假屋崎省吾の「うだつをいける」

3連休最後の成人の日、前日の雨も止んで晴れてきたので、徳島県美馬市脇町で前日から始まった假屋崎省吾の華道展「うだつをいける~悠久の美と共に~」へ行ってきました。
そう、テレビなんかでよく見る天才華道家の假屋崎省吾です。

南国ICから高速道路に入り、川之江経由で2時間弱の道のりでしたが、池田を過ぎたあたりから大雨が降っていました。



アプローチ

脇町に着くと雨は小降りになっていたので、道の駅・藍ランドうだつの駐車場に車を停め、徒歩で「うだつの町並み」の中にある展示会場・吉田家住宅へと向かいました。


傘

通路の上に美馬市伝統工芸品の和傘を飾っていました。
なかなか趣がありますね(^^)



吉田家

展示会場の藍商佐直・吉田家住宅です。
吉田家住宅について美馬市HPには、
寛政4(1792)年に創業した藍商、吉田直兵衛の家で、屋号を「佐直(さなお)」と称し、脇町でも一、二を競った豪商です。約600坪の敷地には江戸時代中期から後期にかけて建てられた母屋、質蔵、藍蔵など5棟が中庭を囲むように建っています。
と書かれています

吉田家住宅で毎年開催している「うだつをいける」は、今回で第10回目となる記念すべき展示会だそうです。


受付で入場料510円を払い、作品を撮影して良いか聞いたところOKだとのこと。嬉しいですねえ(^o^)
1階と2階に所狭しと大型作品が展示されていて、その美しさと壮大さに感動しました。
それでは、その中の幾つかをご紹介します。



作品2

美馬市のシンビジウムを使った作品です。


作品5

小枝にのっかているキュウリや瓜は、阿波和紙で出来ていました。



作品7

伝統工芸の和傘とシンビジウムを使った作品。



作品4

中庭にも作品が展示されていました。
春を感じます。



作品11

2階には和室全体を使った大型作品がたくさん展示されていました。

これらの作品はほんの一部なので、本物を観ればより感動すると思います。
会期は2月19日(日)までだそうです。



町歩き

脇町に来たのは随分前のことなので、「うだつの町並み」がどんなだったか記憶が曖昧になってきています。
よっしゃ!雨も大したことがないので町歩きをしてみよう。

次回に続く・・・



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 20 : 38 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (401)
見どころ (96)
観光 (152)
独り言 (6)
食べ物 (109)
匠 (2)
ショップの特選品 (248)
アート (11)
イベント (274)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (57)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (18)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
21位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-