうしたの(^^)


コスモスカー

巨大迷路のコスモス園の周りを一周しているコスモスカーです。
デザインはもちろんデハラユキノリさんです。
乗ってみたかったけど、恥ずかしいのでやめました(^^)



幟1

こんな幟が立っていました。
行ってみよう!



仁淀ブルー

会場のすぐ東には清流仁淀川が流れています。
仁淀ブルーと呼ばれる水は近くで見ると澄み切っていて、川底まで見えていました。
水質は四万十川よりキレイだそうですよ(^^)




釣り 魚

網で川を仕切った釣り堀で、オジサンとおねーさんが釣り糸を垂れていました。
釣り堀には放流されたアメゴがウジャウジャいるのに、2人とも全然よう釣りません。
代わっちゃおか(^^)



カヌー

少し下流では2人乗りのカヌーが仁淀川本流に向けて出発するところでした。
初心者みたいだけど大丈夫かな(^^)



アート1 アート2

堤防の少し高くなったところには、アーティストの野外作品が展示されていました。
何たって今は芸術の秋でもありますからね(^^)


それではテント村へ行ってみよう!



ヨコジロー

会場の一番北側に鎮座するのはふわふわよこジローだそうです。
よこジローは越知町のシンボル「横倉山」のゆるキャラみたいですね。



休憩所 売店

ふわふわよこジローのすぐ南にステージがあり、その南には休憩所グルメテントがズラッと並んでいました。
お昼には1時間半近くあるけど、食欲の秋じゃ!何か食べちゃおう!!



ソーメン_edited-1 かに飯
うどん

仁淀川のツガニを食べてみたくなり、ツガニそーめんカニ飯ツガニうどん を食べました。
ツガニの茶わん蒸しも食べようと思いましたが、お腹がはち切れそうになったので諦めました(笑)
それぞれのツガニ料理、美味しかったです。

ワタクシの子どもの頃には国分川上流に籠を漬けてツガニを獲り、塩茹でやツガニ汁にして食べましたが、何十年ぶりかにその味を思い出しました。
ツガニは茹でて赤くなった殻から、身をほじり出して食べるのが一番美味かったです。

そして、これから安徳帝の潜んでいたと言われる横倉山に行こうと思いましたが、時間が十分あるので、今年の秋葉祭りが大雪のため中止になって行けなかった仁淀川町の秋葉神社まで足を伸ばすことにしました。
そのことはまた次回に・・・

追記:越知町のコスモス祭は10月15日(日)まで開催されています。




←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 04 : 28 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (402)
見どころ (104)
観光 (156)
独り言 (6)
食べ物 (112)
匠 (2)
ショップの特選品 (254)
アート (12)
イベント (281)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (57)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (32)
戦争の記録 (18)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-