四国霊場第26番札所・金剛頂寺

遅れていた県下各地の桜が満開になりだしましたが、今日は朝から雨になりました。
天気予報では来週の火曜日までマークになっています。
どうやら今年の花見は雨に祟られそうですね。

さて今日は、先月末に行った室戸お寺巡りの続編です。
津照寺を参拝した後、海抜200mの山腹に鎮座する四国霊場第26番札所・金剛頂寺へ行ってみました。

大同2年(807年)に平城天皇の勅命を受け弘法大師によって建立された金剛頂寺は、七堂伽藍を配する重要な寺院で住職も勅命で任ぜられ、16代住職の頃、寺領は現在の室戸市全域にわたっていたそうです。



厄坂

本堂へは駐車場のすぐ近くにある厄坂を上っていきます。



仁王門

厄坂を上がると仁王門が建っています。
あれっ!仁王像の姿が変だぞ。



わらじ

通常は仁王像の立つ場所に古びた巨大な草履が掛けられ、その後ろから仁王が睨みつけていました。
巨大な草履は魔除けだそうですが、こんな大きな草履を履くのは大魔神ぐらいしかいないのでは(^^)
そりゃ、魔物も怖じるはねえ。


大師堂

本堂に向かって左方向に行くと大師堂が建っていました。
大師堂は本堂に背を向け足摺岬の方向を向いて建てられています。
その理由は省きますが、知りたい方は金剛頂寺HPをご覧下さい→



かね がん封じの棒

薬師堂の横に「一粒万倍の釜」と、「がん封じの椿御霊木」がありました。
「一粒万倍の釜」は、弘法大師が三合三勺の米を入れて炊いたら万倍に増え、人々を飢餓から救ったそうです。
100円玉入れたら100万円になるろうか(^^)

「がん封じの椿御霊木」はコブを撫でたら癌にならないそうですが、キモイ形をしていたので撫でませんでした。
昔ヘビースモーカーだったので、肺がんで死んじゃうかも(^^;)



本堂

本瓦葺き、入母屋造りの本堂です。
毎年、大晦日から正月八日にかけて、本尊の薬師如来がご開帳されるそうです。



霊宝堂

本堂の横に建っている霊宝堂です。
収蔵する木造阿弥陀如来坐像、板彫真言八祖像、銅造観音菩薩立像、金銅密教法具、金銅旅壇具、銅鐘、金剛頂経などはすべて国指定重要文化財だそうです。



鐘撞き堂

本堂庭園の右側に建っている鐘楼堂です。



鯨供養塔

捕鯨八千頭精霊供養塔です。
室戸市は江戸時代から昭和初期まで捕鯨のまちとして栄えましたが、あの大きな鯨が8千頭とは結構大きな数字だと思います。
金剛頂寺は鯨の供養塔があることから、別名「クジラ寺」と呼ばれているそうです。

金剛頂寺には他にも見所が色々ありますので、室戸方面に行った時にはぜひ立ち寄ってみて下さい。
境内下の霊園から見る風景も絶景ですよ(^^)


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 25 : 46 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (137)
独り言 (6)
食べ物 (100)
匠 (2)
ショップの特選品 (243)
アート (11)
イベント (259)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-