高知大学物部キャンパスの高知海軍航空隊通信所跡


現在の高知龍馬空港の前身は高知海軍航空隊であり、1941年に旧三島村の約7割にあたる220haを強制的に接収して飛行場と関連施設が建設されました。
戦後、海軍航空隊の滑走路部分は高知空港になり、北側の兵舎等は高知大学農学部(現在の農林海洋科学部)となりましたが、現在も戦争遺跡がいくつか残っています。



駐車場

海洋コアセンターの東側に新しく出来た駐車場の地下に、海軍航空隊の耐弾式通信所跡が当時の姿のままで残されています。
地下の施設は高知大学か南国市役所の許可がないと見学出来ないので、地上部分だけ見学することにしました。

ここには、東西南北の4カ所に通信所があったそうです。
それぞれの通信所入口には、3年前に南国市教育委員会が発掘調査した後、四角いコンクリートの建造物が建っていました。



第1通信所

第1通信所入口の建造物です。
ドアには鍵が掛けられ、施設を説明したパネルが張られていました。



通信所跡1

第1通信所のパネルです。
パネルには高知大学構内戦争遺跡位置図、通信所跡分布図、通信所跡の説明と内部の写真が載っていました。



第4通信所

第4通信所入口の構造物です。
4つの構造物はほとんど同じ形をしています。

以下、第2~第4通信所のパネルを張っておきますので、戦争遺跡マニアの方はぜひクリックしてみて下さい(^^)



通信所跡2

第2通信所のパネル



DSC00549.jpg 通信所跡4

第3,第4通信所のパネル。
あれっ! 戦争遺跡位置図の方向がマチマチで、上が北になってないので見にくいなぁ。

戦争遺跡位置図に指揮所壕が載っているので見てこよう。



指揮所_edited-1

指揮所壕は高知龍馬空港との境界にある市道沿いにあります。
防風林の向こうの黒っぽい構造物が指揮所壕ですが、道路側からは木がジャマになってよく見えません。



指揮所1

北側のトヨタレンタカーとの境から見てみると「かまぼこ形」のコンクリートで被われていて、入口はどこにも見当たりません。
しかし、多くの戦争遺跡が破壊されている中で、地上と地下施設の両方が残されている貴重な遺跡です。

指揮所壕の南にある農場では、10頭以上の土佐赤牛が草をのんびり食んでいました。
この平和な時が何時までも続くことを望みます。
戦争は絶対いかんでよ! 


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
17 : 56 : 07 | 戦争の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (144)
独り言 (6)
食べ物 (101)
匠 (2)
ショップの特選品 (244)
アート (11)
イベント (265)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (168)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-