「石見銀山みてあるき」その2

道路を上り詰めたところに石見銀山で唯一通り抜けの出来る龍源寺間歩があります。
石見銀山には、銀鉱石を採掘するための坑道である間歩(まぶ)が大小合わせて600箇所以上あり、約870mの「大久保間歩」の次に大きな坑道が、全長約600メートルの「龍源寺間歩」です。



チケット売り場

龍源寺間歩の入口近くにあるチケット売り場です。
入場料410円を払い間歩入口に向かいます。



入口

龍源寺間歩の入口です。
思ったより小さいのは、当時の姿を出来るだけ残したかったからでしょうね。



説明板

入坑する前に、先ずは龍源寺間歩についてのお勉強。
クリックすれば字が読めますよ(^^)
間歩の全長は600mですが、公開されているのは坑道156mと連絡通路116mだそうです。



入口付近

坑道の入口近くです。
このあたりはまだ天井が高いのですが、進むにつれて段々低くなり気をつけなければ頭を岩にぶつけます。
あいたっ! ぶつかった。← ガイドさんに気をつけるよう言われていたのにこの始末(^^;)



ひおい抗

坑道には幾つもの横穴が掘られています。
これは「ひおい抗」と言って、鉱脈を追って掘った坑道だそうです。(説明板による)



縦抗

これは垂直に掘った竪坑(たてこう)です。深くて底が見えません。
間歩に溜まった水を、この竪坑から100m下の永久坑道へ排水したそうです。



天井 発破痕

天井には江戸時代に掘ったノミの痕や、明治初期の発破の痕が残っていました。

坑道の灯りは何だったかガイドさんに聞いてみると、サザエの殻に油を入れて燃やしていて煙やススがたくさん出たそうです。
それに採掘の粉じんが漂い、今で言うじん肺で早死が多かったそうです。



新坑道

連絡通路には、絵巻物に当時の銀山の様子を描いた「石見銀山絵巻」の電照板を展示しています。



DSC00650.jpg

その中で、採掘の様子を描いた電照盤です。これはぜひクリックして欲しい(^^)
当時、人力の竹ポンプがあったとはビックリです。
まるで人間がモグラのようですね。



出口 ユネスコ宣言

龍源寺間歩の出口と、近くの建物に掲示してあった「世界遺産とユネスコの精神」の文書です。
すばらしい! 
戦争の危機が迫っている今こそ、世界で一番トランプに追随している「平和国家日本」の首相に読んでもらいたいと思いました。



清水谷精錬所跡

龍源寺間歩から石見銀山公園への帰り道、明治中期に建造された清水谷精錬所跡を見学しました。
この精錬所は操業を始めて1年半で、採算不良により操業停止になったそうです。

こうして2時間半かけて「銀山ゾーン」を見学しましたが、ガイド付きだったので大変勉強になりました。
町並み地区の散策もしてみたかったのですが、午後4時を廻っていたので諦めました。
早朝に出発していれば良かったと反省です。



ソフトクリーム

これから自宅まで329kmを走破するためのエネルギーチャージに、世界遺産センター隣の特産品売り場で石見銀山名物の「さつまいもソフトクリーム」を食べました。これはお世辞抜きに美味い!
こうして、午後4時45分に世界遺産・石見銀山を後にし、約5時間後に無事帰宅したのでございました。
おしまい。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 56 : 44 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

「石見銀山みてあるき」その1

昨日、島根県太田市の世界遺産・石見銀山へ日帰りで行ってきました。

午前8時にカーナビに「石見銀山」と入れると、「距離329km、所要時間5時間45分」と表示されました。
しかし往復660kmは長いなぁ。長距離運転は釣りで慣れているけど、これはちと長い。
よっしゃ!限界に挑戦じゃ~!!
と言うことで相方さんと2人で午前8時過ぎに出発しました



よう世界遺産センター

結局、石見銀山世界遺産センターに着いたのが午後1時頃でした。
高速道路は順調だったものの、広島県三次市からの一般道で思わぬ時間を喰ってしまいました。

今年は石見銀山が世界遺産(文化遺産)に指定されて10年目になります。
この日はウイークデーだったので、世界遺産センター前の駐車場には10台くらいしか停車していませんでした。



マップ

世界遺産センターで石見銀山のマップをもらいました。クリックすれば大きくなります。
世界文化遺産・石見銀山は、Aゾーン(代官所ゾーン)、Bゾーン(武家・町屋ゾーン)、Cゾーン(銀山ゾーン)の3ゾーンで構成されています。

3ゾーン全てを見て歩くと半日以上かかるとのことだったので、先ず銀山ゾーンを歩いて、時間があれば他のゾーンへ行くことにしました。
その前に腹ごしらえをしなけれ・・・



ソバ屋 鴨そば

世界遺産センターから30分ごとに出ているバスに乗り、大森バス停で下車しました。
そこから数十m離れた石見銀山公園入口にあるソバ屋「御前そば」に入りました。
オーダーした鴨そば、それなりに美味しかったです(^^)



ガイド案内所

石見銀山公園の観光案内所に行くと、「石見銀山ガイドの会」の人に呼びかけられました。
結局、他の観光客4人と一緒にガイド付きで銀山ゾーンを歩くことにしました。
2時間半コースで、ガイド料はワンコイン(500円)と実に良心的です(^^)



模型

出発前に公園に設置された銀山の模型で、「みてあるき」の大まかな説明を受けました。
ガイドが棒先で指したところが現在位置で、ここから龍源寺間歩までの2.3kmを2時間半掛けてガイドしてくれるそうです。



大森小学校

石見銀山公園から少し奥に入ると大森小学校がありました。
石見銀山のふもとの大田市大森町は、現在の人口は400人ほどですが慶長年間から寛永年間にかけて人口が20万人に達していたという記述があるそうです。
この数字はかなり誇張されていると思われますが、石見銀山が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて大銀山都市だったのは確かなようです。←ガイドさんの話から。



豊栄神社 清水寺山門

道路の周辺には神社やお寺がたくさんありました。
お寺の数からも当時の興隆が想像できます。
上の写真は豊栄神社清水寺(せいすいじ)山門です。



新切間歩

奥に行くに従い、道路の近くに「立入禁止」の札が立った坑道の入口が幾つも現れ出しました。
上の写真には新切間歩と彫られた石柱が立っています。
昔は坑道を間歩(まぶ)と呼んでいて、石見銀山全体で600カ所以上確認されているそうです。



福神山間歩

道路沿いの福神山間歩です。



柵_edited-1 間歩説明板

福神山間歩の入口と説明板です。
クリックすれば大きくなるので興味のある方はクリックしてみて下さい(^^)

ここまで1時間半くらいの道のりでしたが、通り抜けの出来る龍源寺間歩にもうすぐ到着します。ワクワク(^^)
次回へ続く・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 32 : 58 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

四国霊場第26番札所・金剛頂寺

遅れていた県下各地の桜が満開になりだしましたが、今日は朝から雨になりました。
天気予報では来週の火曜日までマークになっています。
どうやら今年の花見は雨に祟られそうですね。

さて今日は、先月末に行った室戸お寺巡りの続編です。
津照寺を参拝した後、海抜200mの山腹に鎮座する四国霊場第26番札所・金剛頂寺へ行ってみました。

大同2年(807年)に平城天皇の勅命を受け弘法大師によって建立された金剛頂寺は、七堂伽藍を配する重要な寺院で住職も勅命で任ぜられ、16代住職の頃、寺領は現在の室戸市全域にわたっていたそうです。



厄坂

本堂へは駐車場のすぐ近くにある厄坂を上っていきます。



仁王門

厄坂を上がると仁王門が建っています。
あれっ!仁王像の姿が変だぞ。



わらじ

通常は仁王像の立つ場所に古びた巨大な草履が掛けられ、その後ろから仁王が睨みつけていました。
巨大な草履は魔除けだそうですが、こんな大きな草履を履くのは大魔神ぐらいしかいないのでは(^^)
そりゃ、魔物も怖じるはねえ。


大師堂

本堂に向かって左方向に行くと大師堂が建っていました。
大師堂は本堂に背を向け足摺岬の方向を向いて建てられています。
その理由は省きますが、知りたい方は金剛頂寺HPをご覧下さい→



かね がん封じの棒

薬師堂の横に「一粒万倍の釜」と、「がん封じの椿御霊木」がありました。
「一粒万倍の釜」は、弘法大師が三合三勺の米を入れて炊いたら万倍に増え、人々を飢餓から救ったそうです。
100円玉入れたら100万円になるろうか(^^)

「がん封じの椿御霊木」はコブを撫でたら癌にならないそうですが、キモイ形をしていたので撫でませんでした。
昔ヘビースモーカーだったので、肺がんで死んじゃうかも(^^;)



本堂

本瓦葺き、入母屋造りの本堂です。
毎年、大晦日から正月八日にかけて、本尊の薬師如来がご開帳されるそうです。



霊宝堂

本堂の横に建っている霊宝堂です。
収蔵する木造阿弥陀如来坐像、板彫真言八祖像、銅造観音菩薩立像、金銅密教法具、金銅旅壇具、銅鐘、金剛頂経などはすべて国指定重要文化財だそうです。



鐘撞き堂

本堂庭園の右側に建っている鐘楼堂です。



鯨供養塔

捕鯨八千頭精霊供養塔です。
室戸市は江戸時代から昭和初期まで捕鯨のまちとして栄えましたが、あの大きな鯨が8千頭とは結構大きな数字だと思います。
金剛頂寺は鯨の供養塔があることから、別名「クジラ寺」と呼ばれているそうです。

金剛頂寺には他にも見所が色々ありますので、室戸方面に行った時にはぜひ立ち寄ってみて下さい。
境内下の霊園から見る風景も絶景ですよ(^^)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 25 : 46 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

四国霊場第25番札所・津照寺

室戸市室津港のすぐ北の小山に、弘法大師が海の安全と大漁を祈願して開基したと伝えられる津照寺(しんしょうじ)、通称津寺(つでら)が建っています。
へっぽこ釣り師を自認するワタクシ、一度はお参りしちょこうと思い先日行ってまいりました。



遍路の駅

津照寺には専用の駐車場が無いので、津照寺入り口の角にある「遍路の駅 夫婦善哉」の駐車場に置かしてもらいました。
室戸名物の「キンメ丼」と「揚げどら」の幟が立っています。
帰りに寄ってみよう(^^)



山門

津照寺の山門です。
こじんまりした朱色の簡素な門です。



大師堂

山門を潜るとすぐ右側に大師堂があります。
遠くに鐘楼門と、木の間に本堂の屋根が見えています。



仁王門

本堂へはこの急な石段を登っていきます。
途中に唐風の竜宮城みたいな鐘楼門が建っています。

それにしても狭くて急な坂です。ぜえぜえっ!



仁王 かね

鐘楼門の一階部分には阿吽の仁王像が立っていて、二階部分には梵鐘が吊り下がっていました。
このような変形の門を見たのは初めてです。



地蔵

125段の石段を登り切った所が少し広くなっていて、赤い前掛けを掛けた石仏がたくさん立っていました。
本堂はこのすぐ上です。



本堂

本堂はコンクリートで出来ていて少し拍子抜けがしました。昭和50年に新築されたものだそうです
庭園も狭く、大勢が一度に参拝できそうにありません。

津照寺は長曽我部氏や山内氏の庇護を受け隆盛を極めておりましたが、明治初期の廃仏毀釈で一端廃寺とされました。 
明治16年ようやく寺名復興を許されましたが、寺域は極度に狭められ昔日の面影はなくなったそうです。



キンメ丼

本堂を参拝した後、「遍路の駅 夫婦善哉」で室戸キンメ丼を食べました。
これは美味いっ!
何と言ってもキンメ鯛の照り焼きが絶品でした(^^)
この後、ご飯を三分の一ほど残し、別に用意された出汁を掛けてお茶漬け風にして食べましたが、これがまた旨かったです(^^)
室戸キンメ丼はどの飲食店も値段を1600円に統一しているそうですが、この美味しさなら値段以上の値打ちがあります。



DSC_0775.jpg

室戸名物の「揚げどら焼き」もお土産に買って帰りました。
小倉入りと栗入りがあり、栗入りの方を食べましたがとても美味しかったです(^^)

津照寺を参拝した後、時間があったので金剛頂寺にも行ってみましたが、そのことは又の機会にご報告ということで・・・
さぁ、明日から「土佐の食1グランプリ」です。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 48 : 31 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

四万十川入田河川敷の「菜の花まつり」

足摺岬の金剛福寺を後にし、「菜の花まつり」の会場である四万十川入田河川敷に向かいます。



赤鉄橋

午後3時過ぎに四万十市中村地区の赤鉄橋(四万十川橋)まで帰って来ました。
この鉄橋は大正15年に完成し、四万十市のシンボル的な存在です。
しばらく来ない間に塗り直されていて、鮮やかな橋の赤色と四万十川の青色とのコントラスが素晴らしかったです。
さぁ、菜の花まつり会場の入田河川敷はもうすぐです。



テント

駐車場に車を置き会場に向かっていると、地域物産店のテントが立っていました。
何を売っているのか行ってみると、ほとんどが売り切れていて店じまいの準備をしていました。



ひがしやま

結局買ったのは売れ残っていた「ひがしやま」2パックです。
少し硬かったですが甘味があって美味しかったです。

さぁ、菜の花見物をしてこよう!



休憩所2

河川敷には2kmにわたってヤナギの自然林があり、その下に1000万本の菜の花が咲いています。
遊歩道には所々に休憩所も作られていました。



菜の花畑1_edited-1

おおっ!すごい!! 河川敷一帯に黄色の絨毯を敷き詰めたようです。
花の匂いが優しく鼻腔を刺激して、チョー気持ちいいっ!



接写

菜の花を接写してみました。
まだ開いてない花もあるので「8分咲き」といったところでしょうか。

四万十川入田河川敷の「菜の花祭り」は今月の31日まで開催され、土日祝日には地域物産店も出店するそうです。


この後、ノンストップで午後6時過ぎに家に帰り着きました。
午前9時過ぎに家を出ているので9時間の遠出でしたが、そのうち約6時間ハンドルを握っていました。
しかしあまり疲れてないのは、釣行で長時間運転の訓練が出来ているからかも(^^)

足摺岬巡りと菜の花まつりに行ってきたので、「岬巡り」と「花祭り」を貼り付けておきます。気が向いたらお聞き下さい。





←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 58 : 26 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (136)
独り言 (6)
食べ物 (100)
匠 (2)
ショップの特選品 (243)
アート (11)
イベント (259)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-