四万十川入田河川敷の「菜の花まつり」

足摺岬の金剛福寺を後にし、「菜の花まつり」の会場である四万十川入田河川敷に向かいます。



赤鉄橋

午後3時過ぎに四万十市中村地区の赤鉄橋(四万十川橋)まで帰って来ました。
この鉄橋は大正15年に完成し、四万十市のシンボル的な存在です。
しばらく来ない間に塗り直されていて、鮮やかな橋の赤色と四万十川の青色とのコントラスが素晴らしかったです。
さぁ、菜の花まつり会場の入田河川敷はもうすぐです。



テント

駐車場に車を置き会場に向かっていると、地域物産店のテントが立っていました。
何を売っているのか行ってみると、ほとんどが売り切れていて店じまいの準備をしていました。



ひがしやま

結局買ったのは売れ残っていた「ひがしやま」2パックです。
少し硬かったですが甘味があって美味しかったです。

さぁ、菜の花見物をしてこよう!



休憩所2

河川敷には2kmにわたってヤナギの自然林があり、その下に1000万本の菜の花が咲いています。
遊歩道には所々に休憩所も作られていました。



菜の花畑1_edited-1

おおっ!すごい!! 河川敷一帯に黄色の絨毯を敷き詰めたようです。
花の匂いが優しく鼻腔を刺激して、チョー気持ちいいっ!



接写

菜の花を接写してみました。
まだ開いてない花もあるので「8分咲き」といったところでしょうか。

四万十川入田河川敷の「菜の花祭り」は今月の31日まで開催され、土日祝日には地域物産店も出店するそうです。


この後、ノンストップで午後6時過ぎに家に帰り着きました。
午前9時過ぎに家を出ているので9時間の遠出でしたが、そのうち約6時間ハンドルを握っていました。
しかしあまり疲れてないのは、釣行で長時間運転の訓練が出来ているからかも(^^)

足摺岬巡りと菜の花まつりに行ってきたので、「岬巡り」と「花祭り」を貼り付けておきます。気が向いたらお聞き下さい。





←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 58 : 26 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第38番札所 金剛福寺

足摺岬の展望台を後にし、すぐ近くにある四国霊場第38番札所・金剛福寺へ行ってみました。
金剛福寺は嵯峨天皇の勅願により、弘法大師が開基したと伝えられる由緒あるお寺です。



金剛福寺

足摺岬駐車場のすぐ前に入口があり、仁王門を通って境内に入っていきます。



仁王

仁王門に立っている仁王像があまりにも漫画チックなんで、思わず不謹慎にも笑ってしまいました。
全然強くなさそうだけど、本当にお寺を守ってくれるでしょうか(^^)



大師亀

境内に入ると大きな亀さんが出迎えてくれました。
この亀は大師亀といって、弘法大師が足摺岬前の海中にある不動岩で修行した時、この亀の背中に乗って不動岩に渡ったという伝説にちなんだものだそうです。
願いを念じながらこの亀の頭を撫でると、幸運が訪れるといわれており、亀の頭が撫でられてツルツルしていました。



本堂

本堂です。
本堂の前には大きな池があり、その周辺にいろんなお堂や仏塔が建っていました。
池の周りを右回りに廻って、思いつくままに写真を取ったのでアップしておきます。
どの写真もクリックすれば大きくなりますよ(^^)



鐘撞き堂 大師堂

鐘楼と大師堂。



権現堂 愛染堂

権現堂と愛染堂。

そして、本堂の右手には・・・



不動堂 多宝塔

不動堂と多宝塔。

そして多宝塔の奥には・・・



逆修の塔

和泉式部の逆修塔が立っていました。
和泉式部は平安時代の歌人で、晩年には髪を切って尼になったと伝えられています。
逆修とは生前仏事を行って死後の冥福を祈ることだそうで、ここには式部の黒髪を埋めていると言われています。



句碑

境内には高木晴子(高浜虚子の5女)の句碑も建っていました。
渡海僧 おもふ卯浪の 沖を見る

平安時代から南の極楽浄土を目指して舟出する補陀落渡海(ふだらくとかい)がはじまり、高知県でも室戸岬や足摺岬から極楽浄土を目指して渡海僧が旅立った記録が残っています。
小さな船で太平洋の荒波の中に旅立った渡海僧の運命は、その後いったいどうなったでしょうね。

この後、四万十市の「菜の花まつり」に自家用車で向かったのですが、途中、徒歩で金剛福寺に向かっている何人ものお遍路さんと行き違いました。
窪川町の37番札所岩本寺から金剛福寺までは80km以上の距離があり、札所間で一番長い区間です。
徒歩で巡礼しているお遍路さんには本当に頭が下がります。良いことがありますように。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 40 : 29 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

青い空と青い海、足摺岬の風景は雄大だった

昨日の高知新聞に四万十市の「菜の花まつり」の記事が載っており、今日の午前9時過ぎに四万十市に向けて出発しました。
ところが窪川まで来た時、急に10年以上見ていない足摺岬の椿を見てみたくなり、「菜の花まつり」は帰りに寄ることにしました。
何とも行き当たりばったりな遠出でございます。



西南公演

南国ICから約1時間半で、黒潮町の土佐西南大規模公園に着きました。ここでト○レ休憩です。
公園の東側には幡多十景の鹿島ケ浦が見え、鹿島がぽっかりと浮かんでいます。
そして遠くには興津岬も。
この周辺の海域では磯釣りが楽しめますが、今日は相方さんと2人なので釣りは御法度です(T_T)



足摺ホテル群

家から約3時間で足摺岬の「あしずり温泉郷」に着きました。
ちょうどお昼になったので、岬巡りの前に腹ごしらえと致しましょう(^^)



昼食

ホテルのレストランに入り、鰹のタタキ定食流れ子料理をオーダーしました。
鰹が見えませんが、薬味の下に分厚い切れが5枚入っていました。
鰹のタタキは並の美味しさでしたが、流れ子料理は絶品でございました(^^)



ジョン万像

足摺岬観光案内所の前にはジョン万次郎の像が建っていて、その西の方に第38番札所・金剛福寺の塔が見えています。
金剛福寺には後で行くことにして、先ず、灯台がよく見える「天狗の鼻」に行ってみることにしました。



椿のトンネル 椿の花

椿の木のトンネルを通って「天狗の鼻」に向かいます。
椿の花は盛期を過ぎていてほとんど落ちていましたが、所々に残っている花が出迎えてくれました。



南方向

「天狗の鼻」から西方向にある灯台を写しましたが、逆光のため失敗しました。
それで南向きの写真をアップしておきます。
足摺岬は磯釣りのメッカでもあり、10年以上前に中型グレを大釣りしたタマツケ(磯名)も見えています。
この後、少し西にある展望台に行ってみました。


足摺岬

展望台から写した灯台です。
ここからの写真はよく観光パンフレットなどに使われますが、逆光でキレイに写っていないのが残念です。



天狗の鼻

展望台から東方向の「天狗の鼻」を見たところです。
青い空に青い海、そして切り立った断崖と、足摺岬の風景は実に雄大です。

今日であの日から6年が経ちましたが、この美しい海が再び荒れ狂うことが無いよう願わずにいられませんでした。



展望台


展望台にある方位盤の中心に立って大きな声を出すと、反響して他人の声のように聞こえるという不思議な現象が起きるとのことで、観光客が次々に方位盤に上がって叫んでいました。
ワタクシもこの後上がって「ありがとう。ごめんなさ~い」と叫んでみましたが、確かに音が響いていました。なんでだろう??



ワンコ

かわいいワンコも方位盤の上に上がっていましたが、何だか眠たそうにしていました(^^)

この後遊歩道散策は時間の都合で諦めて、第38番札所・金剛福寺に行ったのですが、そのことは又次回に。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 21 : 12 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

うだつの町並み

前回からの続きです。
東西約400mの「うだつの町並み」は藍の集散地として発展し、江戸中期から昭和初期の85棟の伝統的建造物が建ち並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
しかし何と言っても大きな特徴は、家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの「うだつ」が多くみられることです。

それでは、うだつの町並みを西から東へ散策してみましょう



うだつの町並み

うだつの町並みの西端から少し入ると、うだつがズラッと並んでよく見える場所がありました。



うだつ

隣家との境に造られたうだつです。
うだつについてはご存じだと思いますが、おさらいしてみましょう。



うだつ説明

うだつ説明板です。
うだつは防火壁なんですが、これで本当に類焼から免れるんでしょうか?
と、うだつの上がらぬワタクシは思いました。



国見家

うだつの町並みで一番古い国見家の屋敷です。
今から310年前の宝永4年(1707年)に建てられたそうです。



店

脇町に昔から伝わる郷土菓子を売っているお店もありました。
町並みの景観に合わせた控えめな店構えに好感が持てます。



井戸

共同井戸もありました。
吉野川の近くなので水量は豊富でしょうね。



虫籠窓

一階が格子造り、二階に虫籠(むしこ)窓が設けられた屋敷です。



格子造り説明板 虫籠窓説明板

格子造りと虫籠窓の説明板です。
興味のある方はクリックして下さいね(^^)



構造

脇町図書館の近くに、うだつ実物模型が展示されていました。
内部の構造はこんなになっているんですね。

以上、うだつの町並みの様子を端折ってブログアップしてみました。
まだまだ見所が一杯ありますので、ぜひ現地へ行ってみて下さい。
美しい町並みはもちろん、江戸時代中期からの建築様式の勉強にもなると思います。


帰りは元来た高速道路を引き返すのは芸が無いので、徳島市から室戸岬を回って帰ってきました。
これがまた長い道のりで、こじゃんとだれたちや(大変疲れました)。



白浜海岸

途中、東洋町の白浜海水浴場で休憩しましたが、砂浜に面白いものが3基立っていました。



どんと焼き

近づいてみると、どんど焼き竹山でした。 
門松などの正月飾りが神社のように設置され、賽銭箱まで置かれていました(^^)
こんな大きな竹山を見るのは初めてです。

これは小正月の行事である東洋町の「さぎっちょ(左義長)さん」の竹山で、 約10mの竹に色とりどりの短冊を飾り付けて、築かれた竹山に今年の家内安全を祈り、1月15日の夜明け前から焼かれます。
焼くところを見てみたいなぁ。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 28 : 58 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

假屋崎省吾の「うだつをいける」

3連休最後の成人の日、前日の雨も止んで晴れてきたので、徳島県美馬市脇町で前日から始まった假屋崎省吾の華道展「うだつをいける~悠久の美と共に~」へ行ってきました。
そう、テレビなんかでよく見る天才華道家の假屋崎省吾です。

南国ICから高速道路に入り、川之江経由で2時間弱の道のりでしたが、池田を過ぎたあたりから大雨が降っていました。



アプローチ

脇町に着くと雨は小降りになっていたので、道の駅・藍ランドうだつの駐車場に車を停め、徒歩で「うだつの町並み」の中にある展示会場・吉田家住宅へと向かいました。


傘

通路の上に美馬市伝統工芸品の和傘を飾っていました。
なかなか趣がありますね(^^)



吉田家

展示会場の藍商佐直・吉田家住宅です。
吉田家住宅について美馬市HPには、
寛政4(1792)年に創業した藍商、吉田直兵衛の家で、屋号を「佐直(さなお)」と称し、脇町でも一、二を競った豪商です。約600坪の敷地には江戸時代中期から後期にかけて建てられた母屋、質蔵、藍蔵など5棟が中庭を囲むように建っています。
と書かれています

吉田家住宅で毎年開催している「うだつをいける」は、今回で第10回目となる記念すべき展示会だそうです。


受付で入場料510円を払い、作品を撮影して良いか聞いたところOKだとのこと。嬉しいですねえ(^o^)
1階と2階に所狭しと大型作品が展示されていて、その美しさと壮大さに感動しました。
それでは、その中の幾つかをご紹介します。



作品2

美馬市のシンビジウムを使った作品です。


作品5

小枝にのっかているキュウリや瓜は、阿波和紙で出来ていました。



作品7

伝統工芸の和傘とシンビジウムを使った作品。



作品4

中庭にも作品が展示されていました。
春を感じます。



作品11

2階には和室全体を使った大型作品がたくさん展示されていました。

これらの作品はほんの一部なので、本物を観ればより感動すると思います。
会期は2月19日(日)までだそうです。



町歩き

脇町に来たのは随分前のことなので、「うだつの町並み」がどんなだったか記憶が曖昧になってきています。
よっしゃ!雨も大したことがないので町歩きをしてみよう。

次回に続く・・・



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 20 : 38 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (394)
見どころ (84)
観光 (132)
独り言 (6)
食べ物 (99)
匠 (2)
ショップの特選品 (241)
アート (11)
イベント (255)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (52)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (15)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-