10年ぶりの平山郁夫美術館

先週の金曜日から3日間、プライベートな用事で広島市に行っておりました。
通常、広島へ行くには瀬戸大橋を渡って行きますが、今回は久しぶりに「しまなみ海道」を通ることにしました。
理由は、約10年間行っていない平山郁夫美術館へ寄るためです。



昼食

正午に家を出て、午後2時ごろ松山道の石鎚SAのレストランで少し遅い昼食をとりました。
これは秋季限定の「秋月歌」というメニューです。
量も多く美味しかったのですが、ソーメン以外は酢の味付けだったので、舌に染みついた酸っぱさが中々消えませんでした。



門

天気も良く、美しい瀬戸内海や幾つかの橋を渡り生口島南ICを下りて、生口島を南回りで瀬戸田の平山郁夫美術館に着きました。
美術館は日本調の建物ですが、入口も日本調で趣があります。



曼珠沙華 ヤブラン

本館へのアプローチには秋を彩る色々な花が咲いていましたが、珍しい白い曼珠沙華ヤブランを撮してみました。
曼珠沙華の花言葉は多数ありますが、白い曼珠沙華の花言葉は「思うはあなた一人」と、「また会う日を楽しみに」の2つだけだそうです。



仏教伝来

ロビーには代表作「仏教伝来」の「原寸大陶板画」を展示していました。
展示室の撮影は禁止されていますが、ロビーは撮影可だったので撮しました。

館内では3つの展示室で「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」展を開催中でした(10月7日まで)
第1展示室「平山郁夫の歩み」
第2展示室「平山郁夫の原点 瀬戸内・しまなみ海道」
第3展示室「平山郁夫の原点 シルクロード」

平山郁夫は「私の原点は瀬戸内の風土である」と言っていたそうですが、瀬戸内の風景や島に架かるしまなみ海道の美しい橋、シルクロードの風景や人物を幻想的な画風で描いていました。



団体

平日の午後4時過ぎでもあるのにかかわらず、館内では大勢の入館者が作品を鑑賞していました。
上の写真は、団体客が平山郁夫についての説明を受けているところです。



因島と佐木島

生口島の北海岸から因島佐木島方向を見たところです。
少年時代の平山郁夫の感性は、この美しい瀬戸内の風景によって育まれたんですね(^^)



公園1

ところでこの風景は??
広島市のとある公園に、スマホを持った大人と子どもが100人以上集まっていました。
ここは多くの種類のポケモンが次々に捕獲出来る場所だそうで、深夜にも多くのポケモンファンが集まっているそうです。
バーチャルと現実が混合した世界で、果たして青少年の豊かな感性が育まれるでしょうかねぇ(T_T)


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 40 : 18 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しょうが柚 | ホーム | 津波避難タワーと市内観光IN南国市>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1569-d9c48d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (136)
独り言 (6)
食べ物 (100)
匠 (2)
ショップの特選品 (243)
アート (11)
イベント (259)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-