今年最後のケンサキイカ釣り

昨夜、台風18号の為延期していた今年最後のケンサキイカ釣りに行ってきました。
釣り場は、いつも行く宇和島市の沖合です。



DSC_0101.jpg

途中、四万十町の道の駅「四万十とうわ」へ寄りました。
期間限定のしまんと栗クリーム、少々高かったけど絶品だったちや!



イカ干し

出漁基地に着くと、前の晩に船頭さんが釣ったケンサキイカを干してありました。
数えると54枚あり、約2時間の釣果とのこと。
シメシメ、、今夜も釣れそうだぞ! ← この時はそう思ったんですがねぇ(^_^;)



磯

グループで借り切ったイカ釣り船は、日振島沖のポイントめざして走ります。
上の写真は、磯釣りで有名な御五神島西側にある磯群です。
マルバエ、ピラミッド、スフィンクスなどの名磯が並んでいます。



ケンサキイカ7 沖漬け

集魚灯が灯り仕掛けを下ろすと、中型のケンサキイカがトリプルで釣れました。
さい先が良いぞ(^^)
釣ったイカはビニール袋に入れたタレの中に放り込みました。
こうして、10杯のイカを沖漬けにしました。

しかしその後・・・



フグ_edited-1

外道のサバやフグが大量に集まり、ケンサキイカより先に仕掛けに当たり出しました。
フグはたちが悪く、仕掛けを次々に切っていきます。
こうしてメタルスッテ3個、浮きスッテ6個が海の藻屑と消えていきました。
被害総額数千円なり!



鉛スッテ

残ったメタルスッテもこのとおり(T_T)
フグに布を食い破られて、鉛の地肌が見えています。
1個2千円近くするので、修理に挑戦してみます。



釣果

ワタクシの釣果です。
右のザルには沖漬けのイカが入っています。

今期のケンサキイカ釣りは好調で、これまで5回の釣行は全て50杯以上の釣果で、三桁釣りも経験しました。
しかし、最後の釣行がトホホの結果になってしまいました。
釣りってこんなもんです。
いつも釣れれば面白くないっすよね。← 負け惜しみ(^_^;)



何時しか夏も過ぎました。陽水の少年時代です。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 19 : 50 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

猛暑の夜は納涼イカ釣り

高知のお城下では35℃前後の猛暑の中で、1万8千人の踊り子が乱舞しています。
多くは十代二十代の若者ですが、たまにワタクシと同年代の熟年者も踊っています。
エライ! けど熱中症にならないでね。

さて昨夜、約1年ぶりに宇和島市沖の海域に剣先イカを釣りに行きました。
行きつけの遊漁船は5人以上でなければ出漁してくれないので、鉄の団結力で結ばれた釣友5人での釣行です。←要するに釣りバカ5人衆です(^^)



スッテ_edited-2

午後1時半に南国市を出て、約3時間で宇和島市に着きました。
またしても買ってしまった。まったくもう(^^;)



舟_edited-1

出漁基地に着くと、既にイカ釣り船が待機していました。
出港は午後6時だとのことで、出港までの間にコンビニ弁当で腹を満たしておきます。
それにしても暑い! 夕方なのに体中から汗がにじみ出します。



ポイント_edited-3

午後7時前に御五神島沖に着きました。水深は90m前後あります。
船首からパラシュートを海中に入れて、潮の流れに任せて移動する流し釣りです。



コレクション

ワタクシの剣先イカ用スッテのコレクションです。
左下の大きいスッテ群が鉛スッテで、他は全て浮きスッテです。
さぁ、どれを使おう!



仕掛け_edited-4

先ずこれでやってみよう。
赤と緑の鉛スッテに、エビ型と赤白の浮きスッテをセレクトしました。



剣先イカ

入れていいよ!との船頭の一声で仕掛けを入れると、水深20位のところで入れ食いになりました。
しかし入れ食いは15分間ぐらいで終わり、棚を変えスッテを変えて一杯一杯を拾う展開に。
その後食いが止まったので、少し北側の海域に移動しました。



漁火

満月がキレイだったので写してみました。
船が揺れるのでブレてしまいます。
この時間帯になると、海風が涼しくて超気持ちいいっ!
最近、剣先イカが好調なので、イカ釣り船の漁り火がたくさん見えています。

この後、しばらく入れ食いになり・・・



釣果_edited-4

結局、ワタクシの釣果は64杯でした。
竿頭はN氏の70杯で、一番少ないK氏でも50杯を超していました。
船頭さんによると、最近よく釣れていて前夜は一人三桁だったそうです。 → 僕らぁ下手ながや!



DSC04090.jpg

早速今夜の晩酌の肴にイカ刺しを作ってみました。
盛りつけが崩れているのはご愛敬(^^;)
う・う・うま~い!
釣り上げて1日経ったイカ刺しは、丁度の柔らかさで噛めば噛むほどイカの甘味が喉に染み入りました。
釣り人冥利とは正にこのことなんですよね。
だから釣りは止められません(^o^)


約5ヶ月ぶりの釣りの記事でございました(^o^)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 50 : 21 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

エギング撃沈

室戸岬漁港で半夜のエギングをするため、午後5時前に竹ヶ島を出発しましたが、時間的余裕が少しあるのですぐ近くの甲浦港に寄りました。


フェリー岸壁_edited-1

甲浦港の旧フェリー乗り場です。
大阪南港と東洋町甲浦を結ぶ大阪高知特急フェリーが廃止になって十数年になりますが、旧フェリー岸壁は水深があって良い釣り場になっています。
この日も車が数台停まっていて、アオリイカに良いポイントには釣り人が陣取っていました。



甲浦港_edited-1

仕方がないので少し奥まった所で竿を出しました。
正面に見える橋は、国道55号に架かった長さ196mの甲浦大橋です。
ここで30分ほどエギングをしましたが、ここでも生命反応が一切ありませんでした。



祭り_edited-1

室戸岬漁港に向けて走っていると、海の駅「東洋町」西の広場に大勢の人が集まっていました。
どうやらお祭りをやっているらしいぞ。腹も減ったし寄っていこう!



祭り_edited-2

この祭りは東洋町商工会青年部主催の「てるてる祭り」で、焼き鳥やうどんなどの出店が並んでいて、これから餅投げや子どもたちが作った「てるてる坊主」の出来栄えを競うコンテストがあるとのこと。



子ども暢_edited-1

餅投げが始まりました。
舞台の北側では子ども達、南側では大人が餅拾いを競い合います。



餅

目の前に祝い餅が転がってきたので拾いました。
小さなお餅ですが、柔らかいので夕食の足しにしようっと(^^)



いつもの海駅カレー

この日のメインディッシュは350円の「いつもの海駅カレー」にしました。
メニュー名からして、きっと海の駅「東洋町」のレストランで提供しているカレーでしょうね。
いやぁ、美味しかったです(^^)
さぁ、室戸岬漁港へ急ごう!



室戸

室戸岬漁港へは午後6時半頃に着きました。
広大な岸壁には、アジの泳がせ釣りでアオリイカを狙う釣り人が2組居ただけでした、

上の写真は、イカの吐いた墨跡の生々しい港内の突堤の先端です。
ここで約2時間エギを投げ続けましたが、当たりは一切ございませんでした(T_T)

こうして、土曜日の午後からのエギングは撃沈と相成りました。
竿をシャクリ過ぎて右手首が腱鞘炎になったちや!
おしまい。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 51 : 12 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

4匹目のドジョウはおらんかった!

朝日

前回、前々回と調子よかったろう。ほんでまた来たがよね、ここへ。
ほら、お天とうさんが東の空からら昇ってきゆうで。
まっこときれいなねぇ!



イカダ

海の神さんに御神酒も進ぜたし、ボチボチ釣り始めろうかねぇ。
イカダは磯に比べて平らじゃき安心じゃよ。
椅子にすわってのんびり大名釣りよ。



船

8時間後・・・
いかん、迎えの船がきたちや。
もうちっと釣らいてや!



船内

ボーズじゃったき、帰りの荷物が少のうてええちや! ← 負け惜しみ(T_T)
キャビンに貼っちゅう「てんくろう」ち何んぜよ?
そりゃおまさん、土佐弁で「ずるがしこい」とか、「おおぼら吹き」とかいう意味よね。

今回は5回ばあ当たりはあったけんど、全部ハリスを切られたが。
魚が太すぎて手に負えんかったがよ。こんな事もあらあねぇ。

おしまい。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
23 : 15 : 42 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヤナギの下にドジョウは居た

今日やっと高知城の桜が開花しました。
平年より7日遅れていますが、四国ではトップだそうです。

昨日、3匹目のドジョウを求めて矢井賀の観光釣りイカダに行ってきました。
又しても釣りの記事で申し訳ありませんが、息抜きに魚の写真だけでも見て頂ければ幸いです(^^)



ポイント

午前6時過ぎに越知町の釣り人と2人でに3号イカダに上がりました。(上の写真は前回行った時のものです。)

東方向を見ると水平線から「ダルマ朝日」が昇っていました。
珍しい!写真!写真!と、いつも救命ジャケットのポケットに入れてあるデジカメを探しましたがありません。
おまけにスマホも車に置き忘れてきていました。
あ~あ、ドジさ加減に泣けてくる(T_T)

この3号イカダとは相性が良く、前回、前々回とそこそこの釣果を得ています。
前回の記事 → 
前々回の記事 → 

釣り初めて約30分後、隣の釣り人が55cmくらいのピンク色をした桜鯛を釣りました。
その後、2,3回大きく竿を曲げていましたが、1.7号ハリスだとのことで難なく引きちぎられていました。
この日はブリも回遊していて、時々あちらこちらでバシャっと水しぶきが上がりますが、小魚を追っているのでオキアミには見向きもしません。
ワタクシには全然当たりが無いまま、午後2時30分の納竿時間が近づいてきました。

前回、納竿間際の最後の一流しにマダイが来たので、今回もしぶとく粘っていると、午後2時過ぎにリールから道糸が勢いよく走り出しました。
1.7号の磯竿(ハリス3号)を極限まで曲げ、重厚な引きに耐えているとじわじわと上がりだしました。
目の前に浮いたのは、銀色の大きなイシダイでした。
隣の釣り人が玉網で、「重いっ!」と言いながらすくってくれました。有り難うございます(^o^)



検寸_edited-1

家に帰って検寸してみると59cmありました。
おしいっ! もう少しで60cm超えなのに。でも、ワタクシの釣り歴で2番目の大型イシダイです。



検量

重量も量ってみると4kg近くありました。




針掛かり

コワイ顔!
釣り針は運良くカンヌキに掛かっていました。
イシダイの歯は硬いので針がすっぽ抜けたり、飲み込まれてハリスを切られたりするので、カンヌキに掛かるのが理想的なんです。



解体前

ウロコを取った後です。
イシダイのウロコは小さく、固い皮に張り付いているので取りにくいです。
さあ、これから解体です。

背骨の一番大きな所は直径が1.5cm位あったので、出刃包丁の背を木槌で叩いてやっと切りました。

今の時季、グレは産卵で一休みですが、桜の花が咲くこるには「桜鯛」や「乗っ込みイシダイ」が釣れます。
またイサキ、シマアジ、アオリイカも良型がよく釣れます。
矢井賀沖は、年がら年中何かが釣れる「豊穣の海」です。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
14 : 46 : 58 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (401)
見どころ (103)
観光 (152)
独り言 (6)
食べ物 (109)
匠 (2)
ショップの特選品 (249)
アート (11)
イベント (278)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (57)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (32)
戦争の記録 (18)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-