手作りキャンドル教室ランタン編

今日は夏休みの宿題対策に「ごめん・よってこ広場」で開催しているワークショップ手作りキャンドル教室ランタン編の報告です。 前回のスイーツ編はこちら


教室

上の写真は、flurfayの藤岡さわ先生がランタンの作り方を説明しているところです。

それではどのような材料と器具を使って、どんな工程でランタン型キャンドルを作るか見てみましょう。


鍋 シート

左の写真は、加熱されたお鍋に入っている溶けたロウで、ランタンの本体に使うそうです。
右は藤岡先生が事前に作っておいた、様々な色をしたロウのシートです。


型 牛乳パック

左は色々な形をした型抜き用の器具で、右は半分に切った牛乳パックです。
基本的な材料と器具はたったのこれだけです。


型抜き

まず最初に、ロウで出来たシートから型抜き器具でランタン本体に埋め込むパーツを切り取っています。


星月 内張

左の写真は切り取ったパーツで、右はそれを牛乳パックの裏面に貼り付けたところです。
この後、溶けたロウを牛乳パックに注ぎ込み、冷水で冷やして外側が7,8mm固まったところで溶けているロウを別の容器に移します。

そして完全にロウが固まった段階で…


剥離

ランタン外側の牛乳パックを剥がします。
この写真は、小学校低学年の児童が牛乳パックをビリビリと破いているところです。
するときれいな色のランタンが姿を現しました(^o^)


飾り

次に、ランタン本体をデコレーション用のロウで飾って、ハイ出来上がり!


完成

これは別の児童の作品を上から写したものですが、ランタンの中にロウソクのに芯なる部分をはめ込んだ完成品です。
ランタン型キャンドルは、中で火が灯るとステンドグラスみたいに淡いきれいな光を発してくれるそうです。


作品

こどもたちの作品です。本当にかわいいランタンですね(^^)
一番右上のランタンは男の子の作品で、秋はハロウィン、冬はクリスマスというように、四季をイメージして作ったそうですよ。

このランタン型キャンドルは芯に火を付けても本体が溶けることはないので、何回もランタンの淡い光を楽しむことが出来るそうです。


記念写真

最後にみんなで記念写真を撮りました。
今回は小学校低学年から高学年までの6人が参加しましたが、参加者が少人数だった分アットホームな雰囲気の教室になりました。


関連記事
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
15 : 52 : 21 | 後免町活性化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<幻のショウガクッキー | ホーム | 夏休みのワークショップ「木工教室」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://soraeki.blog84.fc2.com/tb.php/970-b9048b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (400)
見どころ (93)
観光 (150)
独り言 (6)
食べ物 (106)
匠 (2)
ショップの特選品 (246)
アート (11)
イベント (272)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (56)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-