龍馬の墓&ねねの寺&祇園のくずきり

清水寺から3年坂と2年坂を下りて、龍馬が眠る霊山護国神社へ向かいました。


三年坂 二年坂

上から写した3年坂と、下から写した2年坂です。
2つの坂の両側には古いお店や民家が建っていて、京都らしいと外国人にも人気があります。



維新の道

緩やかな傾斜の維新の道を上がると霊山護国神社があり、神社の上の傾斜地に 明治維新に尽くした志士達約1000名を祀る墓が立っています。



道標

墓地の石畳を少し上ると、坂本龍馬と中岡慎太郎の墓所を示す道標が立っていました。



墓全景

龍馬と慎太郎の墓所です。
向かって右に、2人の名言を刻んだ土台の上に円山公園にある銅像のミニチュア版が置かれ、鳥居の奥に2人の墓石が並んで立っています。



二人の墓

向かって左が坂本龍馬、右が盟友中岡慎太郎の暮石です。
明治維新に大きな影響を与えた二人にしたら、以外に簡素な墓でした。
龍馬と慎太郎は、実際にこの場所に埋葬されています。

すぐ近くに吉村虎太郎と天誅組の墓もありましたが、こちらも墓石が風化した簡素な墓でした。



町並み

龍馬と慎太郎の墓所前からは京都の街並みが一望できます。



霊前歴史館

龍馬の墓のすぐ下側に、維新の志士や幕府側人士の資料を総合的に展示している 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」が建っています。
秋の特別展として「龍馬~未来への旅立ち」を開催中でしたが、時間の関係でパスしました。


龍馬の墓の次に行ったのは、秀吉の正室・北政所(ねね)が秀吉を弔うために開創した高台寺です。



庭園 (2)

国の史跡・名勝に指定されている高台寺の庭園です。
開山堂へ架かる廊橋に設けられた観月台が、見事な景観を作りだしています。



開山道

開山堂を真正面から見た所です。
内部の撮影は禁止されているので写真はありませんが、天井には北政所(ねね)の御所車の天井と、秀吉が使った屋形船の格子天井がそのまま用いられています。



霊屋

秀吉と北政所を祀っている霊屋(おたまや)です。
内部には桃山時代の漆工芸の粋を集めた蒔絵が施されています。



八坂神社

高台寺を出た後、近くの八坂神社を参拝しました。
大分歩いたので少し足が疲れてきました。何か甘いもんが食べたい!
と言うことで、葛切りで有名な祇園の老舗・鍵善良房へ行きました。


DSC05298.jpg

これが鍵善のくずきりです。
黒糖を使った黒蜜に浸して食べるともちっとしたコシがあり、ツルツルとした喉ごしで美味いのなんのって(^^)
疲れがいっぺんで吹き飛んだ気分になったので、もう一踏ん張り歩いてみよう。


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 15 : 35 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<祇園&銀閣寺 | ホーム | 修学旅行生で溢れる清水寺>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1587-0ab11ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (400)
見どころ (93)
観光 (149)
独り言 (6)
食べ物 (106)
匠 (2)
ショップの特選品 (246)
アート (11)
イベント (271)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (56)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-