九重“夢”大吊橋・由布院・地獄めぐり

九州2日目の夜は日田温泉で1泊し、3日目は九重高原~由布院~別府を観光し、夕方のフェリーで高知に帰ることにしました。
相方さんと2人の気軽な自動車旅行なので、コースはその日の朝に決めるという大雑把さです(^^)



レストハウス ジャージーソフトクリーム

日田市から小国町経由で瀬の本高原まで走り、三愛レストハウスで休憩しました。
その時食べたジャージーソフトクリームは、400円と少し高かったけれど絶品の美味しさでした(^^)
ここからは「やまなみハイウェイ」を水分峠まで走ります。



橋

水分峠までの途中で、まだ行ったことのない九重“夢”大吊橋に行きました。
大吊橋は歩道専用として日本一の高さを誇り、紅葉の名所・九酔渓近くにあり長さ390メートル、高さ173メートルだそうです。
もちろん渡って対岸まで行きましたが、「祖谷のかずら橋」ほど恐くありませんでした。



滝2

九重“夢”大吊橋一番の見どころは、吊橋上流に広がる日本の滝百選にも選ばれた、震動の滝・雄滝雌滝の壮大な景観です。



下流

下流方向にも素晴らしい景観が広がっていました。
芽吹いたばかりの若葉が綺麗ですが、所々に見える山津波の痕跡は熊本大地震の影響でしょうか。
この日はPM2.5の濃度が高く、遠方が霞んでいるのが残念です。



由布院

由布院駅前の通りから見た由布岳です。
由布院には十数年ぶりに来ましたが、女子が好きそうなお洒落な町並みに変貌していました。



由布岳

由布岳の麓を通って別府に向かっているところです。
由布岳は標高1,583mの活火山で、約2200年前の大噴火で今の山頂が形成されたそうです。



海地獄

別府では十数年ぶりに地獄めぐりをしてきました。
最初に海地獄に行き、7つの地獄を巡ってきました。



坊主地獄 かまど地獄

鬼石坊主地獄と、かまど地獄。



鬼山地獄 白池地獄

鬼山地獄と、白池地獄。



血の池地獄

赤い粘土が煮えたぎった血の池地獄です。



竜巻地獄

血の池地獄のすぐ下にある間欠泉の龍巻地獄です。
行った時には噴射が終わったところなので、40分ほどベンチに座って待っていると噴射が始まり、約5分間で収まりました。

この後、佐賀関港まで走り、午後7時発の三崎港行きフェリーに乗りました


鬼

帰りは高速道路を走らず地道を走り、鬼北町の道の駅「日吉夢産地」で休憩しました。
おおっ!これがフィギュアメーカー「海洋堂」が作ったという子どもを抱いた鬼女のモニュメントか!
ライトアップされていて、何だかコワ~イ雰囲気です。


10006_13851_img[1]
(鬼北町のHPより)

本当はこんなにカワユイ鬼なんですよね。
この鬼のモニュメントの名称は鬼北町が公募し、柚鬼媛(ゆきひめ)と名付けられたそうです。

こうして三崎港から3時間半かけて帰宅しましたが、行きに高速道路を使って川之江経由で大回りして行った時間とほとんど変わりませんでした。高速道路代4000円損したちや(T_T)

県外ネタに3日間付き合っていただいて有り難うございました。
しかし、3日間で走行距離1,300kmとは、よう走ったもんです(^^)


追記
長崎にしろ別府にしろ、海外の観光客で溢れていました。
いかに外国人を呼び込むかで、観光地の勝敗が決まるような気がしました。
日本らしさを失わず、そこにしかないものをどう観光化するかがカギだと思います。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 04 : 00 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

世界文化遺産・軍艦島へ上陸

長崎2日目の4月26日は朝から雨が降っていました。
軍艦島上陸ツアーを予約してある「軍艦島コンシェルジュ」に出航するか電話してみると、出航はするが上陸できるかどうかは海の状態を見て船長が判断するとのことでした。



クルーズ船

出航時間の約1時間前に長崎港に行くと、大型クルーズ船が入港していました。
長崎港には毎日のように大型クルーズ船が入港しているとのことで、この船は高知港にも来たことがあるマリナー・オブ・ザ・シーズ号でした。
この後3000人の海外観光客が、県営駐車場で待機していた何十台もの大型バスに乗って長崎観光に出かけていました。



大浦天主堂

出航までの時間を利用して、すぐ近くの国宝・大浦天主堂へ行きました。
ここには過去に2回行ったことがありますが、天主堂に続く坂道の両側にお洒落な店がたくさん出来ていました。
天主堂内部はもちろん撮影禁止でしたが、正面中央祭壇のステンドグラス「十字架上のキリスト」と、右の祭壇の「聖マリア像」が素晴らしかったです。



軍艦島

午前10時30分にクルーズ船は長崎港を出港し、30分ほどで軍艦島(端島)に着きました。
上陸前に軍艦島を一周したので、一番軍艦らしく見える場所から撮影できました。
雨は小降りになっていて、波もほとんど無いので上陸できそうです(^^)



上陸1  上陸2

クルーズ船を岸壁に横付けして上陸しているところです。
この日は人数が少なかったので、混雑することなくスムーズに上陸できました(^^)



岸壁

クルーズ船から上陸するとき写した岸壁です。
海面から突き出ているコンクリートは、石炭積込桟橋の橋台です。



第1見学広場

第1見学広場でガイドさんから軍艦島(端島)の歴史や施設の説明を受けているところです。
面積6万3千㎡の小さな海底炭鉱の島に、最盛時には5千人を超す人が住んでいて、世界最高の人口密度だったそうです。
坑道は深いところは地下1000mに及び、高温と高湿度の極めて劣悪な労働環境で、200名を越す労働者が亡くなっているそうですが、この中には戦時中に徴用された韓国人や中国人の犠牲者数は含まれていないそうです。

このように日本の近代化に寄与した端島炭鉱ですが、幾多の日本人と外国人労働者の犠牲があったことを史実として認識しなければいけないと思いました。



廃墟3

第1見学広場から貯炭場方向を見たところです。
右奥に7階建ての端島小中学校校舎が見えています。


第2見学広場

第2見学広場から見た赤煉瓦の建造物は、鉱山の中枢であった総合事務所跡です。
総合事務所の中には炭鉱マンのための共同浴場があり、浴槽はいつも真っ黒だったそうです。



廃墟1

第2見学広場から第3見学広場に行く途中には、廃墟になって崩れ落ちた建造物が幾つもありました。



第3見学広場

最後の見学場所である第3見学広場から見た30号棟、31号棟アパートです。
正面の30号アパートは、1916(大正5年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート造りの高層アパートといわれています。

こうして約2時間の軍艦島クルーズを終え、宿泊地の日田温泉に行く前に佐世保市経由で平戸市まで行ってきました。



ザビエル協会 DSC01258.jpg

平戸ザビエル記念教会とザビエル像です。
平戸島は隠れキリシタンの島として有名ですが、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも3度平戸を訪れているそうです。



平戸城

平戸城へも行きましたが、内部は資料館になっていて平戸城の歴史や刀剣・甲冑類を展示していました。



平戸大橋

平戸城の天守閣から見た平戸大橋です。
ここからの景色は絶景ですが、雨でぼやけているのが残念です。
時間の関係で、切支丹資料館と生月島に行けなかったのが心残りでした。

続く・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
18 : 18 : 01 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

浦上天主堂と長崎の夜景

いよいよ明日からゴールデンウィークが始まります(^^)
GW中は良い天気が続きそうなので、どこの観光地も人で一杯になるでしょうね。
人混みの苦手なワタクシ、一足早く九州を3日間ロングドライブしてきました。



佐田岬

4月25日の早朝4時過ぎに出発して高速道路とメロディラインをぶっ飛ばし、午前8時30分発の三崎港~佐賀関港行きのフェリーに乗りました。
上の写真は四国再西端の佐田岬です。



佐賀関

三崎港を出港して約1時間で、佐賀関のシンボルである精錬所の赤い煙突が見えてきました。

四国から九州に渡るフェリーは他にもありますが、このコースが距離が一番短く、約1時間10分の航海です。
それに1時間毎にフェリーが出ているので、乗り遅れても時間的なロスが少なくてすみます。

初日に長崎市まで行って、時間があれば長崎市の観光地を回ることにしました。



別府湾

昼食のため別府湾SAに入りました。
ここのSAは広大な面積が公園化されていて、別府湾を望む風景が素晴らしかったです。
恋人の聖地の♥型モニュメントの中から、お猿で有名な高崎山が見えてます。



軍鶏パスタ_edited-1

洋風レストランに入り何を食べようか思案していると、「豊のしゃもの炭火焼きと季節野菜のクリームソース」というメニューがあったのでオーダーしました。
大分県特産の「豊のしゃも」はどんな味がするか、「ごめんケンカシャモ」と比べてみたかったからなんですよね(^^)

「豊のしゃも」はシャモの素質を50%持っているそうですが、炭火焼きなので少し硬かったです。
尚、「ごめんケンカシャモ」は純血種なんですよね。



浦上天主堂

午後3時頃に長崎市に着いたので、まだ行ったことのない浦上天主堂に行ってみました。
浦上天主堂は1914年に、東洋一のレンガ造りのロマネスク様式大聖堂として建築されましたが、1945年に原爆で全壊し1959年に再建されました。



原爆遺跡

昨年、国の史跡に指定された長崎原爆遺跡の旧鐘楼です。
旧浦上天主堂の被害を、同じ場所で物語る唯一の遺構だそうです。



聖人像

浦上天主堂の正面左手表庭に、原爆で破壊された聖人の石像が並んでいました。
どの石像も熱線で黒く焦げ、強烈な爆風で鼻、指、頭部などが欠けた痛々しい姿をしていました。



マリア像

天主堂の出入り口近くに被爆したマリア像を安置していました。
堂内は撮影禁止だったので、上の画像はインターネットからお借りしました。
この傷ついたマリア像は凄いインパクトがあり、戦争と原爆の恐ろしさがモロに伝わってきました。
被爆国日本の首相が、核兵器の先制使用を否定しないトランプを、全面的に支持しているのは絶対容認できません!



長崎市

ホテルの窓から見た長崎市の遠景です。
長崎港に大型クルーズ船が停泊していますが、この後出航して行きました。



夜景

夜になると新世界三大夜景の一つである長崎の夜景がホテルの窓から楽しめました。
2日前にインターネットで予約した50%OFFの格安ホテルから、こんなにきれいな夜景が見られるとはラッキーでした(^^)

さぁ明日は、今回の小旅行最大の目的、世界文化遺産・軍艦島の見学です。
でも既に雨が降り出しました。クール・ファイブじゃないけど長崎は雨が多いんかな?
果たして軍艦島に上陸できるでしょうか。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 05 : 35 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

「石見銀山みてあるき」その2

道路を上り詰めたところに石見銀山で唯一通り抜けの出来る龍源寺間歩があります。
石見銀山には、銀鉱石を採掘するための坑道である間歩(まぶ)が大小合わせて600箇所以上あり、約870mの「大久保間歩」の次に大きな坑道が、全長約600メートルの「龍源寺間歩」です。



チケット売り場

龍源寺間歩の入口近くにあるチケット売り場です。
入場料410円を払い間歩入口に向かいます。



入口

龍源寺間歩の入口です。
思ったより小さいのは、当時の姿を出来るだけ残したかったからでしょうね。



説明板

入坑する前に、先ずは龍源寺間歩についてのお勉強。
クリックすれば字が読めますよ(^^)
間歩の全長は600mですが、公開されているのは坑道156mと連絡通路116mだそうです。



入口付近

坑道の入口近くです。
このあたりはまだ天井が高いのですが、進むにつれて段々低くなり気をつけなければ頭を岩にぶつけます。
あいたっ! ぶつかった。← ガイドさんに気をつけるよう言われていたのにこの始末(^^;)



ひおい抗

坑道には幾つもの横穴が掘られています。
これは「ひおい抗」と言って、鉱脈を追って掘った坑道だそうです。(説明板による)



縦抗

これは垂直に掘った竪坑(たてこう)です。深くて底が見えません。
間歩に溜まった水を、この竪坑から100m下の永久坑道へ排水したそうです。



天井 発破痕

天井には江戸時代に掘ったノミの痕や、明治初期の発破の痕が残っていました。

坑道の灯りは何だったかガイドさんに聞いてみると、サザエの殻に油を入れて燃やしていて煙やススがたくさん出たそうです。
それに採掘の粉じんが漂い、今で言うじん肺で早死が多かったそうです。



新坑道

連絡通路には、絵巻物に当時の銀山の様子を描いた「石見銀山絵巻」の電照板を展示しています。



DSC00650.jpg

その中で、採掘の様子を描いた電照盤です。これはぜひクリックして欲しい(^^)
当時、人力の竹ポンプがあったとはビックリです。
まるで人間がモグラのようですね。



出口 ユネスコ宣言

龍源寺間歩の出口と、近くの建物に掲示してあった「世界遺産とユネスコの精神」の文書です。
すばらしい! 
戦争の危機が迫っている今こそ、世界で一番トランプに追随している「平和国家日本」の首相に読んでもらいたいと思いました。



清水谷精錬所跡

龍源寺間歩から石見銀山公園への帰り道、明治中期に建造された清水谷精錬所跡を見学しました。
この精錬所は操業を始めて1年半で、採算不良により操業停止になったそうです。

こうして2時間半かけて「銀山ゾーン」を見学しましたが、ガイド付きだったので大変勉強になりました。
町並み地区の散策もしてみたかったのですが、午後4時を廻っていたので諦めました。
早朝に出発していれば良かったと反省です。



ソフトクリーム

これから自宅まで329kmを走破するためのエネルギーチャージに、世界遺産センター隣の特産品売り場で石見銀山名物の「さつまいもソフトクリーム」を食べました。これはお世辞抜きに美味い!
こうして、午後4時45分に世界遺産・石見銀山を後にし、約5時間後に無事帰宅したのでございました。
おしまい。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 56 : 44 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

「石見銀山みてあるき」その1

昨日、島根県太田市の世界遺産・石見銀山へ日帰りで行ってきました。

午前8時にカーナビに「石見銀山」と入れると、「距離329km、所要時間5時間45分」と表示されました。
しかし往復660kmは長いなぁ。長距離運転は釣りで慣れているけど、これはちと長い。
よっしゃ!限界に挑戦じゃ~!!
と言うことで相方さんと2人で午前8時過ぎに出発しました



よう世界遺産センター

結局、石見銀山世界遺産センターに着いたのが午後1時頃でした。
高速道路は順調だったものの、広島県三次市からの一般道で思わぬ時間を喰ってしまいました。

今年は石見銀山が世界遺産(文化遺産)に指定されて10年目になります。
この日はウイークデーだったので、世界遺産センター前の駐車場には10台くらいしか停車していませんでした。



マップ

世界遺産センターで石見銀山のマップをもらいました。クリックすれば大きくなります。
世界文化遺産・石見銀山は、Aゾーン(代官所ゾーン)、Bゾーン(武家・町屋ゾーン)、Cゾーン(銀山ゾーン)の3ゾーンで構成されています。

3ゾーン全てを見て歩くと半日以上かかるとのことだったので、先ず銀山ゾーンを歩いて、時間があれば他のゾーンへ行くことにしました。
その前に腹ごしらえをしなけれ・・・



ソバ屋 鴨そば

世界遺産センターから30分ごとに出ているバスに乗り、大森バス停で下車しました。
そこから数十m離れた石見銀山公園入口にあるソバ屋「御前そば」に入りました。
オーダーした鴨そば、それなりに美味しかったです(^^)



ガイド案内所

石見銀山公園の観光案内所に行くと、「石見銀山ガイドの会」の人に呼びかけられました。
結局、他の観光客4人と一緒にガイド付きで銀山ゾーンを歩くことにしました。
2時間半コースで、ガイド料はワンコイン(500円)と実に良心的です(^^)



模型

出発前に公園に設置された銀山の模型で、「みてあるき」の大まかな説明を受けました。
ガイドが棒先で指したところが現在位置で、ここから龍源寺間歩までの2.3kmを2時間半掛けてガイドしてくれるそうです。



大森小学校

石見銀山公園から少し奥に入ると大森小学校がありました。
石見銀山のふもとの大田市大森町は、現在の人口は400人ほどですが慶長年間から寛永年間にかけて人口が20万人に達していたという記述があるそうです。
この数字はかなり誇張されていると思われますが、石見銀山が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて大銀山都市だったのは確かなようです。←ガイドさんの話から。



豊栄神社 清水寺山門

道路の周辺には神社やお寺がたくさんありました。
お寺の数からも当時の興隆が想像できます。
上の写真は豊栄神社清水寺(せいすいじ)山門です。



新切間歩

奥に行くに従い、道路の近くに「立入禁止」の札が立った坑道の入口が幾つも現れ出しました。
上の写真には新切間歩と彫られた石柱が立っています。
昔は坑道を間歩(まぶ)と呼んでいて、石見銀山全体で600カ所以上確認されているそうです。



福神山間歩

道路沿いの福神山間歩です。



柵_edited-1 間歩説明板

福神山間歩の入口と説明板です。
クリックすれば大きくなるので興味のある方はクリックしてみて下さい(^^)

ここまで1時間半くらいの道のりでしたが、通り抜けの出来る龍源寺間歩にもうすぐ到着します。ワクワク(^^)
次回へ続く・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 32 : 58 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (395)
見どころ (88)
観光 (144)
独り言 (6)
食べ物 (101)
匠 (2)
ショップの特選品 (244)
アート (11)
イベント (266)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (54)
後免町活性化 (168)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (16)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-