自然王国 白滝の里

南国市から約1時間半で白滝鉱山跡に整備された自然王国 白滝の里に着きました。
二十年以上前に来たときの記憶は曖昧ですが、1972年に白滝鉱山が閉山されて20年くらい経っていて、赤茶けた鉱山施設や人の住んでいない社宅などが残っていました。
今はどうなっちゅうろう?


案内図

自然王国の入り口に立っている案内板を見てみると、自然教育センターやスポーツコミュニティセンターなどの教育施設やキャンプ場などがあるようです。
あっ!上の方に「里の茶屋」があるぞ! まだ昼食食べてないんで行ってみよう。



施設

急な坂道をどんどん登っていきます。
自然教育センターやその周辺には沢山の車が止まっていました。
今日は何かイベントでもしゆうがやろか?


里の茶屋

里の茶屋は坂道を上り詰めたところにありました。営業中と出ていますが、午後2時近くとあってお客さんはいないみたいです。
さぁ、入ってみよう!


店内

店内の様子です。
四国山地のど真ん中に、このような素晴らしいレストランがあるのに驚きました。
大川村の特産品コーナーもありました。


メニュー

壁に掲げられたメニューです。
大川村特産の大川黒牛土佐はちきん地鶏を使ったメニューが多いです。
でも、思わずそばをオーダーしてしまいました。


そば

お客さんが私一人なので、すぐにそばが出て来ました。
これで430円とはリーズナブルです。

ワタクシ:このそばまっこと美味しいですねぇ。大川産のそばですか?
おばちゃん:いいえ違いますよ。でも美味しいと評判のそばを使っています。
そこでワタクシ:大川村の物も食べてみたいので、次に「はちきん親子丼」をお願いします。



親子丼

これが大川村特産の土佐はちきん地鶏をふんだんに使ったはちきん親子丼です。
柔らかく癖のない鶏肉と、絶妙に味付けされた卵とタマネギが絶品でございました。

ワタクシ:超美味しかったです。ところで一番人気は何ですか?
おばちゃん大川黒牛の牛丼です。若い人はほとんどこれです。親子丼は年配の人に人気がありますね。
ワタクシ:納得しました(^^;)


自然教育センター 体育館

お腹がパンパンになり、次に行こうと思ったのは自然教育センタースポーツコミュニティセンターですが、「井上あずみ&ゆーゆ」のコンサートをやっていて入れませんでした。
車が多かったのはこのせいだったんか! 
でも、有名な歌手がこのような山奥でコンサートとは素晴らしいっ(^^)

それで、次に行ったのが総合運動場です。
ここでは毎年11月3日に、特産の「大川黒牛」と「土佐はちきん地鶏」を腹一杯食べられる「謝肉祭」が開催されていて、村人口の3倍以上の1500人が集まります。
そしてすぐ下には、土佐はちきん地鶏を飼っている鶏舎があります。


鶏舎

ここがはちきん地鶏の鶏舎です。
地面の白い模様は伝染病予防の消毒剤で、部外者は進入禁止になっていました。



グラウンド

鶏舎のすぐ上にある総合運動場です。
急峻な谷間に出来たこの運動場は、鉱山から出たズリを埋め立てたものです。
それにしても広いです。野球場がスッポリ一つ入ります。


牛舎

総合運動場の南方向には大川黒牛の牛舎が見えました。
すごいっ! こんな急峻な山で飼っているのか。
牛が転げて谷に落ちないか心配です。


地震観測施設

総合運動場の周りに鉱山遺跡はないか探しているとこんな施設が目に入りました。
鉱山の廃抗ではないかと思いましたが、坑道を利用した地震観測施設でした。
廃抗がこんな形で有効利用されているんですね(^^)


鳥居

総合運動場の西隅にはこんなに朽ちた鳥居が立っていました。
階段の上には神社が建っていましたが、霊気を感じてよう登りませんでした(^^;)


白滝の里

総合運動場からの帰りに自然王国の自然教育センターがよく見える場所があり、ちょうど白い霧に覆われようとしていました。
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ♪もうすぐ外は白い霧♪


廃墟
廃墟1 廃墟2

上の3枚の写真は二十年以上前に訪れた時の白滝鉱山跡です。
こんなに寂れた廃墟が素晴らしい自然王国 白滝の里として蘇っていました。
皆様も、ぜひ訪れてみてください(^^)


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
16 : 33 : 31 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<四方竹肉巻きフライが四国食1グランプリへ | ホーム | 「自然王国 白滝の里」への道>>
コメント
里の茶屋の上にσ("ε";) ボクが住んでた社宅が昔は有りました

20年前の写真の上
懐かしいですo(*^▽^*)oあはっ♪

by: ka-min * 2016/05/31 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
ka-min様

里の茶屋、見晴らしの良いところですね。今度は牛丼を食べに行ってみたい!

3枚の写真はどこのあたりを撮ったのか忘れましたが、ka-minさんなら判るのでは?
by: なんこくまほら * 2016/05/31 09:41 * URL [ 編集] | page top↑
凄い所ですね。
こんばんは。
20年前の写真が掲載されているので、分かりやすいですね、20年でどんな変化を起こせるのかが。
山の連なりを見ると、「変化を起こす」と云ってもそう簡単には行かなかったでしょうから、関係者の方々は相当苦労をされたでしょうね。
by: yokoblueplanet * 2016/05/31 16:42 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanet様

ここは四国山地の頂上部に位置していて、山が急峻で谷も深く、高知県で最も険しい所です。

大川村は人口400人しかありませんが、よく頑張っていると思います(^^)
by: なんこくまほら * 2016/05/31 19:19 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1514-faf5d33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (137)
独り言 (6)
食べ物 (100)
匠 (2)
ショップの特選品 (243)
アート (11)
イベント (259)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-