エギング転じて海中探索

前回からの続編です。
奈半利町の無花果ソフトクリームを食べた後、一気に徳島県海陽町の竹ヶ島まで来ました。
目的はといいますと、今がシーズンの大型アオリイカを狙ったエギングでございます。



無題

竹ヶ島の位置図です。
竹ヶ島は高知県と徳島県の県境にあり、橋でつながった風光明媚な島です。
ここでエギングをするのは実に10年ぶりです。



突堤

様子を見に竹ヶ島港堤防に行ってみると、先端部に数名の釣り人がいますが中ほどはガラ空きです。
イカの吐いた墨跡もあり、なんだか釣れそうな予感がします(^^)



仕掛け

3.5号のアジカラーのエギをセットし、堤防の外側に遠投しました。
ところが釣れてくるのは海藻の切れ端ばかりで、イカの当たりは一向にありません。
エギのカラーを色々変えて、テンションフォール、フリーホール、2段シャクリに3段シャクリ、ダートにズル引きと、手を変え品を変えて攻めましたが生命反応は一切ありませんでした。

ここで目的を釣りから観光に変更し、海中観光船に乗って竹ヶ島海中公園の海中探索をすることにしました。



海洋自然博物館

海中観光船のチケットを買いに、竹ヶ島港のすぐ近くの海陽町海洋自然博物館ブルージャムへ行きました。



内部 イラスト

自然博物館の中には土産物売り場、クマノミ館、海中観光船ブルーマリンのイラストなどがありました。萌え~(^^)
係りの人に聞いてみると、自然博物館は海陽町の直営で、海中観光船は1時間毎に出ているとのことでした。



DSC02642.jpg

海中観光船の乗船チケットです。1人1800円でした。
16時が最終便で、乗客は何とワタクシ1人だけでした。



座席 船内部

甲板のベンチと、船底のガラス窓です。
ヤッホー、今日は1人で定員52名の船を借り切りじゃ~(^^)/
でも、船長さんにガイドさん、それに燃料代を考えれば大赤字ですよね。ごめんなさいm(_ _)m



サンゴ1

竹ヶ島海中公園のサンゴです。
ガイドさんからサンゴの名前を教えてもらいましたが忘れてしまいました。
足摺や柏島のサンゴとは種類が違うようです。



熱帯魚 ボラ

左はサンゴの上で群れている青い熱帯魚です。
今年は水温が低く、まだ熱帯魚の種類が少ないとのことでした。
右は近づいてきたボラです。この海で見た大きな魚はこのボラだけでした。
グレ、チヌ、イシダイ、アオリイカはどこへ行った~!



葛島

海中観光船から西方向を見たところです。
真正面に葛島、その右に釣り筏が見えています。
葛島周辺は磯釣りの名所ですが、釣り歴ウン十年のワタクシ、いまだに行ったことがありません。



竹が島港

出港して約40分で竹ヶ島港に帰ってきました。
左の大きな船は遠洋マグロ船だそうです。
竹ヶ島港は徳島県で一番大きなマグロ船の基地で、このクラスの船があと6隻あり全て出漁しているそうです。

この後、半夜でエギングをするため室戸岬漁港まで引き返したのですが、そのことはまた次回に・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 16 : 02 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

究極のパワースポット「神峯神社」

神峯寺の薬師堂を参拝した後、400mくらい離れた神峯神社へ行きました。
神仏習合のお寺であった神峯寺は、明治の神仏分離によって廃寺になり神社だけ残っていましたが、その後、神峯寺が再興されて神峯神社は神峯寺の奥の院という位置付けになっています。

神峯神社の創建は神武天皇の時代と伝えられていて、日本で最も古い神社の一つだそうです。(神話に出てくる神武天皇が、実在したかどうかは別にしても古い神社です)



別れ

大師堂横の狭い車道を登っていくと、道が二つに分かれていました。
左の道が石段になっているのでおそらく昔の参道でしょう。



石段

石段は苔むしていて、ほとんど人が通った様子がありません。
いかん、霊気で背中がゾンゾンしてきたちや!



大樟2

参道を上がっていくと、高知県天然記念物である「神峯神社の大樟」に着きました。
すごい!でっかい!



大樟説明板

大樟の説明板です。
樹齢900年、樹高15mだそうです。
興味のある方はクリックしてみて下さい。

大樟から更に石段を上がっていくと、社務所がありましたが閉まっていました。



石段 (2)

社務所の上方には更に石段があり、神社の本殿が見えています。
既に汗だくですが一気に上がっていきます。 おお、しんどっ!



本殿

神峯神社の本殿です。
江戸時代中期の享保3年(1718年)建立で、拝殿と本殿が一体化した珍しい造りとなっていて、高知県保護文化財に指定されています。 
屋根裏の精密な彫刻が素晴らしく、美しさに圧倒されます。



道標 灯明巌説明板

本殿横に燈明巌の標識があり、境内に説明板が立っていました。
説明板には、「数々の困難や異変が起きる前兆に燈明巖が青白く光る・・・」と書かれています。
周りに誰も居ないので、読んでいて背筋に戦慄が走ってきました。
どうやらこの神社は究極のパワースポットのようです。
しかしここは好奇心の方が勝ります。



祠2

小さなと岩の隙間を通って燈明巌に向かいます。
この時点で恐怖心と好奇心がマックス状態になって、心臓が破裂しそうにバクついています(^^;)



灯明巌

小道を数十m登っていくと、大きな岩山がありました。
どれが、燈明巌だろう?



灯明巌1

一番右の大岩の壁に40~50cm位の穴が10個近く開いていて、「燈明巖」と書かれた石柱が入っている穴がありました。

燈明巌は、太平洋戦争と南海大地震が起きる前にも光ったそうですが、ここは永久に光って欲しくないものです。



駐車場

その後、社務所前の駐車場まで下りてきて、車一台がやっとの車道を歩いて神峯寺の駐車場まで帰りました。
途中で軽トラが上がってきたので避けていると、熟年の運転手が話しかけてきました。

熟年の人:私はここの神社総代をしている者ですが、神社へは参拝に来たがですか?
ワタクシ:はい、そうですが。。。
熟年の人:実は近くの神社の賽銭箱が荒らされたそうなので確認に行っているところです。賽銭箱に変わった様子はなかったですかねぇ?
ワタクシ:参拝者は私一人でしたが、変わったことは無かったです。

賽銭箱荒らしがいるとはモラルも地に落ちたものです。
お友達優遇の政治家や、忖度を繰り返す官僚のモラルも何とかしてもらいたい!


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 55 : 49 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第27番札所・神峯寺

野山の緑も随分濃くなって、真夏を思わす暑さが続いています。
昨日、約10年ぶりに安田町の急峻な山腹に佇む第27番札所・神峯寺へ行ってきました。
前回行った時の記憶は、車1台がやっと通れるつづら折れの参道と、山の傾斜が境内になっていた事ぐらいしか憶えていません。



入口

高知方面から国道55号を室戸向けて走っていると、安田町唐浜に神峯寺への道路標識が立っています。
この標識の向こうを左折し、神峯寺まで約4kmあります。



石碑

神峯寺まで1500mの所に、神峯徒歩道の標識が立っています。
徒歩道はとにかく急峻で、「真っ縦」と呼ばれる遍路泣かせの坂道です。
何と傾斜角45°の急勾配だそうです。
もちろんワタクシは車道を車で登りますが、車道も一昔前の車ならよう登らなかったのではないかと思えるほど急峻です。



駐車場

幸い対向車に会うことも無く、やっと駐車場に着きました。
奥の建物は休憩所兼ショップになっていました。



別れ

更に坂道を徒歩でしばらく登ると山門が見えてきました。
神峯寺は神仏習合のお寺だったので、右の階段を登ると神峯神社へ行きます。

神峯寺のHPには
縁起による歴史の古さは屈指で、神功皇后(在位201〜69)の世に勅命で天照大神などを祀る神社が起源とされる。聖武天皇(在位724〜49)の勅をうけた行基菩薩が天平2年に十一面観音像を彫造して本尊とし、神仏合祀を行った。その後、弘法大師が伽藍を建立し、「観音堂」と名付けたのが大同4年(809)のころとされている。
と書かれています。



仁王1 仁王2

山門の仁王像です。
この仁王さんは強そうだは(^^)



神峯寺

更に坂道を登って、やっと神峯寺の境内に着きました。
この急な山に、よくぞこれだけの平地があったものです。
正面の建物は庫裏納経所です。
右の鐘楼は修理中で、青いブルーシートが掛かっていました。



石段

本堂にはこの階段を登っていきます。
それにしても美しい庭園です。



不動明王像 大師像

本堂前に立っていた不動明王像みちびき弘法大師像です。



経堂

本堂の右側にある経堂(聖観音堂)です。古い建物で、かっての大師堂だそうです



仏足跡

経堂前に立っている仏足跡の碑です。
クリックすれば文字が読めます。
合掌した後、身体の悪いところを撫でると良くなるそうなので、腰の上を撫でました。
腰痛、治るかな(^^)



本堂1

本堂です。
歴史を感じさせます。



地蔵堂

本堂左側の地蔵堂です。
石の地蔵仏が約50体置かれていました。



海

地蔵堂の前から太平洋が見えました。
それにしても、よう登ってきたものです。

この後、少し離れた大師堂に行きました。



お迎え大師

大師堂前のお迎え大師像です。
同じ大師像でも、みちびき弘法大師像よりズングリしています(^^)



大師堂

平成4年に落成した新しい大師堂です。
どっしりと安定した建物でした。

この後、神峯神社まで行ったのですが、長くなりすぎるのでまた次回に…



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
19 : 06 : 48 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

中岡慎太郎館と生家

モネの庭を後にし、中岡慎太郎館へ行きました。
近江屋で龍馬とともに暗殺された中岡慎太郎は北川村柏木の出身で、そこには中岡慎太郎館と生家が復元されています。



慎太郎館

モネの庭から車で10分ぐらいで中岡慎太郎館に着きました。
10年以上前に来た記憶がありますが、どんなだったかは全然憶えておりません(^^;)



笑っている写真

駐車場入口に中岡慎太郎の写真が飾られていました。
慎太郎といえば眼光鋭く無骨なイメージがありますが、笑っている慎太郎の写真は1枚だけしか残ってないそうです。
京都祇園で撮った写真だそうで、慎太郎の右横の人物は原板から消されていますが、おそらく芸妓さんだろうと言われています(^^)



入口

中岡慎太郎館の入口には、ここが「志国高知 幕末維新博」の地域会場であることを示す看板が立っていました。
右にNHKの龍馬伝で上川隆也が演じた慎太郎も立っていますが、本物はこんなにハンサムではありません。
龍馬伝では、龍馬も慎太郎も本物とは掛け離れたイケメンでした(^^)

慎太郎館の内部はもちろん撮影禁止になっていましたが、1階には幕末タイムトンネルや暗殺シーンの映像、慎太郎の年譜や時代背景などが展示されていていました。

2階は企画・展示室になっていて、慎太郎ゆかりの品々や書簡などが展示されていました。
慎太郎って意外に達筆だったんですね。



生家

中岡慎太郎館のすぐ下に、慎太郎の生家が復元されているので行ってみました。
慎太郎は北川郷大庄屋の長男としてこの地に生まれています。



生家説明板

庭の隅に立っている生家の説明板です。興味のある方はクリックしてみて下さい。
それでは、当時の庄屋屋敷にタイムトリップしてみましょう。



部屋 庭

生家の内部と庭です。
意外と質素であるように見えますが、当時としたら豪邸なんでしょうね。



看板

帰路に慎太郎館から奈半利町まで戻ってくると、国道沿いに「なはり 素通り禁止八策」という面白い看板が建っていました。
なになに!「べっぴんさんんも どっさり」だって。 
よっしゃ!直販所へ寄っていこう(^o^)



直販所

奈半利町は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の終点になっていて、駅構内に直販所「いちじく」があります。
以前食べた「無花果ソフトクリーム」美味しかったなぁ。 あるかな。



DSC02109.jpg

ソフトクリームが無かったので、ドライフルーツ風の「美味いちじく」を買いました。
この後、食べてみましたが丁度くらいの固さで、イチジクの風味が舌の上に広がってきました。
あっ!そうそう。レジのお姉さん、中々のべっぴんさんでしたよ(^^)
おしまい。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 39 : 30 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

モネの庭マルモッタン

昨日の高知新聞に、北川村にあるモネの庭マルモッタンの入場者が150万人を超した記事が載っていました。
モネの庭は、フランスの印象派画家クロード・モネがフランスのジヴェルニー村に造った庭を再現し、今年で開園18年目になります。

そう言えばもう10年近く行ってないなぁ。 思いついたら即行動!



チケット売り場

出発して約1時間で「モネの庭」に着きました。
駐車場入口のチケット売場でチケットを買い、まずスイレンで有名な「水の庭」に行くことにしました。
「水の庭」は坂を登ったところにあり、チケット売場には車椅子も備えていました。



青い睡蓮

途中、モネが夢見たという「青い睡蓮」の看板が立っていました。
6月下旬から10月下旬が見頃と書かれているので、来るのが少し早かったかな。
「水の庭」の睡蓮は、そのほとんどがジヴェルニー村の「モネの庭」から株分けしたものだそうです。
もっと詳しく知りたい方は、写真をクリックしてね(^^)



池

登り始めて数分で「水の庭」に着き、太鼓橋からスイレンの咲くを写しました。
それでは池の周りを散策してみよう。


段

池の周りには水辺に下りていける階段も造られていました。
黄色や紫のアヤメに囲まれた池の中で、スイレンがボツボツ咲き始めていました。



スイレン

赤と白のスイレンです。蕾も水面から頭を出しています。
さすがに青いスイレンはまだ咲いていませんでした。
チケット売り場で聞いたところによると、スイレンは7月、8月が盛期だとのことです。



作品

池の周りの所々にモネの作品(レプリカ)が展示されていました。
ジヴェルニー村の「モネの庭」でモネが描いたスイレンと、ここの実物のスイレンを比較してみると本当によく似ています。
北川村の「モネの庭」が、世界で唯一、本家より「モネの庭」の名称を許可された施設であることの所以でしょうか。



ギャラリー入口

水の庭の次にはギャラリーに行きました。
ギャラリー入口は駐車場の西側にあり、花の庭への入口にもなっています。



内部

入り口は建物の二階部分につながっていて、二階ががギャラリー、一階がショップになっていました。
ギャラリーにはモネの作品(レプリカ)が展示され、「モネの庭の四季」写真展も開催されていました。



カフェ てづくり工房

ショップを出るとカフェ「モネの家」と、「手づくりパン工房」がありました。
北川村特産品である柚子果汁の入った「ゆずボール」、「ゆずあんぱん」、「ゆずシフォンケーキ」をお土産に買いました。



ソフトクリーム

そして、「花の庭」をバックに柚子果汁入りソフトクリームを食べました。
いやぁ、これは美味しかったですね(^^)
最近、観光地を訪れる度に特産品を使ったソフトクリームを食べていますが、柚子入りソフトクリームはサラッとした食感が良かったです。

この後、同じ北川村の中岡慎太郎館まで足を伸ばしましたが、そのことはまた次回に。



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
13 : 12 : 40 | 観光 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (401)
見どころ (96)
観光 (152)
独り言 (6)
食べ物 (109)
匠 (2)
ショップの特選品 (248)
アート (11)
イベント (274)
新商品情報 (73)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (57)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (31)
戦争の記録 (18)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
21位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-