FC2ブログ

フグにジャマされた夜遊び

今年最大級の台風21号が、虎視眈々と日本列島を狙っています。
それにもかかわらず、昨夜、まだ台風の影響は無いだろうと、釣りバカ5人で宇和海へ夜遊びに行ってきました。




入道雲

午後6時前に出港すると、北灘湾の東に入道雲が湧きあがっていました。
少し前には夕立が降っていて、今夜は大気が不安定なようです。




島_edited-2

今夜のポイントも前回と同じ御五神島と由良半島の間です。
御五神島の奥に見える日振島の背後に、奇妙な形の入道雲が立ち上がっていました。




由良半島

南方向には由良半島が見えています。



三匹_edited-1

辺りが暗くなり集魚灯に灯が灯ると、まずまずの型のケンサキイカがボツリボツリと釣れ出しました。
釣れたばかりのイカは赤褐色ですが、死ぬと真っ白になります。

ところがしばらくすると。。。




サバ_edited-1

イカに混じってサバが釣れ出しました。
そして時間が経過すると又してもこいつが。。。



サバフグ

サバフグです。
こいつは見た目にかかわらずどう猛で、仕掛けを食いちぎり取込中のイカを横取りします。




ちぎれ 被害

サバフグに胴体を食いちぎられたケンサキイカと、ボロボロにされたスッテです。
この白サバフグには毒が無く、冬には水炊き用としてスーパーで売っています。
価格もリーズナブルですが、毒のあるやつもいるらしいのでまだ食べたことがございません。

サバと白サバフグの猛攻は真夜中まで続き、結局、午後10時から納竿の12時までケンサキイカは1ハイも釣れませんでした。




釣果_edited-10

結局釣果はこれだけでした。
ケンサキイカ20ハイと、外道のサバが5匹です。
ケンサキイカは前回より一廻り大きくなっていました。
このイカはこれからまだまだ成長し、雄は胴長50cm、雌は40cmになるそうです。
釣った最大のイカは胴長35cmだったので、中型の部類に属する思います。

今期はあと1回、9月6日に夜遊びに行き胴長40cmを狙います。
しかし台風21号が4日に上陸しそうなので、その結果によっては行けなくなるかも・・・



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 53 : 21 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

真夏の夜遊び

一昨日、台風19号と20号が日本列島に近づいているのにもかかわらず、釣りバカ5人が真夏の夜遊びに行ってきました。
私にとっては今期最初のケンサキイカの夜釣りです。
午後1時半に南国市の某所に集まり、釣友のステップワゴンで宇和島市に向かいました。



トロッコ

四万十町窪川経由で四万十川沿いに国道を走っていると、JR予土線の観光トロッコ列車「しまんトロッコ」が走っていました。



船_edited-4 べんとう

午後5時過ぎに宇和島市のとある港に着くと、チャーターしたイカ釣り船が浮き桟橋に停泊していました。
出港前にコンビニ弁当で腹ごしらえです。



出航_edited-1

午後6時かっきりに船は港を出港しました。
釣友はキャビンの後ろに座っているので見えません。



夕日_edited-1

豊後水道には台風のウネリが入っているかもしれないので、御五神島南の由良半島北側で釣ることになりました。
この周辺は由良半島が南からのウネリを防いでくれているので、海はほとんど荒れていません。



お酒

釣り始める前にいつものセレモニーです。

釣り方は今流行のメタルスッテ釣法です。一番下にメタルスッテを付け、1m50cm位上に浮きスッテを付けます。
これから午前零時まで、ケンサキイカとの勝負が始まります。



イカ_edited-1

釣り初めて1時間くらいは全然反応がありませんでしたが、集魚灯にベイト(小魚)が集まり出すとケンサキイカが釣れ始めました。
しかし、昨年に比べて群れが小さいのか、ほんとにボツボツという感じです。



サバ

仕掛けを水深20mより深く入れると、サバやサバフグがジャマをします。
実はサバはどう猛なフィッシュイーターで、スッテを丸呑みしています。こうなるとナイフが無いとスッテを取り外せません。



釣果_edited-9

夜遊びの成果は大小のケンサキイカ24ハイでした。
釣友も似たような成果でした。
昨年は三桁釣りもあったのに、今年はどの船もあまり釣れていないみたいです。



ソーメン

今夜の晩酌の肴に、大きめのイカ1ハイをイカソーメンにしました。
さすが新鮮なケンサキイカは抜群の美味しさです。
エンペラやゲソは塩胡椒味の油炒めにしましたが、これまた最高の美味しさでした。

今期はあと二回イカ釣りに行く予定です。
昨年の三桁釣りは無理としても、その半分は釣ってみたいです。←そうはイカんかも



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 40 : 26 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2ヶ月ぶりの釣果は

昨夜、2ヶ月ぶりにイサギの夜釣りへ釣友2人と行ってきました。
場所は土佐湾にある小さな漁村の2~3km沖合です。
私にとって初めて行くポイントですが、6月末に釣友が40cm前後のイサキを30枚も釣っています。



DSC_0321.jpg

午後5時過ぎに漁港に着くと、チャーターした釣り船が待っていました。
夕方といえども気温は30度を楽に超していて、乗船準備をしていると額から汗が滴り落ちます。




DSC_0323_2018080321434184c.jpg

午後6時過ぎにポイントに着きました。
この時間帯になると、海の上は気温が下がり快適になります。
潮風が気持ちいいっ!




DSC_0333.jpg

竿受けに船竿をセットしたところです。
これから日付が変わる頃まで、お魚さんと対話の時間です。

水深は約30mなので、水深25m位の棚から狙って見ました。
すると1投目に30cm弱のアジが釣れました。
そして2投目には、本命の40cm弱のイサギが釣れました。
おっ!調子がええぞ! この様子ならイサギ10枚は堅いかも(^^)

ところがその後、イサギの当たりが1度も無く、周りをサバの大群に囲まれてしまいました。
仕掛けを下ろしていると必ずサバが食いついてきて、午前0時になっても状況は変わりませんでした。
船頭さんも、「こんなにイサギが釣れん日は珍しい」と言っていました。シュン(T_T)




DSC_0344.jpg

釣果はたったのこれだけ。
写真を撮ったのが下処理中だったので、サバに頭がありません。
サバは持って帰る分だけ釣りました。

前回に引き続き今回も散々な結果と相成りました。
次回は必ずリベンジじゃ~!



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 44 : 04 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イサギ大漁!のはずだった

昨日、釣友2人と足摺沖へ今年最初のイサギの夜釣りに行きました。
南国市内のある場所へ3人が集まり、1台の車で行くことになっていましたが、家を出て10分くらい経って救命ジャケットを忘れているのに気付きました。
結局、集合時間に20分以上遅れてしまい、釣友のひんしゅくを買うことに(^_^;)
雨も降りそうだし、何だか嫌な予感がするゾ。



タタキ定食

途中、黒潮町の道の駅なぶら土佐佐賀で少し遅い昼食にしました。
3人が揃いも揃ってカツオの塩タタキ定食です。
さすが明神丸の塩タタキは旨い!



レンタルボート

午後3時前に小さな港のレンタルボート泊め場に着きました。
少し大きな船の左右に泊めてある青い甲板の4隻がレンタルボートです。

既に雨が降り出していますが、大降りでないので大丈夫でしょう。



ポイント_edited-4

先ず昼釣りのポイントにボートのイカリを打ちました。
ここで明るい内はシマアジやイサギを狙い、薄暗くなってから夜釣りのポイントへ移ってイサギを狙う予定です。



釣友_edited-1

私がモタモタしている間に、釣友2人はもう竿を出しています。
潮流は正面の陸地に向けて流れているので、潮下の2人が断然有利です。

早速H氏が竿を曲げましたが、途中でバラしてしまいました。
私にも当たりがあり魚を寄せていると、途中でフッと軽くなりハリスが切れました。
その後イサギらしい魚を何回か掛けましたが、途中で全てバラしてしまいました。
なんぜ?どうして??

1時間以上こうした状況が続いた後、H氏が大型魚と格闘をしていましたが、100m以上道糸を引き出されバラしてしまいました。
ここには恐らくサメが居着いていて、針に掛かった魚を横取りしているようです。



波1

3人がサメに翻弄されている内に夕暮れが迫ってきました。
そこで、数百m離れた夜釣りのイサギ場へ移動することにしました。
この頃になると雨と風が強まり、も高くなってきました。



波2

イサギ場に着くと更に風波が強まり、白波が立ち始めていました。
ここの海底は磯場になっているので、波が高くなりやすい地形ようです。
こんな状態で夜釣りをしていると何が起きるかわかりません。
帰ろう!



帰港

木の葉のように揺れるボートをK氏が上手に操りながら、行きの倍以上の時間をかけて午後6時前にやっと港へ帰り着きました。
港の中は無風でさざ波一つ立っていません。
昔の人が安全な場所に港を造ったことを、身をもって体験しました。

10日後にリベンジに来ることにし、ボートを予約して帰路についた釣りバカ3人でゴザイマシタ。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 10 : 16 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

シーズン終盤のイカダ釣り

矢井賀釣りイカダは高知県の観光釣りイカダの草分け的な存在ですが、イカダが設置されるのは10月末から翌年4月末までの半年間となっています。
それで先日、今シーズン最後のイカダ釣りに行ってきました。




矢井賀港

出船前の渡し場(矢井賀漁港)です。
現在設置されているイカダは4基で、釣り人は2艘の渡船に分かれて渡してもらいます。




ビール1

イカダに上がると先ず釣り座を確保して、次に仕掛けをセットします。
その後、験担ぎに海の神様へお神酒を捧げます。 ← 9割は自分が飲んじゃいますがね(^^)
さぁこれから、お魚さんと対話の時間が始まります。




釣り人_edited-3

この日は知らない釣り人と一緒に2人で3号イカダに上がりました。
イカダの南端に釣り座を構えた釣り人は、順調に良型のマダイ、シマアジ、グレを釣り上げています。
約10m離れたところで釣っているワタクシはといえば・・・




イサキ_edited-1 グレ_edited-6

30cm前後の決して良型とは言えないイサギとグレです。
この後も納竿時間までにイサギがボツボツ釣れましたが、マダイやシマアジはご挨拶に来てくれませんでした(T_T)
一方、もう1人の釣り人はマダイ数匹、、シマアジ2匹、グレ数匹、イサキ数匹とクーラー満タンでした。

何でこんなに差がつくの? お神酒をほとんど飲んでしまった祟りじゃないかって!?




釣果_edited-8

この日のワタクシの全釣果です。
これくらい数と量だと下処理するのも簡単だし、隣近所に配る労もないし、しばらく魚を買うこともないしと良いことずくめです。← 負け惜しみ(T_T)

今シーズン最後のイカダ釣りは、何ともスッキリしない釣果でございました。
次のシーズンには必ずリベンジしてやるゾ!



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
22 : 38 : 54 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (416)
見どころ (114)
観光 (149)
独り言 (6)
食べ物 (120)
匠 (2)
ショップの特選品 (255)
アート (15)
イベント (285)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (67)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (36)
戦争の記録 (18)
神社仏閣 (51)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数