才谷龍馬先祖祭り

南国市の山間地である才谷地区は、龍馬の祖先である坂本家初代~3代までが暮らした場所です。
南国市の春を告げるイベントでもある才谷龍馬先祖祭りが今年も開催されました。



会場

会場の才谷龍馬公園です。
公園の周辺には紅梅と白梅が100本以上植えられ、梅の花の名所でもあります。


紅梅 白梅

紅梅は盛期を過ぎていましたが、満開の木も何本かありました。
白梅は三部咲きというところでした。



神事

午前11時になると神事が始まりました。
写真左の坂道を登った所に、2代目と3代目のお墓があります。



踊り

神事の後、主催者と来賓の挨拶があり、続いて地元「たちばな幼稚園」の園児による歌や踊りがありました。
可愛い園児の踊りに、後ろの龍馬さんがにっこり笑っています。 ← ウソです。龍馬さんはいっつもしかめっ面です(^^)


鎌 焼き芋

地元のオンチャンが大きな釜で焼き芋を焼いていました。
覗き込んでいると、「まあ食べや!」と言って1個下さいました。
ホクホクしちょって超うんまい! ありがとうございます(^^)



寿司

色々な種類のお寿司も売っていました。
奥に調理場らしきものがあり、何かを作っています。



メニュー

作っていたのはシャモ鍋、鰹のタタキ、牛すじ煮込みでした。



シャモ鍋

注文したのは龍馬が食べ損ねたシャモ鍋です。
シャモ肉がゴロゴロはいっちょって、こじゃんち美味かったぜよ!

ところで龍馬の祖先は近江の国(滋賀県)の坂本城が落城したとき、土佐へ逃れてここに移り住み3代目まで農業を営んで生活していました。
そういう歴史ある才谷地区ですが、ご多分に漏れず少子高齢化の波に飲まれようとしています。
才谷龍馬先祖祭りが何時までも続くよう願っています。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 04 : 13 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

南国こだわりの「ひがしやま」

ランキング

「なんこくまほら」の壁に立て掛けられた、今年1月の売り上げ人気ランキングBest5です。
その下に「冬のおやつ 芋の干菓子 香稜園さんの『ひがしやま』が朝日新聞で紹介されました!!」と書かれています。
えっ! ほんと? 知らなかった(^^;)



陳列

その「ひがしやま」は通路沿いの陳列棚の上にありました。
ラミネートされた朝日新聞の記事と、試食用の「ひがしやま」も置いています。



新聞記事 (2)

朝日新聞の記事です。クリックすれば大きくなるので、ぜひ読んでみて下さい(^^)
干し芋の事を何で「ひがしやま(干菓子山)」と言うのか、よ~くわかりました。



ラベル

パッケージに張られたラベルには「こだわり」の内容が、裏面には原材料は「紅はるか」というサツマイモだけであることが書かれています。 
これぞ究極の自然食品ですよね(^o^)



ひがしやま

小さい方のパッケージをゲットし、「ひがしやま」を取り出して中皿に並べました。
手で触るとねっとりとした感触がします。



断面

切断してみると、中まで濃い飴色をしていました。

お~、美味い(^o^)
モチモチした粘り気があって少し歯にくっつく感じがしますが、ナチュラルな甘味が喉の奥に広がってきます。
止められなくなり、あっという間に5個全部平らげてしまいました。

素朴でヘルシーで美味しい「ひがしやま」、高知のお土産に如何でしょうか(^^)


尚、人気ランキングNO.2の「ひがしやま。」は、芋干菓子の「ひがしやま」をペースト状にしてバターと玉子を加えて焼いた芋焼菓子のことです。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 36 : 30 | ショップの特選品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

矢井賀で又しても撃沈

2,3日前から温かくなり春の足音が聞こえてくるようになりました。
この陽気に誘われ、一昨日、中土佐町矢井賀へ初釣りに行ってきました。
狙いは今が旬の寒グレです。
本当は宿毛市の鵜来島へ行きたかったのですが、鵜来島もあまり釣れていないようだし、単独釣行でもあることから近場の安全な筏釣りにしました。



たき火

高速道路を使い、家から1時間15分で矢井賀港に着きました。
釣り客は10人位いて、早朝は寒いので焚き火で温まっていました。




出港

出港を待っている2艘の渡船です。
筏に横付けするので、船首には磯に押し当てするためのタイヤが付いていません。
午前6時45分に、渡船は釣り人の期待を乗せて出港しました。



イカダ

見知らぬ高齢の方と一緒に5号イカダに上がりました。
天気は雲一つ無い晴天で、海には波がほとんど無く、まるで池の中で釣っているようです。
長い釣り歴の経験で、こんな天気の良い日に釣れた記憶はほとんどありません。



東

潮は西から東への上り潮なので釣座をイカダの南に取り、1号筏の方向に竿を出します。
矢井賀には6基の釣り筏があり、それぞれ1号、2号と名前が付いています。

しかし釣れない! 
時間だけが空しく過ぎていきます。



カワハギ

昼前に初めてウキが沈み、25cm位のカワハギがやっと釣れました。
カワハギにしたら大きく、食べたら美味しい魚ですが1匹ではねぇ(-_-)

その後、納竿の3時前まで仕掛けを変え浮き下を変え、色々試してみましたが結局釣れたのはこの1匹だけでした。



舟

釣り人が帰った後の渡し場です。
矢井賀港は小さいながら趣のある漁港です。
この日はどの筏も食いが悪く、ほとんどの釣り人がボーズ同然でした。



choka170209a[1]

でも、矢井賀釣り筏の実力はこんなものではありません。
1週間程前には3号イカダでブリが爆釣したそうです。上の写真はその時のもので、釣り筏のHPに載っていました。
大きいのは5,6kgあるそうなので、グレ仕掛けでは一溜まりもありません。


こうして今年の初釣りは、昨年末の竿納めに続いて撃沈と相成りました。
もう、釣り止めようかしらん。 ← 心にも無いつぶやき(^^;)



←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
00 : 05 : 42 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

キリン館(竹村分家旧竹村呉服店)

前回からの続きです。
さかわ観光協会に寄ったとき、江戸時代より造り酒屋として栄えた竹村家住宅の隣りに、キリン館という素敵な雑貨店が出来たので、ぜひ行ってみて下さいと勧められました。


竹村家

酒蔵の道の東端にある国指定重要文化財(建造物)の竹村家住宅です。
この建物は江戸時代後期の民家で、毎月第2日曜日に一般公開されています。



竹村分家

竹村家住宅の西隣が竹村家から分家した竹村分家旧竹村呉服店です。
ここに昨年秋に開店した雑貨店がありました。



竹村分家正面

真正面から見たところです。
丸久のノレンがが垂れていますが、外から見た限りでは雑貨店には見えません。



看板

入口に立っている看板です。
KIRIN KANと書かれていますが、喫茶店にもなっているようです。



店内1

店内に入ってびっくりしました。
シックで魅力的な様々な雑貨が、所狭しと並んでいます。



kura.jpg

表蔵の内部も商品で一杯です。
店舗と蔵がつながっているとは珍しいですね(^^)

この後、キリン館のご主人が内部を案内して下さいました。



喫茶室

一階の奥には喫茶室がありました。
和室にマッチングしたお洒落な椅子とテーブルが素敵です(^^)



分家二階

二階の和室です。
改造しているので畳は新品ですが、欄間や襖は当時のものだそうです。



襖絵

江戸時代後期の襖絵です。
どれくらいの価値があるかご主人に聞いてみると、わからないので「なんでも鑑定団」に出してみようかと冗談をおっしゃっていました(^^)



屏風絵

店舗部分の二階は物置になっていて、呉服店時代は反物などを保管していたそうです。
大きな屏風が立っていますが、これも時代物でした。

秋葉祭りが大雪で中止になり帰りに寄った佐川町上町地区ですが、満開のバイカオウレンや司牡丹の酒蔵、歴史ある古民家を活用した魅力的なお店を楽しむことが出来ました(^^)
おしまい。


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
21 : 22 : 14 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

酒蔵の道

青山文庫のある佐川町上町地区には創業400余年といわれる司牡丹酒造株式会社があり、古い酒蔵が軒を連ねていて通りは「酒蔵の道」と呼ばれています。



DSC09311.jpg

青山文庫の駐車場近くに立っていた案内図です。上が南側です。クリックすれば大きくなります。

酒蔵の道を西から東へ散策してみました。


元青山文庫

案内図に佐川文庫庫舎と書かれてあったところへ行ってみると、白い洋館の真正面に青山文書と書かれていました。
ありゃ、何でここが青山文庫? 
近づくと庭の碑に「元青山文庫」と書かれていました。



DSC09345.jpg 二階

佐川文庫庫舎(元青山文庫)の1階と2階です。
壁にこの建物の説明や、青山文庫の経緯などを書いたパネルが展示されていました。
明治19年に警察署として建てられた佐川文庫庫舎は、高知県で最古の木造洋風建築物だそうです。



観光協会

次に行ったのは江戸中期より酒造業を営んでいた旧浜口家住宅で、現在は「さかわ観光協会」が入っています。



観光協会内部

内部には土産物販売休憩所があり、買い物や屋内を見学をするだけでなく、スイーツやお茶を楽しむ事ができます。



コーヒー

せっかくなのでコーヒーをオーダーしました。
テーブルの背後に古い家具などを置いてあって良い雰囲気です(^^)



ほてい

旧浜口家住宅の東側には司牡丹の酒蔵がズラッと並んでいて、その一角に「司牡丹 酒ギャラリー ほてい」がありました。



酒ギャラリー内部

内部は司牡丹のショールームになっていて、試飲・販売コーナーもありました。
店員さんに試飲を勧められましたが車なもんで・・・



搾りたて

自分用のお土産にどれを買おうか迷っていると、座敷にショールームに並べる前の「しぼりたて」を置いていました。
この酒は酒蔵限定酒の本醸造原酒で、司牡丹の生粋の味がするそうです。
よっしゃ、これにしよう!

司牡丹はもう何十年も飲んでいませんが、始めて飲んだお酒が司牡丹だったことを憶えています。
確か甘口のお酒だったような?
どんな味がするのか楽しみです(^^)



酒蔵1 (2)

司牡丹の酒蔵です。
白壁と水切り瓦が良い雰囲気です。

この後、「酒蔵の道」東端にある重要文化財の竹村家住宅に向かいました。
続く・・・


←ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします(^_^)v
20 : 12 : 29 | 見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

なんこくまほら

Author:なんこくまほら
高知龍馬空港2Fにある空の駅「なんこくまほら」の情報。南国市、高知県のイベント、見所、美味しいもの情報。など
←ランキングに参加しています。↑ポチッとお願いします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (393)
見どころ (82)
観光 (129)
独り言 (6)
食べ物 (98)
匠 (2)
ショップの特選品 (240)
アート (10)
イベント (253)
新商品情報 (71)
カルチャー (9)
空の駅協議会の行事 (10)
シャモ料理 (18)
釣り (51)
後免町活性化 (169)
販促活動 (9)
ごめんの軽トラ市 (29)
戦争の記録 (15)

楽しんでいってね~。

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯にURLを送る

まほらのブログの訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-