手結山のお茶屋餅

南国市方面から国道55号線の手結山(ていやま)の坂を上がり、トンネルの西入口に江戸時代の天保八年 (1837)に創業して以来170年余りの伝統を持つお餅屋さんがあります。
子どもの頃食べた「手結のお餅」が懐かしくなり、8月16日の震洋隊慰霊祭へ行く途中に寄ってみました。


標識

香南市夜須を過ぎて手結山を登っていると、左に「お茶屋餅」の看板が見えます。
ここのお餅屋さんは、その日に作ったお餅を売り切れば店を閉めるので午後に通ると閉まっていることが多いのですが、この日はラッキーなことに営業していました。
遠くに見えるのは旧道のトンネルで、お餅屋さんには手前の矢印のところを入ります。


餅屋

ここが高知県人なら誰もが知っている手結のお餅屋「澤餅茶屋」さんです。
手結山には参勤交代の時、山内のお殿様が休んだお茶屋があり、それが屋号の由来らしいです。

お店に入ると奥の方でお餅を作っていて、5個入りと10個入りを売っていました。
それで、家族の分も含めて10個入りを買いました。750円なり。


住吉漁港

ここは江戸時代初期に土佐藩の要職にあった野中兼山が築いた掘り込みの手結港です。石積みの歴史を感じさせる港で、映画「県庁おもてなし課」のロケ地にもなりました。
慰霊祭が終わりここに来たのは、歴史ある港を見ながら歴史あるお餅を食べるためなんです(^o^)


パッケージ

休憩所の石腰掛けの上に置いた「お茶屋餅」です。
パッケージも歴史を感じさせますよね。
製造元である澤餅茶屋さんの住所と電話番号も書かれています。


餅

これが10個入りのお茶屋餅です。
あんこは北海道産の小豆を原料に自家製造した「こしあん」で、国産の上質なもち米でつき上げた柔らかい お餅です。
ごらんのように薄く、手にするとふにゃりとした感触です。
パクリ! うんまい!!  ニッキ(シナモン)の風味が食欲をそそり、一挙に3個も平らげました。メタボが止まらんっ(^^;)

皆様、手結山を通る時にはぜひ寄ってみて下さい。
午後には売り切れている事が多いと思いますが(^^)

関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 09 : 00 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もち処 黒岩のどら焼き | ホーム | 手作り提灯&月見の会>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1183-dff08c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (400)
見どころ (93)
観光 (149)
独り言 (6)
食べ物 (106)
匠 (2)
ショップの特選品 (246)
アート (11)
イベント (271)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (56)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-