うだつの町並み

前回からの続きです。
東西約400mの「うだつの町並み」は藍の集散地として発展し、江戸中期から昭和初期の85棟の伝統的建造物が建ち並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
しかし何と言っても大きな特徴は、家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの「うだつ」が多くみられることです。

それでは、うだつの町並みを西から東へ散策してみましょう



うだつの町並み

うだつの町並みの西端から少し入ると、うだつがズラッと並んでよく見える場所がありました。



うだつ

隣家との境に造られたうだつです。
うだつについてはご存じだと思いますが、おさらいしてみましょう。



うだつ説明

うだつ説明板です。
うだつは防火壁なんですが、これで本当に類焼から免れるんでしょうか?
と、うだつの上がらぬワタクシは思いました。



国見家

うだつの町並みで一番古い国見家の屋敷です。
今から310年前の宝永4年(1707年)に建てられたそうです。



店

脇町に昔から伝わる郷土菓子を売っているお店もありました。
町並みの景観に合わせた控えめな店構えに好感が持てます。



井戸

共同井戸もありました。
吉野川の近くなので水量は豊富でしょうね。



虫籠窓

一階が格子造り、二階に虫籠(むしこ)窓が設けられた屋敷です。



格子造り説明板 虫籠窓説明板

格子造りと虫籠窓の説明板です。
興味のある方はクリックして下さいね(^^)



構造

脇町図書館の近くに、うだつ実物模型が展示されていました。
内部の構造はこんなになっているんですね。

以上、うだつの町並みの様子を端折ってブログアップしてみました。
まだまだ見所が一杯ありますので、ぜひ現地へ行ってみて下さい。
美しい町並みはもちろん、江戸時代中期からの建築様式の勉強にもなると思います。


帰りは元来た高速道路を引き返すのは芸が無いので、徳島市から室戸岬を回って帰ってきました。
これがまた長い道のりで、こじゃんとだれたちや(大変疲れました)。



白浜海岸

途中、東洋町の白浜海水浴場で休憩しましたが、砂浜に面白いものが3基立っていました。



どんと焼き

近づいてみると、どんど焼き竹山でした。 
門松などの正月飾りが神社のように設置され、賽銭箱まで置かれていました(^^)
こんな大きな竹山を見るのは初めてです。

これは小正月の行事である東洋町の「さぎっちょ(左義長)さん」の竹山で、 約10mの竹に色とりどりの短冊を飾り付けて、築かれた竹山に今年の家内安全を祈り、1月15日の夜明け前から焼かれます。
焼くところを見てみたいなぁ。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 28 : 58 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (394)
見どころ (84)
観光 (132)
独り言 (6)
食べ物 (99)
匠 (2)
ショップの特選品 (241)
アート (11)
イベント (255)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (52)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (15)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-