琴平山の戦争遺跡

南国市三和地区の琴平山には終戦間近に本土決戦のための陣地が築かれていました。
一昨日、琴平神社に参拝に行った時、何年ぶりかに陣地跡を見てきました。


表忠碑

琴平神社から山の尾根を数十メートル東に行くと、木々が切り開かれ立派な表忠碑が建っています。
近づいてみると「陸軍大将一戸兵衛書」と刻まれていました。
一戸兵衛は「坂の上の雲」にも登場する軍人で、日露戦争で旅順を攻略したことで有名です。
この碑、いつ頃誰が建てたのでしょうか。

この碑の周辺が琴平山陣地で、砲台、防空壕、トーチカ、塹壕などが縦横に配置されていたそうです。
その多くは戦後GHQの指示で破壊されましたが、その痕跡が今でも何カ所か残っています。


塹壕

表忠碑の少し西の北斜面に掘られた塹壕です。
70年の間に、塹壕には土や木の葉が大量に積もっていました。


防空豪跡

塹壕は防空壕につながっていて、防空壕の入口はコンクリートで塞がれていました。
そして防空壕から10mくらい下手には…


注意書き

南国市が作った古い「注意書き」です。
この注意書きのおかげで、ここが防空壕の跡であることが分かりました。


トーチカ跡

表忠碑を2,30m南東に下ったところに、破壊されたトーチカの跡があります。
伐採した樹木に隠れていてよく見えませんが、大小のコンクリート塊が埋まっていました。


がれき1 がれき2

破壊されたコンクリートの塊です。
70年間放置されたままのようです。


空港方向

トーチカは、海軍航空隊の飛行場だった高知龍馬空港の方向を向いて構築されていました。
このトーチカは飛行場を護るため造ったと思われます。


塹壕跡

トーチカの裏手には曲がりくねった塹壕が掘られていました。
土砂や木の葉が堆積していますが、深さは2m以上あるようです。
この塹壕は、トーチカへの弾薬補充や連絡に使われたと思われます。
塹壕は銃弾や爆風からの被害を少なくするため、クランク状に折れ曲がっています。


池

表忠碑と琴平神社の間に小さな池がありますが、これは砲台の竪穴跡に水が溜まったものだそうです。
もし仮に連合軍(米軍)が土佐湾に上陸していたら、上陸前の艦砲射撃と空爆によって、琴平神社も陣地も跡形なく吹き飛んでいたことでしょう。
戦後70年、戦争への道は断固拒否しなければと思います。


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
15 : 14 : 51 | 戦争の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お婉堂(野中神社) | ホーム | 猫神社>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1439-036115db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (136)
独り言 (6)
食べ物 (100)
匠 (2)
ショップの特選品 (243)
アート (11)
イベント (259)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-