高知コアセンター

前記事の続きです。
高知大学一日公開で、南国市物部の農林海洋科学部を見学した後、同キャンパスの北側にある高知コアセンターへ行きました。



コアセンター1

ここが高知大学の海洋コア総合研究センターと、海洋研究開発機構の高知コア研究所が共同運営する高知コアセンターで、世界でも最先端の研究施設です。

それでは内部に入ってみます。



玄関フロア

玄関を入った一階フロアには沢山の資料やパネルが展示されていました。



模型 コア

地球深部探査船ちきゅうの模型と、「ちきゅう」が採取した海洋コア資料です。
「ちきゅう」は海面下一万メートルまで掘削でき、世界各地で掘削した海洋コアが高知コアセンターに保管されています。

海洋研究開発機構の、地球深部探査船「ちきゅう」の紹介です。
「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。「ちきゅう」は、国際深海科学掘削計画(IODP)の主力船として地球探査を行っています。
地球が水と生命に恵まれたオアシスであることを我々は既に知っています。しかし、過去46億年の地球の歴史で繰り返されてきた、隕石衝突、地震、火山噴火、津波、異常気候の発生は、地球上の生命に多大な影響を及ぼしてきました。
過去の気候変動、生物の活動、地殻変動の経緯を如実に物語る痕跡を地球はその内部に記憶しています。「ちきゅう」は、巨大地震発生のしくみ、地球規模の環境変動、地球内部エネルギーに支えられた地下生命圏、新しい海底資源の解明など、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています。




室戸沖

「ちきゅう」は現在室戸沖にいて、掘削作業や研究している時の写真を貼ったパネルを展示していました。

それでは、順路に従って見学してみましょう。



液状化 スリーD

左の写真は容器に入れた砂に水を加え、振動させて液状化の実験をしているところです。
液状化って簡単に起きるんですね。
右は、高知県各地に残る津波記念碑が風化し判読できなくなった文字を、コンピューターで再現し観察しているところです。



マイナス20℃

海洋コアをマイナス20℃で保管している倉庫も一般公開し、見学者の長い行列が出来ていました。
ワタクシ、10年近く前に入ったことがあるので今回はパスしました。
風邪を引くと明後日に予定している釣りに響きますからね(^^;)



実験

子ども達が海や地底に棲んでいる微生物を顕微鏡で観察したり、色々な実験をしているところです。
この中から未来の科学者が生まれるかも知れませんね(^o^)


氷

キレイな敷石の上に、南極の氷を展示していました。
氷は空気の気泡をたくさん含んでいて、耳を当てるとパチパチと音を立てて放出していました。
南極の氷は降り積もった雪が、長い年月を経て氷になったそうです。



廊下

通路の両側には、世界最先端の研究室が並んでいました。
窓から中が見える研究室もありましたが、秘密保護法に触れるかも知れないので写真には撮りませんでした。←ジョークです(^^;)



分析機1

隕石の成分を分析する機器です。
係の人に「一台3000万円くらいですか?」と聞くと、もう一つゼロが付くということでした。
同じような機器がもう1台あったので、この研究室の機材だけで10億円近くなると思います。
すんごい! やっぱり国はお金持ち。



隕石

石鉄隕石を電子顕微鏡で覗いてみました。
わおっ! キレイ!!

高知コアセンターは、国際深海科学掘削計画におけるコア保管分析の国際拠点になっているそうです。
そして南海トラフ地震発生帯掘削計画によるコア試料の保管・管理も行っているそうです。
いやぁ、すんごく勉強になりました(^^) 



20110624163356472[1]
(2006年1月15日に高知新港で撮影)

尚、地球深部探査船「ちきゅう」ですが、11月12日(土)と13日(日)に高知新港で一般公開されます。
既に申込み期限は過ぎていますが、間近で外観を見ることが出来るので、興味のある方は行ってみてはどうでしょうか。


速報
 全国ゆるキャラグランブリ2016で、須崎市の「しんじょう君」が優勝しました。
 おめでとう、しんじょう君(^_^)v


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
17 : 43 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<貰った魚で出刃おろし | ホーム | 高知大学一日公開へ行ってみました>>
コメント
南極の氷っ!
あゝ憧れの南極(寒がりのくせに)
その氷には何千年何億年も昔の空気が含まれてて
今パチパチしてるんですよね
ロマンだわ(ФωФ)
by: 秘密のさいこちゃん * 2016/11/07 12:13 * URL [ 編集] | page top↑
秘密のさいこちゃん様

ワタクシにとって南極と言えば、やっぱりタローとジローの「南極物語」ですね。再会シーン、感動もんでした。

南極の氷は平均2500mの厚さがあるそうなので、温暖化で溶けたら世界中のほとんどの都市が水没してしまいますね。← ロマンのひとかけらもない発想(^^;)
by: なんこくまほら * 2016/11/07 20:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/1597-c3acc5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (396)
見どころ (91)
観光 (147)
独り言 (6)
食べ物 (102)
匠 (2)
ショップの特選品 (245)
アート (11)
イベント (266)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (55)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-