ギザからダハシュールまでのピラミッド群

エジプト2日目は、午前中にギザの三大ピラミッドとスフィンクスを観光し、午後からメンフィス博物館、サッカラ・ダハシュールのビラミッド群を観光しました。



DSC06771.jpg

先ず最初にクフ王のピラミッドの玄室に入る為、ゲート開門と同時にクフ王のピラミッドに向かいました。玄室への入室は1日300人限定になっています。
クフ王のピラミッドは三大ピラミッドの中で最大で、高さは146.6mあったそうですが頂上が崩れて現在の高さは138.8mだそうです。
頂上に建設当時の高さを示す鉄柱のようなものが立っています。←写真をクリックすればはっきり見えます。




DSC06773.jpg

ピラミッド内部への本来の入口は写真中央部のすこし上ですが、今は大きな岩盤で封鎖されており、現在の入口はその右下の盗掘用の穴を利用しています。

玄室までの通路は入口近くは比較的広く高さもありますが、途中から幅が狭まり前かがみにならなければ進めない急坂が30mくらい続きました。
ピラミッド内部は相当精密に石が積み上げられ、玄室の壁には隙間一つありませんでした。
ピラミッドには2トンから30トンまでの石を230万個も使っているそうですが、重機の無い4500年前によくぞこれだけの構造物を造ったものです。
王のミイラを納めた玄室は、いわば世界最大のパワースポットではないでしょうか。

ピラミッド内部から外に出ると、土産物売りのおじさんがしつこく迫ってきます。
絵はがき10枚入りが1ドルだというので1セット買うと、おまけに2セットくれました。やった~、1ドルで3セット買えた!
ところがその後が大変。他の売り子が何人も集まってきたので、ほうほうの体でその場を逃れました。



DSC06809_edited-1.jpg

パノラマポイントから見たギザの3大ピラミッドです。
砂煙でぼやけているのが残念です。
真ん中のカフラー王のピラミッドが左のクフ王のピラミッドより高く見えますが、これはカフラー王の方の台地が高くなっている為です。



DSC06800.jpg

ギザの3大ピラミッドで一番保存状態の良いカフラー王のピラミッドです。
頂上の一部に白い化粧石が残っています。

この後、スフィンクスを見にバスで移動しました。



DSC_0109_edited-2.jpg

ギザの大スフィンクスはライオンの身体と人間の頭を、1枚の石灰岩から彫り出した世界最大の像です。
頭の部分だけ別の場所から運ばれてきたので、頭が少しずつ後ろに傾いているそうです。
それにしてもでかいっ!



DSC06856_edited-1.jpg

スフィンクス正面の両足の間に石碑が建っていて、ヒエログリフが刻まれています。
ガイドさんの説明によると、これは「夢の碑文」といわれるものだそうで、「即位前のトトメス4世がここで眠っていると夢の中にスフィンクスが現れ、お前を王にしてやるから私を埋めている砂をどかしてくれと言われ、砂をどかすとスフィンクスが姿を現し、トトメス4世は王になることが出来た」という様なことが書かれているそうです。

もともとスフィンクスは石灰岩を彫り下げて造っているので、度々砂に埋もれ全身を現したのは1926年のことだそうです。



DSC_0111.jpg

スフィンクスと3大ピラミッドが同時に見える場所から撮った写真です。

この後、レストランで昼食をとりダハシュールへ向かいました。



DSC06899.jpg

カイロの市街地を離れるとこのような田園風景が広がります。
緑色の植物はクローバーで、ヤギなどの家畜を飼いながら地力の回復を図っているそうです。
アスワンハイダムが出来てから洪水は起きなくなったが、肥沃な土が流れてこなくなったので土地が痩せてきたそうです。



DSC06890.jpg

ダハシュールの「屈折ピラミッド」です。
設計を間違えて急な角度で石を積んだので、頂上まで積むことが出来ないと判断し途中で傾斜を緩くしたと考えられているそうです。
クフ王の父スネフル王のもので、白い化粧石がきれいに残っています。



DSC06897.jpg

同じくダハシュールの「赤のピラミッド」です。
このピラミッドもスネフル王が建設し、赤い石を使っているので「赤のピラミッド」と言われています。
ピラミッドの下部に、砂が風で吹き寄せられています。



DSC06904.jpg DSC06920_20180131015330b93.jpg

次にメンフィス博物館へ行きました。
屋内に展示されているラムセス2世の巨大な涅槃像と、屋外展示場の立像です。
涅槃像はツルツル・ピカピカでした。



DSC06917.jpg

博物館の敷地内にこんなスフィンクスが鎮座しています。
アラバスター(雪化石膏 大理石の一種)で出来ていて、エジプトでギザのスフィンクスの次に大きいそうです。
それにしても1番と2番に差がありすぎます(^^)



DSC06931.jpg

次に行ったのが、サッカラのエジプト最古のピラミッドである階段ピラミッド
このピラミッドはジョセル王(在位 前2668年~前2649年)のもので、6段に積まれ高さは60mだそうです。
所々に補修のための櫓が組まれていました。



DSC06986.jpg

最後にサッカラのアークナトンカーペットスクールへ寄りました。
エジプトはカーペットの産地でもあり、子ども達にカーペットの織り方を教える「カーペットスクール」が幾つもあるそうです。

看板にアラビア語、日本語(カタカナ)、英語で校名を書いていますが、エジプトに来て初めて日本語を見ました。
どうやらここには大勢の日本人が訪れているようですね(^^)



DSC06972.jpg

ここでは8~15歳の子供たちがカーペットの織り方を学んでいました。 写真の女の子かわいいっ!
どうして小さな子ども達かというと、子どもは指が細くて小さいのでカーペットの細かい折り目の糸を上手に操れるからだそうです。

二階はカーペットの販売所になっていて撮影禁止でしたが、大小様々な模様のカーペットが所狭しと置かれていました。
観光客用のプライスなので決して安くはありませんが、日本で買うのに比べると格安だそうです。

次回へ続く。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
15 : 51 : 17 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

エジプト考古学博物館

先々週の金曜日から8日間、少年の頃から憧れていたエジプトへ行ってきました。
真夜中の午後11時過ぎに関西国際空港を飛び立ち、ドバイ経由で約18時間後にカイロ空港に着きました。



カイロ

カイロに到着したのが現地時間の午前11時前だったので、初日は午後からエジプト考古学博物館を見学しました。
上の写真はバスでエジプト考古学博物館へ向かっているところですが、驚いたことにエジプトの道路には信号機や横断歩道がほとんど無く、車線も引いていませんでした。
ドライバーは車道の空いている所を自由に走っていますが、割り込みが多く事故が起きないのが不思議です。



博物館

正面から見たエジプト考古学博物館です。
館内には約16万点に及ぶ古代エジプト文明の遺品や美術品が展示されています。
それらの中で、ツタンカーメンの黄金のマスクや棺を展示している特別室とミイラ室以外は、撮影料50ポンドを支払えば写真撮影が許されていました。



ラムセス2世

入館するとすぐに、古代エジプト最強のファラオといわれているラムセス2世の像が立っていました。
なかなかのイケメンで優しい顔をしています。



カフラー王座像 ハト7

ギザの3大ピラミッドで有名なハスラー王(前2500年頃)の座像と、古代エジプト唯一の女性ファラオであるハトシェプスト女王(前1470年頃)の頭部です。



書記座像

パピルスの巻物を膝に載せた書記座像です。
書記は当時エリートだったそうです。



夫婦

紀元前2600年頃の神官ラーヘテプネフェルトの座像です。
エジプト美術史上で最も美しいと言われる夫婦の像だそうです。


一階の展示物を急ぎ急ぎ見た後、二階のツタンカーメンの副葬品を見学しました。
1922年に発見されたツタンカーメンの墓は、それまでに略奪にあっていない完全な姿で発見され、約2500点の副葬品も見つかっています。


第2の厨子

ツタンカーメンのミイラが納められていた第2の厨子です。



女神

第2の厨子壁面に描かれた女神です。
女神の美しさが際立っています。



カノポス厨子

これはカノープスの厨子と呼ばれ、王の内蔵を入れたカノープスの壺をおさめました。
厨子の4つの側面には一人ずつ女神が立っていて、内蔵を守っています。



カノプス壷

雪化石膏(アラバスター)の容器の中で、4人のツタンカーメンが顔を突き合わせたように見えるカノープスの壺です。
古代エジプト人は、王が死後の世界で生きるのに内蔵が必要であると考えていたそうです。



アヌビス

ツタンカーメンの墓の中から見つかった冥界の神であるアヌビス像です。
アヌビスは犬またはジャッカルの頭をもち、死者の魂をあの世に導くと言われています。
またミイラづくりの神でもあり、墓を守ってくれると考えられています。



ベッド

葬儀用のベッドです。



黄金の玉座

ツタンカーメン王の黄金の玉座です。
背もたれ部分に、王妃アンケセナーメンがツタンカーメンに香油を塗っているところが描かれています。何とも微笑ましい(^^)



ツタンカーメン鍍金木造

ツタンカーメン王の等身大の木像です。
木像には黒いニスが塗られ、部分的に金箔が張られています。
同様の像がもう一つあり、王の玄室を守るかのよに入口の両側に立っていたそうです。


この後、ミイラ室と黄金のマスクと棺を展示している特別室に入りました。
ミイラ室にはラムセス2世やハトシェプスト女王のミイラが安置されていて、手が届くほどの近くで見ることが出来ました。
また黄金で出来たツタンカーメンのマスクや棺は現在も当時の輝きを保ち、この世のものと思えないような美しさでした。
金色に輝く棺やマスクは何回見ても素晴らしいですが、ミイラは一回きりで十分でございます(^^)



DSC_0039.jpg

宿泊はギザのピラミッドが見えるホテルでした。
夕食はバイキング方式でしたが、エジプト料理は独特の香辛料を使っているので、香辛料をあまり使っていないような料理をセレクトしました。
エジプトビールのSTELLA、なかなか美味しかったです(^^)

夕食後、部屋に帰って風呂にお湯を溜めていると足下が湿ってきました。
何と! 風呂の底が破損していて、そこからお湯が流れ出ているではありませんか
シャワー室も床がフロアと一緒の高さだったのでお湯がフロアに流れ出し、バスタオルで堰をして使いました。
エジプトらしいと云えばエジプトらしい(^^;)

今回から数回に分けてエジプト観光地情報を発信しますので、興味のある方はお付き合い下さいませ(^^)



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
01 : 46 : 25 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

内子町の町並み

今週の日曜日、四国食1グランプリからの帰路に町並みの保存で有名な内子町に寄りました。
内子町は江戸時代から明治時代にかけて木蝋産業が盛んで、八日市・護国地区を中心に当時の商家や民家が保存されていて、町歩き観光の先駆地として有名です。

内子町には、八日市・護国地区が重要伝統的建造物群保存地区に指定された何年か後に、友人と内子座を観に来た事がありますが町歩きをした記憶がございません。←していたかも(^^)



駐車場

先ず一番奥にある駐車場に車を停め、保存地区を歩いて内子座まで行くことにしました。
時刻が午後2時半を回っていたので、駐車場にはあまり車が停まっていませんでした。



町並み1

町並み保存地区には緩い起伏があり、道路の両脇に古い民家や商店が並んでいます。
駐車場でもらったマップを元に、時間がないので有名どころだけ見学することにしました。



上はが邸

内子中学校前にある上芳我家(かみはがけ)住宅です。
この住宅は内子最大の製蠟業者であった芳我家の分家で、重要文化財に指定されています(説明板からの抜粋です)



本はが家

芳我一族の本家である重要文化財の本芳我家住宅です。
とにかく広大で、庭園だけが一般公開されていました。
重厚な建物の「なまこ壁」が印象的でした。


雑貨店

通りには沢山のお店があるのですが、どのお店も表の看板類が控えめでお店か民家か分かりずらいのですが、この雑貨屋さんは表にたくさんの商品を並べていて、周りの風景に溶けこんでいました。
古い町並みの保存地区なので、景観に違和感を与えるような看板類は規制されているのでしょうね。



保存地区入口

約600mある重要伝統的建造物群保存地区の入口です。
駐車場からだと出口になりますよね(^^)



旭館 ポスター_edited-1

保存地区を出て少し行ったところを左に50m位行くと、「旧活動写真館 旭館」がありました。
大正時代の映画館で、国の有形文化財に指定されているそうです。
壁に古い映画のポスターを沢山張ってありましたが、この映画、一体何十年前の映画でしょうか(^^)



下はが家

商店街へ入ると築140年の下芳我邸がありました。
登録有形文化財ですが「蕎麦 つみ草」料理店になっていました。
こんな歴史的な豪邸で、優雅にザル蕎麦を食べてみたい(^^)



商いと暮らし博物館 番頭さん

商いと暮らし博物館です。
大正10年ごろの薬屋の暮らしを、人形と当時の道具類を使って再現しています。
また歴史民俗資料館として内子町の文化に触れることもできます。



ビジターズセンター

この重厚な建物は旧警察署を利用した内子町ビジターセンターです。



内部

中に入るとパンフレット類置き場や休憩所がありましたが、二階から大きなタペストリーが下がっていました。
内子町は世界的に有名なドイツのローテンブルグ市と姉妹都市になっており、二階にはローテンブルグの町並みのミニチュアが展示されていて、まるでおとぎの国のようでした。



内子座

やっと最終目的地の歌舞伎劇場の内子座に着きました。
1916年に内子町の有志によって建設され、2015年に国の重要文化財に指定されています。



舞台 二階

左の写真は観客用の枡席と回り舞台で、右は二階の観客席です。
全て木造なので趣があります。
現在、内子座は町内外の芸術文化活動の拠点となっていて、11月23日(日)には茂山狂言の公演があるようです。



コーヒー店 コーヒー

Uターンして駐車所に帰る途中、雑貨店を兼ねたコーヒーショップに寄りました。
店主さんが、「以前はもっと多くのお店があったが、観光客相手では収益が安定せず店を閉めた人も多い」と言っていました。
また、保存地区では自由に家屋を改修することが出来ないなどのデメリットもあるとのことでした。

町歩きのメッカ内子町ですらそういう状況なので、伝統的な町並みが保存され、なおかつ地元にお金の落ちる仕組みを作るのは本当に難しいことだと実感しました。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 57 : 18 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

どーや市場と佐田岬

四国食1グランプリの開催された八幡浜市は西日本有数の漁業のまちです。
八幡浜魚市場に隣接する「どーや市場」では、水揚げしたばかりの新鮮な魚を浜値で売っているというので食1応援の合間に行ってみました。



どーや市場

四国食1会場である八幡浜みなっと緑地公園のすぐ隣のど~や市場です。
おもしろい名前の市場ですが、その訳は入ってみればわかります(^^)



内部

どーや市場は細長い建物で、真ん中の通路を挟んで両側に魚屋さんが並んでいます。
それではどんな魚を売っているか覗いてみよう(^^)




鯛 アジ

朝獲れの立派な青魚類です。
値段を見てビックリ! スーパーの半額以下です。
左の写真に写っている80cm近いサワラが何と850円で、70cm位のハマチが500円です。
店主さんの「どーや、どーや!安いやろ!」の声が聞こえてきそうです。



貝類 料理品

貝類ももちろんありました。
活きた大型サザエが6個で千円だったのでゲットしました。
下ごしらえした魚も売っているので、帰ってすぐに調理出来ます。
この他、伊勢エビ、タチウオ、ノドグロ、イカ類と、あらゆる種類の魚類を売っていましたが、何故だか鰹は売っていませんでした。
鰹は高知の専売特許ですからね(^^)


この後、日本一長いと言われる佐田岬半島の灯台へ行ってみることにしました。
時間は午後2時を過ぎていましたが、50km位の距離なので余裕で行ってこれるでしょう。← 実は甘かった。



三崎港

佐田岬半島の尾根に沿ってメロディライン(国道197号)を順調に走り、40分ほどで三崎港に着きました。
三崎港からは佐賀関港までフェリーが出ていて、このコースで九州へ2,3回行った事があります。

ところが三崎港から佐田岬灯台の駐車場までは道幅が狭く、おまけに曲がりくねっているので相当時間がかかりました。




駐車場

結局、佐田岬灯台駐車場に着いたときには、太陽が大きく西に傾いていました。



佐田岬 DSC07156.jpg

モロに逆光の左の写真は駐車場から佐田岬先端を見たところです。遙か遠くに九州が霞んで見えています。

右は北側の瀬戸内海方向です。この日は風が強く岬の北側は強い風が吹いていて白波が立っていました。



地図 恋人岬

駐車場に建っていた案内板の一部です。クリックすれば大きくなります。
灯台まで遊歩道を歩いて、往復1時間はかかりそうなので行くのを諦めました。

右の写真は、日本ロマンティスト協会が発行した「恋する灯台」の認定書です。
そういや出会う人はカップルばかりで、ワタクシだけぼっちでした。 ふんっ!いいもんね(T_T)



DSC01470.jpg

佐田岬灯台から写した三崎漁協の畜養池跡です。
実はこの写真、2005年に来たとき写したものです。池の中に海水が溜まっていて、大きな魚が泳いでいたのを思い出しました。
この池の向こうの小高いところが四国最西端ということになります。



DSC07177.jpg

帰りに四国最西端の港である佐田岬漁港に寄ってみました。
ここに来るのは初めてですが、思ったより大きな漁港で多くの漁船が係留されていました。
それもそのはず・・・



看板

同じ豊後水道の一本釣りで釣ったアジ・サバでも、佐賀関に上がれば関アジ・関サバと呼ばれ、佐田岬に上がれば岬アジ・岬サバと呼ばれいずれも超高値で取引されています。
佐田岬漁港は岬アジ・岬サバの基地なんですね。



風車

細長く伸びた佐田岬半島には多くの発電用風車が立っています。
尾根沿いなので風を遮る物がなく、風力発電には最適でしょうね。



原発

一方、佐田岬半島付け根近くにあるこの施設の沖合6kmには、日本最大級の活断層である中央構造線が走っています。
何で運転再開したっ
四電さんには色々お世話になっていますが、この施設だけはいらんぜよっ!!!


 
←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
00 : 31 : 16 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

松代大本営地下壕・善光寺・北斎館

ツアー2日目、安曇野のホテルで朝起きてみると、台風21号は既に通り過ぎ雲の間には青空が覗いています。
これなら立山黒部アルペンルートに行けそう(^^)
しかし、バスに乗ってすぐに添乗員さんから意外な説明がありました。

前夜の暴風雨で黒四ダムまでの道路が通行止めになっており、立山室堂へのロープウェイも強風の為運行停止、更に室堂はマイナス4℃で雪が積もっており高原バスも走れない状態だとのこと。
それで代替えコースとして「松代大本営地下壕、善光寺、小布施の北斎館」へ行くことになりました。
ショックですが自然には勝てません。
大本営地下壕と北斎館へは、まだ行ったことがないので良しと致しましょう。



千曲川

ここはどこ?ひょっとしたらアマゾン?
いえいえ、川中島の戦いで有名な千曲川でゴザイマス。
河川敷も濁水に沈んでいて、とても「鞭声粛々 夜川を渡る~♪」ことは出来ませんね。



DSC06123.jpg

ここが太平洋戦争末期に、大本営と政府機関を移す予定であった松代大本営地下壕の入口です。
思ったより小さい入口です。壕の中が豪雨で湛水していて、ビニールパイプ2本で排水していました、



壕説明板 壕図面

地下壕の説明書俯瞰図です。
クリックすれば大きくなるのでぜひ読んでみて下さい。



入口

入口から20~30m入ったところです。
ここから先は水が溜まっていて行くことが出来ませんでした。



石碑

地下壕の入口近くに「朝鮮人犠牲者追悼平和記念碑」が建っていました。
突貫工事だった地下壕建設には多くの朝鮮人や日本人が動員され、大勢の犠牲者が出たそうです。


この後、「牛に引かれて・・・」で有名な善光寺に行きました。



山門

国の重要文化財である山門です。
二階に上がることが出来、拝観料500円を支払い登楼してみました。



本堂_edited-1

山門の二階から見た国宝の本堂です。
一生に一度お参りすれば極楽に行けるというので、この後参拝に行きました(^^)




お堂

本堂参拝の後、重要文化財の経堂へ行きました。
経堂の中心に八角形の回転式輪蔵があり教本が納められていて、一回転させると中の経本を全部読んだことになるそうです。
相方さんと一緒に一回転させた後、次の人が1人だったので回すことが出来ず手助けしました。
これで二回経本を読んだことになるので、きっと良いことがあるでしょう(^^)

この後、境内を一巡りして善光寺参りを終えました。



北斎館 (2)

次に行ったのは小布施の北斎館です。富獄三十六景で有名な葛飾北斎は、晩年に小布施で過ごし沢山の名作を残しています。
入館料1000円は少し高いと思いましたが、中に入ってその感覚は吹き飛びました。
すんばらしい!
四室ある展示室には、版画、肉筆画、漫画、天井絵などが所狭しと展示されていました。
特に第四展示室の祭屋台天井絵、「龍」「鳳凰」「男波」「女波」は必見物です。




イルミ

この日最後の観光は、妙高高原にあるホテル裏山のイルミネーション見学です。
約153万球のイルミを使った地上絵は、世界最大級の規模だそうです。
この後ショーが始まるとのことでしたが、雨が強くなってきたのでホテルに引き上げました。
今回のツアーはほんとに雨に祟られます(T_T)

さぁ明日は、ツアー最後の冨士山観光です。
明日こそは晴れてよね 


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 04 : 44 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (402)
見どころ (99)
観光 (148)
独り言 (6)
食べ物 (113)
匠 (2)
ショップの特選品 (255)
アート (13)
イベント (281)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (62)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (35)
戦争の記録 (18)
神社仏閣 (41)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-