火縄銃演武と一領具足供養の碑

「長宗我部まつり」のメインイベントの一つである豊後大友宗麟鉄砲隊の演武が始まりました。
今を遡ること430年近く前の豊臣時代、九州豊後(大分県)の大友氏は島津氏の圧迫を受けていました。
長宗我部元親は長男信親と共に豊臣軍の一員として大友氏を支援し、戸次川の戦いで島津氏に敗れ信親を亡くしています。
豊後大友宗麟鉄砲隊の皆さんは、その時の返礼として長宗我部まつりで火縄銃の演武を披露して下さっています。 大分県の人は何と義理堅い(^^)


火起こし

派手な陣羽織を着た武者が火縄に火を付けているところです。
火縄は木綿糸をよって作っているそうです。
リーダーが火縄銃の構造、当時の戦の仕方、歴史などを素晴らしい口上で説明してくれます。
小さな鉄砲から順番に説明と演武がありました。


短銃

これは馬上で扱いやすく銃身を短くした火縄銃を発砲したところです。
これくらいの小さな鉄砲でも、ビックリするような大きな音がします。


銃の説明

通常の大きさの火縄銃で、戦で使うのはこれくらいの大きさの鉄砲だそうです。
武将の着ている鎧にクルスが付いているのは、大友宗麟がキリシタン大名だったからです。


前列発射

三列に列んで前列が発砲しているところです。
火縄銃は連射が出来ないので、実際の戦では何列か横に列び順番に撃ったそうです。


大型銃

これは重さが20kgもある大筒で、持って撃てる最大の鉄砲だそうです。弾の大きさはゴルフボールほどあるとのこと。


大型銃発射

大筒を発砲した瞬間です。ドーンという耳をつんざく音がしました。


一斉射撃

これは全ての鉄砲を撃ったところです。
ドンッ!ドドーンと耳をつんざき身体を揺るがす音がしました。すごいです

こうして火縄銃の演武は終了しました。豊後大友宗麟鉄砲隊の皆さん、2日間ご苦労様でした。

ところで長宗我部軍は一領具足といって、半農半兵の兵士だったことは有名な話しです。
その一領具足に関する史跡が、桂浜の近くにあるので帰りに寄ってみました。


石丸神社

桂浜花街道の東詰を北に20m位入るとこのような小さな祠が建っており、説明板には下記のように書かれています。

石丸神社
 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦後、遠州(静岡県)掛川城主山内一豊土佐の国主となる。
 長宗我部の浦戸城(龍馬館建設地)明け渡しに際し「旧主のためにせめて一郡でも」と主張し頑強に抵抗したが悉く討ちとられ、12月5日浦戸城は接収された。
 この抵抗した一領具足の273人の首は塩漬けにして12月晦日、大阪の井伊直政のもとへ送られた。その胴体を埋葬し後に石丸塚として祀られたところ(西北20米)に地元の有志(5名)によって建立された小祠が「石丸神社」である。
 昭和33年桂浜慣行道路建設の際に、現在地に移された。


何とも凄まじい話しです。いわゆる浦戸一揆のことですよね。


6体地蔵

そして石丸神社のすぐ東には、浦戸一揆で討ち取られた一領具足を供養するため六体地蔵が建てられています。


DSC07138.jpg DSC07140.jpg

六体地蔵の東には、浦戸一揆で討ち取られ首を取られた一領具足の胴体を埋葬した石丸塚と、 一領具足供養の「忠魂不滅」の碑が建っています。
碑には土井晩翠の詩が刻まれています。
どんな詩か読んでみようとしましたが、文字がハッキリしないので諦めました。


供養の碑

そして、六体地蔵前広場の隅に、一領具足供養の碑が建っています。、

碑文です。
一領具足供養の碑
 慶長5年関ヶ原の戦後、浦戸城明け渡しを拒んだ一領具足達は重役家臣団と対立して戦い物頭竹内惣左衛門始め273人が殺され、ここに長宗我部400年の栄光の幕を閉じた。この土地は一領具足の指導者吉川善介 徳井左亀之助 池田又兵衛 野村孫右衛門 福良助兵衛 歳岡彦兵衛 下元十兵衛 近藤五兵衛が常なる役所に集まり居て評定中を襲われて討たれた所で、首は他の者とともに大阪に送られ胴体は石丸塚としてここに葬られた。
 世にこれを浦戸一揆という。


これらの史跡はうっかりすると通り過ぎてしまうような場所にありますが、歴史に興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。
ここは相当のパワースポットであるような


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
14 : 56 : 37 | イベント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<地震体験車 | ホーム | 第3回長宗我部まつり>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/05/01 13:01 * [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1142-c82dca72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (401)
見どころ (103)
観光 (152)
独り言 (6)
食べ物 (109)
匠 (2)
ショップの特選品 (251)
アート (11)
イベント (278)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (57)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (32)
戦争の記録 (18)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-